M&A速報

豊田通商<8015>とトーカン<7648>、資本業務提携で合意

2010/05/17

豊田通商とトーカンは協力関係をさらに強化するため、資本業務提携することで合意したと発表した。トヨタグループの総合商社である豊田通商の国内外のネットワークやノウハウと、トーカンの食品卸としての強みを生かし、新規顧客の獲得や食品卸事業の競争力増強、海外事業展開などを図る。また、豊田通商はトーカンの自己保有株式21万2000株を取得する。豊田通商のトーカン株式所有割合は、100%子会社の豊通食料(東京都港区)が保有する分と合わせて3.14%となる。取得予定日は2010年6月2日。

関連の記事

【豊田自動織機】トヨタグループの源流が仕掛けるM&A戦略

【豊田自動織機】トヨタグループの源流が仕掛けるM&A戦略

2017/06/13

 豊田自動織機は、トヨタグループ創始者である豊田佐吉氏が自身で開発した自動織機の製造販売を目的として、1926年(大正15年)に設立された。いわばトヨタグループの源流をなす会社である。2016年で創業90年を迎えたが、果たして、日本を代表する大手企業の源流にある会社は、いかなる発想や手法でM&Aを推進してきたのか。

関連のM&Aニュース