M&A速報

中央三井トラスト・ホールディングス<8309>と住友信託銀行<8403>が経営統合で最終合意

2010/08/24

中央三井トラスト・ホールディングスと住友信託銀行は2011年4月に予定している経営統合について最終合意したと発表した。統合に当たり、住友信託銀行が中央三井トラスト・ホールディングスと株式交換を行うと共に、中央三井トラスト・ホールディングスは「三井住友トラスト・ホールディングス」へ商号変更する。その後、2012年4月を目途に傘下の住友信託銀行、中央三井信託銀行、中央三井アセット信託銀行の3行を統合し、「三井住友信託銀行」とする。

株式交換比率は住友信託銀行1.49:三井住友トラスト・ホールディングス1で、住友信託銀行の普通株式1株に対して三井住友トラスト・ホールディングスの1.49株を割り当てる。株式交換実施予定日は2011年4月1日。住友信託銀行は3月29日に上場廃止となる。

両社は統合により人材の再配置やノウハウの共有化を進めるとともに、本部拠点再編による物件費削減やシステム統合に伴う保守運営費用の削減も実現する。2015年以降、新グループ全体で年度あたり約560億円以上の相乗効果を見込んでいる。

関連の記事

「山一証券」廃業から20年。金融版図は一変した

「山一証券」廃業から20年。金融版図は一変した

2017/11/24

山一証券が破たんして今日で20年になる。1997年11月24日、自主廃業の届けを出し、四大証券の一角が崩れた。この1週間前には北海道拓殖銀行が行き詰まり、都市銀行として初めて破たんした。「悪夢の一カ月」を経て、業界版図は一気に塗り替えられることになった。

米国最大の年金基金 カルパースの運用実態を追ってみる

米国最大の年金基金 カルパースの運用実態を追ってみる

2017/07/06

米カリフォルニア州職員退職年金基金(通称カルパース)は、金融マーケットでは有名なビッグプレイヤーですが、最後に大量保有を提出したのは、2009年です。かなりの日本株を保有しているはずなのですが、現在の運用実態はどうなっているのでしょうか。大量保有データベースから追ってみましょう。

M&A速報検索

クリア