豊田通商とトーカンは協力関係をさらに強化するため、資本業務提携することで合意したと発表した。トヨタグループの総合商社である豊田通商の国内外のネットワークやノウハウと、トーカンの食品卸としての強みを生かし、新規顧客の獲得や食品卸事業の競争力増強、海外事業展開などを図る。また、豊田通商はトーカンの自己保有株式21万2000株を取得する。豊田通商のトーカン株式所有割合は、100%子会社の豊通食料(東京都港区)が保有する分と合わせて3.14%となる。取得予定日は2010年6月2日。