明治機械は、子会社で塗装工事関連事業を手がけるシンヨー(神奈川県川崎市。売上高115億円、営業利益2億7600万円、純資産19億4000万円)の株式の一部を同社に譲渡することを決議した。所有する244万1000株のうち150万株を譲渡し、株式の所有割合を55.60%から32.56%に引き下げる。

明治機械は主力の製粉・飼料機械事業に経営資源を集中し、財務基盤の強化や効率化を図る。譲渡株式数は今後変動の可能性があり、シンヨーが持ち分法適用関連会社となるか子会社のままかは未確定。譲渡価額は9億円。譲渡予定日は2010年10月下旬。