投資会社のMacquarie Goodman Japan Pte. Ltd.(マッコーリー・グッドマン・ジャパン)は、日本レップに対して実施していたTOB(株式公開買い付け)が12月1日に終了し、応募があった2万9717株全てを買い付けると発表した。完全子会社化を目指していたが、議決権ベースの株式所有割合は30.60%から42.57%に上昇するにとどまった。買付額は10億4009万5000円。決済の開始日は12月7日。