アメリカン・インターナショナル・グループ・インク(AIG)傘下の損害保険事業会社のチャーティス・インクは、そのグループ会社であるチャーティス・ジャパン・キャピタル・カンパニー・エルエルシー(以下、「チャーティス・ジャパンLLC」)を通じて、富士火災海上保険の普通株式および新株予約権の全てを公開買付により取得する。公開買付価格は、1株当たり146 円。

富士火災海上保険は、この公開買付けに賛同の意を表明、株主が公開買付けに応募することを推奨し、新株予約権に関しては、応募するか否かについては新株予約権者の判断に委ねることを決議した。

富士火災海上保険の主要株主であるオリックスは、チャーティス・ジャパンLLCとの間で締結した公開買付応募契約の条項に従い、保有する全ての富士火災海上保険株式をもって、公開買付けに応募する予定。

富士火災海上保険がチャーティスの完全子会社となることで、業界再編が進む日本の損害保険市場におけるチャーティスの地位がさらに強固なものとなる一方、富士火災海上保険は、チャーティスのグローバルな経営資源、ブランド力、資本力を活用して競争力の強化を図る。