宇徳は、同じ商船三井グループで港湾運送事業を手がける国際コンテナターミナル(東京都品川区。売上高107億円、営業利益5億5300万円、純資産54億9000万円)を吸収合併することを決めた。グローバル化の進展により経営環境の不透明感が増しているため、長期的視点に立ってグループ内の経営資源を集約することが最善と判断した。

合併比率は宇徳1:国際コンテナターミナル1.04で、国際コンテナターミナルの株式1株に対して宇徳の1.04株を割り当てる。合併実施予定日は2011年4月1日。