M&A速報

セントラル硝子<4044>、中国にリチウムイオン電池用溶液製造の合弁会社設立

2010/10/13

セントラル硝子は、中国の石油化学大手の山東石大勝華化工集団股分有限公司(山東省)と、リチウムイオン電池用の高濃度溶液の製造を行う合弁会社を設立すると発表した。大型リチウムイオン二次電池は環境対応車向けに急速な需要拡大が予想されている。セントラル硝子は電解液の旺盛な需要に応えるため、中国に合弁会社を設立し供給能力を高める。

セントラル硝子の出資比率は70%。合弁会社の社名は東営盛世化工有限公司(山東省)で、2010年12月に設立予定。工場は2012年半ばの稼働を目指す。

関連の記事

【1月M&Aサマリー】5年ぶりに件数減少|ブリヂストンの米子会社売却が金額突出

【1月M&Aサマリー】5年ぶりに件数減少|ブリヂストンの米子会社売却が金額突出

2021/02/01

2021年1月のM&A件数(適時開示ベース)は前年同月を21件下回る53件となり、2016年以来5年ぶりに減少した。新型コロナウイルス感染拡大の第3波で年明けに緊急事態宣言が再度発令され、M&A取引にも影響が及んだ可能性がある。

M&A速報検索

クリア