コナミとハドソンは、平成23年1月20日開催の両社の取締役会において、コナミを完全親会社、ハドソンを完全子会社とする株式交換を実施することを決議し、株式交換契約を締結した。

この株式交換により、ハドソンの普通株式は、JASDAQ市場において平成23年3月29日付けで上場廃止(最終売買日3月28日)となる予定。

今回の株式交換では、ハドソンの普通株式1株につき、コナミの普通株式0.188株を割当てる。コナミが交付する株式総数は、2,492千株で、コナミは、コナミが保有する自己株式で充当し、新株式は発行しない。本日の終値でコナミがハドソンを完全子会社化するのに要する費用を計算すると、4,301百万円となる。