M&A速報

ユニ・チャーム<8113>、ユニ・チャームペットケア<2059>を2010年9月に合併へ

2010/04/30

ユニ・チャームは子会社のユニ・チャームペットケアを2010年9月1日に吸収合併すると発表した。現在の株式所有割合は36.92%で、まずTOB(株式公開買い付け)を実施して全株式の取得を目指し、TOB成立後に吸収合併する。ユニ・チャームペットケアはTOBに賛同を表明しており、TOBが成立した場合は7月30日付で上場廃止となる予定。国内外でペットケア関連製品の需要が高まっているため、合併によりユニ・チャームの経営資源を活用した積極的な事業展開を図る。

TOBの買付価格は3825円。公表前営業日の対象株式の終値3115円に対し22.8%のプレミアムを加えた。買付予定数は1718万7375株で、下限は864万800株。応募株式数が下限を下回った場合は買い付けを行わない。買付予定額は最大657億4170万9375円。

買付期間は5月6日から6月16日まで。決済の開始日は6月23日。

関連の記事

【ユニ・チャーム】大型M&Aで“アジア制覇”に一歩前進か

【ユニ・チャーム】大型M&Aで“アジア制覇”に一歩前進か

2018/11/08

ユニ・チャームは紙おむつ、生理用品など衛生用品で世界市場を開拓し、海外売上比率は6割に達する。なかでも圧倒的な強みを発揮するのがアジア。9月には600億円を投じてタイの同業大手を買収した。“アジア制覇”にまた一歩前進した格好だ。

2018年は副業元年。副業解禁で注目の大手企業

2018年は副業元年。副業解禁で注目の大手企業

2018/05/12

副業を希望する人材と企業をつなげるシューマツワーカーが、事業拡大資金として4000万円の調達に成功したのをはじめ、今、世間から熱い注目を集めている副業市場。「副業元年」と呼ぶべき2018年になって副業解禁した大手企業を紹介する。

【ライオン】 M&A絡め 、「国内の質的成長」と「海外の量的成長」に挑む

【ライオン】 M&A絡め 、「国内の質的成長」と「海外の量的成長」に挑む

2017/12/05

ライオンは日用品の有力メーカーとして、国内有数のブランド力を誇る。同社は2020年に向けた経営ビジョンで、国内事業の質的成長と海外事業の量的成長を基本戦略とする。こうした国内外での事業伸長に一役買っているのがM&Aへの取り組みだ。

M&A速報検索

クリア