新生銀行は、コンシューマーファイナンス子会社再編の一環として、子会社のアプラスフィナンシャルの全株式(所有割合94.9%)を、消費者金融子会社の新生フィナンシャル(東京都千代田区)に譲渡することを決めた。新生銀行はグループの消費者金融機能を集約し、より一層の業務効率化と収益性の向上を目指す。アプラスフィナンシャルは今後も大証1部への上場を維持する。譲渡予定日は2010年12月28日。譲渡価額は660億円。