エムティジェネックスは、森トラストの100%子会社であるフォレセーヌから、東洋ハウジング管理の発行済株式の100%(議決権の100%)を取得し、子会社化する。

エムティジェネックスの主要事業の1つはオフィスビルの管理業務であるが、今後、オフィスビルだけでなくマンション等住宅分野へも業務を拡大し、『総合プロパティマネジメント業務』へと成長させるべく、高級賃貸マンションの管理業務に強みを持つ東洋ハウジング管理を子会社化する。

取得する議決権の数は、20,000個。取得価額は300百万円。