M&A速報

神戸物産<3038>と石垣食品<2901>が資本業務提携

2010/06/14

神戸物産と石垣食品は、安定的な商品供給体制の構築などを目的に資本業務提携を実施すると発表した。石垣食品は神戸物産を割り当て先とする第三者割当増資を実施し、神戸物産は石垣食品の株式23.61%を取得する。

業務用食品スーパーを展開する神戸物産は、「フジミネラル麦茶」やビーフジャーキーなど一般消費者向けの商品にブランド力を持つ石垣食品と提携することで、商品を安定的に確保し、相互のネットワークの活用による販路拡大を図る。石垣食品は厳しい価格競争を背景に業績が悪化しており、増資により財政状況の改善を目指す。

関連の記事

【コロナ禍の外食M&Aまとめ】ノンコアの切り離しが加速

【コロナ禍の外食M&Aまとめ】ノンコアの切り離しが加速

2020/10/09

新型コロナウイルスの感染拡大で飲食業界に激震が走りました。その一方で、火中の栗を拾うように外食企業のM&Aも盛んに行われています。売り手の多くはノンコアの外食事業の切り離し。買い手は外食を専門で手掛けていた企業や経営者です。

「業務スーパー」の神戸物産、絶妙なタイミングで外食子会社を売却

「業務スーパー」の神戸物産、絶妙なタイミングで外食子会社を売却

2020/09/18

「業務スーパー」を運営する神戸物産の2020年10月期第3四半期の売上高が前期比17.7%増の2593億6200万円、営業利益が28.9%増の186億7900万円と好調。4月1日という絶妙なタイミングで外食子会社を経営陣に売却していました。

「ミネラル麦茶」の石垣食品、債務超過で上場廃止の崖っぷちへ

「ミネラル麦茶」の石垣食品、債務超過で上場廃止の崖っぷちへ

2020/07/03

「ミネラル麦茶」でおなじみの石垣食品が上場廃止の猶予期間入り銘柄に指定されました。2020年3月期に債務超過に陥ったため。2021年3月末までに債務超過が解消されないと、上場廃止になります。戦略的な企業買収があだとなりました。

2017年も食品各社のM&A意欲は健在

2017年も食品各社のM&A意欲は健在

2017/12/28

2017年の食品業界は大小合わせて20件強(発表ベース)のM&Aを数える。1年を振り返って、1000億円を超えるような大型案件はなかったものの、食品各社のM&Aへの意欲は旺盛といえる。

関連のM&Aニュース