吉野家ホールディングス<9861>は保有する牛繁ドリームシステム株式33.34%の全部を売却すると発表した。

売却価額は総額2億4000万円で、33.34%のすべてを牛繁が買い戻す。

売却の理由について吉野家は、平成19年9月に経営改革を推進していた牛繁からの要請で出資し、吉野家の持分法適用関連会社となったものの、同社の業績が回復し、業務提携の効果が得られたと双方で判断したため、としている。