ミヨシ油脂は、ミヨシ油脂の持分法適用関連会社であるミヨシインター ナショナルコーポレーションの株式のうちミヨシ油脂が保有している全株式をナシアインターナショナルコーポレーションに譲渡する。

ミヨシ油脂は、平成14年12月に南僑化学工業股.有限公司グループの ナシアインターナショナルコーポレーションと合弁で、海外への事業展開を行う拠点としてミヨシインターナショナルコーポレーションを設立し、更にミヨシインターナショナルコーポレーションは、中国市場でホイップクリーム事業を効率的に展開するために、すでに中国天津を起点に幅広く食用油脂事業を営んでいた南僑化学工業股.有限公司グループの天津南僑油脂有限公司と合弁で天津吉好食品有限公司を設立し、今日に至っている。

ミヨシ油脂が売却するミヨシインターナショナルコーポレーションの株式は、6,385,000株。譲渡価額は、9,360,410USドル(1ドル92円で換算すると、861百万円)。