アジア地域で最大級のオルタナティブ資産運用会社のパシフィック・アライアンス・グループ・リミテッド(PAG、ケイマン諸島)は、セキュアード・キャピタル・ジャパンに対して実施していたTOB(株式公開買い付け)が2010年12月10日に終了し、応募のあった株券と新株予約権証券8万4650株(議決権ベースで32.74%)を買い付けると発表した。買付総額は71億5100万円。特別関係者の所有分(同60.48%)と合算すると、株式所有割合は93.22%となる。