M&A速報

ベネッセホールディングス<9783>、アップ<9630>を持ち分法適用会社に

2010/05/21

ベネッセホールディングスは、首都圏の学習塾事業の強化を目的にアップと資本業務提携すると発表した。2011年3月31日までにアップの株式を15%を目途に取得し、同社を持ち分法適用会社とする。また、ベネッセHDの100%子会社で現役高校生向け学習塾のお茶の水ゼミナール(東京都千代田区。売上高9億5900万円、営業利益7000万円、純資産100万円)の株式50%をアップに譲渡し、アップの連結子会社とする。

業務提携では、大学受験指導などの学習塾事業を共同で推進するほか、経営上の各種情報・ノウハウを交換・共有し、新しい教育サービスを共同開発する予定。両社は2002年8月に資本業務提携を開始したが、今回新たな契約を締結することで関係をより強化する。

追記事項

2010-10-25
ベネッセホールディングスはアップとの提携協議の中で、お茶の水ゼミナールの資本構成、経営体制は当面現状維持することで合意した。お茶の水ゼミナールの株式は譲渡せず、今期はベネッセHDの連結子会社のままとなる。

関連の記事

活動期に入る「ベネッセ」新規事業創出M&Aに1000億円投入

活動期に入る「ベネッセ」新規事業創出M&Aに1000億円投入

2020/01/24

ベネッセホールディングスは2020年4月に社会人向け短期集中型英会話のENGLISH COMPANYなどを展開するスタディーハッカーを子会社化する。中期経営計画でM&Aによる新規事業の立ち上げを計画しており、M&Aの活動期に入りそうだ。

こどもの日にまつわる企業3選

こどもの日にまつわる企業3選

2018/05/05

5月5日は「こどもの日」。少子化が進み、子供をターゲットにした業界は苦戦中とされる。縮小する子供市場で生き残るためのキーワードの一つがM&A。「食べ物」「子供服」「教育」の3業種から、積極的にM&A戦略を展開している企業を紹介する。

大学入試本番だが、学習塾・予備校の業界再編のゴングも鳴る?…

大学入試本番だが、学習塾・予備校の業界再編のゴングも鳴る?…

2018/02/01

2月に入り、2018年大学入試がラッシュを迎える。4日の日曜まで連日200校以上で入試が行われる。ただ、入試会場の熱気とは裏腹に、学習塾・予備校にとっては再々編のゴングがいつ鳴ってもおかしくない状況なのだ。

「上場企業の個人情報漏えい・紛失事故」調査

「上場企業の個人情報漏えい・紛失事故」調査

2017/04/04

最大の個人情報漏えい事件は、2014年7月に発覚したベネッセHD。個人情報の漏えい・紛失事故は近年増加傾向にあり、ウイルス感染や不正アクセスによる情報漏えい事故は前年の2倍を超える22件と深刻で対策が急務となっている。

住友化学3000億円、NEC2000億円~M&A投資枠について考える

住友化学3000億円、NEC2000億円~M&A投資枠について考える

2017/02/19

中期経営計画の発表などと併せてM&Aの投資枠を設ける企業が増えている。社内外に向けて「M&Aに積極的に取り組む企業」をアピールする狙いがあるとみられるが、効果はいかほどのものだろうか。

【ベネッセホールディングス】通信教育依存脱却と進むM&Aによる多角化

【ベネッセホールディングス】通信教育依存脱却と進むM&Aによる多角化

2016/08/30

「進研ゼミ」「こどもちゃれんじ」などを手掛けるベネッセホールディングス。教育市場の競争激化や個人情報流出事件の影響などにより、通信教育講座の国内会員数が減少する中、予備校や個別指導塾、そして介護・保育、海外事業などへのM&Aを積極的に行っている。M&Aによる多角化の動きを見てみる。

M&A速報検索

クリア