M&A速報

エレコム<6750>、イデアインターナショナル<3140>と資本業務提携

2010/08/25

エレコムとイデアインターナショナルは資本業務提携することで合意したと発表した。エレコムはイデアインターナショナルが実施する1億円の第三者割当増資を引き受け、議決権ベースで19.74%を取得する。イデアインターナショナルは持ち分法適用会社となる予定。払込期日は2010年9月30日。

また、イデアインターナショナルは同日付で新株予約権付社債(CB)も発行し、エレコムが全額引き受ける。CBの潜在的な株式数は現時点で58万5651株(行使価額は1株683円)で、全て株式に転換されると4億円となる。

両社は以前から取引関係にあり、今後は相互に販売協力するほか、購買部門や物流部門で協業しコストダウンを図る。

関連の記事

【RIZAPグループ】M&Aをいったん封印、再開はいつ

【RIZAPグループ】M&Aをいったん封印、再開はいつ

2018/11/16

RIZAPグループが新規M&Aの凍結を表明した。その理由は19年3月期に赤字に転落する見通しになったこと。「結果にコミットする」をキャッチフレーズにフィットネスジムで抜群の知名度を持つ同社だが、これまでどんな会社を買収してきたのだろうか。

エレコムが買収したDXアンテナ。売上増に貢献

エレコムが買収したDXアンテナ。売上増に貢献

2017/08/20

今回は、2017年2月にPC周辺機器メーカーのエレコム<6750>が連結子会社化したDXアンテナを取り上げる。8月7日の第1四半期決算発表によると、売上高 232.5億円(前年⽐増減:+20.3%)​と買収効果も出ている模様だ。

 RIZAP「往年の花形産業」にもコミットする狙いとは?

RIZAP「往年の花形産業」にもコミットする狙いとは?

2017/08/12

積極的M&Aで急成長してきたRIZAPグループが2017年5月23日、上場企業としては8社目となる繊維専門商社の堀田丸正の買収を発表した。翌日、関連銘柄の株価が軒並み高騰。そのM&Aの狙いは何か。

M&A速報検索

クリア