カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)とシャープは、シャープの新型メディアタブレット「GALAPAGOS(ガラパゴス)」や携帯電話端末向けにコンテンツを配信する合弁会社を設立することで合意した。設立は2010年11月を予定しており、出資比率はCCCが51%、シャープが49%となる。

新会社では、CCCの電子書籍や雑誌、映画、音楽などのエンタテインメントサービスを、ガラパゴスユーザー向けストア「TSUTAYA GALAPAGOS」を通じて提供する。シャープの技術力やプラットフォーム基盤と、CCCの商品供給力や会員基盤を生かし、同事業の発展と競争力の強化を目指す。サービスの開始は12月を予定している。新会社の名称や所在地は未定。