東芝は、USEC Inc.との本年5月25日の出資契約に基づき、USEC Inc.に対して3,750万米ドルの出資を行った。今後2回の出資を行い全出資を完了する予定。

USEC Inc.は、米国最大のウラン濃縮事業者として、米国を中心とした原子力発電用濃縮ウランの供給等を行っている。また、新技術を採用した新型遠心分離機(ACP: American Centrifuge Plant)の開発を進めており、今後の原子力発電所の新規建設による濃縮ウランの需要増加に対応しようとしている。

東芝は、原子力事業における建設・燃料・サービスの一貫体制の構築を進めており、今回米国外国投資委員会(CFIUS)の審査が完了したことを受け、第一回目の出資を行った。

今回の出資後、取締役および事業戦略代表者を各1名派遣する。