M&A速報

イオン<8267>グループのコックス<9876>とブルーグラス<7478>が2010年8月に合併

2010/04/06

イオン子会社のコックスとブルーグラスは、2010年8月21日に合併すると発表した。コックスを存続会社とする吸収合併で、ブルーグラスは8月18日付で上場廃止となる。

両社はアパレルを中心とした専門企業。コックスはメンズ・レディス・キッズ向けのカジュアルファッション、ブルーグラスは若い女性向けのアパレル衣料品や生活雑貨を展開している。統合によりイオングループはファッション専門店としてのSPA(製造小売り)事業プラットフォームを構築し、これまで以上の収益性向上に取り組む。

合併比率はコックス1:ブルーグラス1.68で、ブルーグラスの株式1株に対してコックスの1.68株を割り当てる。

関連の記事

赤字か黒字か「イオン」の今期決算 カギ握る傘下企業とは

赤字か黒字か「イオン」の今期決算 カギ握る傘下企業とは

2020/08/29

コンビニ中堅のミニストップ、靴小売り大手のジーフット、遊戯施設事業のイオンファンタジーのイオン傘下の上場企業3社が、新型コロナウイルスの影響で未定としていた2021年2月期の業績予想を相次いで公表した。

M&A速報検索

クリア