シミックは、株式の73.78%を所有する応用医学研究所を株式交換で完全子会社化すると発表した。応用医学研究所が手がける前臨床試験(CMC)分野では高い専門性と効率性が要求されており、両社が一体となることで技術レベルの高度化や営業力の強化を図る。

株式交換比率はシミック1:応用医学研究所0.036で、応用医学研究所の普通株式1株に対して、シミックの0.036株を割り当てる。株式交換実施予定日は2011年2月1日。応用医学研究所はこれに先立つ1月27日に上場廃止となる予定。