東海東京フィナンシャル・ホールディングスは、子会社の東海東京証券と業務提携の関係にある中国大手証券会社 国泰君安証券股.有限公司(本社:中華人民共和国 、以下「国泰君安証券」)の香港現地法人(国泰君安国際控股有限公司、以下「国泰君安国際」)が香港証券取引所に上場するに際し、戦略的パートナーとして出資したことを発表した。

東海東京フィナンシャルHDは、国泰君安国際の発行済株式総数の約1.2%分を約10億円で取得した。

東海東京証券は、平成14年4月に国泰君安証券と業務提携契約を締結して以来、国泰君安グループの運用会社が運用受託する中国株投信を国内で販売する等により提携関係を築いてきた。

今般の出資により、両社はより一層の関係強化を図り、東海東京証券グループの顧客に対し、よりタイムリー且つ的確な中国関連情報を提供する。

また、今後一層、アジアを中心とした海外の金融機関との提携を促進し、グループの顧客の対外投資を積極的にサポートしていく方針。

(参考)

【国泰君安証券の概要】

 設 立:平成11年8月18日

  (国泰証券と君安証券の合併日)

 従 業 員:6,770名(臨時社員含む)

 資 本 金:47億元(約610億円)

 純 資 産:231.9億元(約3,010億円)

 営業利益:63.1億元(約819億円)

  ※ 平成22年7月8日のレート 1 元=12.98円で換算