パイオンは、関西地区で携帯電話販売店舗を運営する企業3社を子会社化することを決議した。

取得するのは、テレセン(大阪市。売上高98億1000万円、営業利益2億9000万円、純資産4億7500万円)の株式69.0%、ワールドテレネット(大阪市。売上高46億円、営業利益400万円、純資産3億3500万円)の株式80.0%、とアイ・エム・エヌ(大阪市。売上高15億円、営業利益6600万円、純資産1億4400万円)の株式80.0%。

パイオンは3社の子会社化により、関西圏における携帯電話市場でのシェア拡大を目指す。

取得価額は、テレセン13億7000万円、ワールドテレネット8億2200万円、アイ・エム・エヌ3億8800万円。

取得予定日はいずれも2010年5月31日。