協和医科ホールディングスは、第三者割当増資の実施により4億3700万円を調達することを決めた。割当先は2010年7月1日に完全子会社化した医療機器卸売の栗原医療器械店(群馬県太田市)取締役の栗原勝氏の資産管理会社エム・ケー(群馬県太田市)と、同社役員7名。株主として資本参加し、経営に参画してもらうことで両社の関係強化を図る。調達した資金は基幹システムの導入費用や借入金の返済に充てる。発行期日は7月30日。