日立キャピタルは、完全子会社の日立キャピタルオートリース(東京都港区。売上高399億円、営業利益12億4000万円、純資産116億円)の株式49%を住友商事傘下(所有割合60%)の住友三井オートサービス(東京都新宿区)に譲渡する。

日立キャピタルと住友商事、住友三井オートサービスの株式40%を所有する三井住友フィナンシャルグループ3社間におけるオートリース事業に関する資本・業務提携の一環。日立キャピタルも住友三井オートサービスの株式15%から20%を住友商事から取得する。コスト削減やメンテナンスサービスの向上、収益力の強化が狙い。

譲渡価額は未定。譲渡は7月から9月を予定している。