M&A速報

イオンディライト<9787>とチェルト<3354>、2010年9月に合併

2010/03/25

イオン傘下のイオンディライトとチェルトは2010年9月1日に合併することを決めた。イオンディライトを存続会社とする吸収合併となる。合併に先立ち、チェルトは8月27日付で上場廃止となる。

イオンディライトはビルメンテナンス業界のトップ企業で大型商業施設などでサービスを提供する。チェルトは事務用品など企業向け資材供給と自動販売機の管理・運営を手がける。両社は合併により経営資源を統合することで、総合ファシリティマネジメント企業として、顧客からノンコア業務を一括受託する新事業を創出する。

合併比率はイオンディライト1:チェルト1.30で、チェルトの株式1株に対してイオンディライトの1.30株を割り当てる。

関連の記事

[ビルメンテナンス業のM&A] 国内の大手集約が進行

[ビルメンテナンス業のM&A] 国内の大手集約が進行

2018/09/12

ビルメンテナンス業界全体の売上高は、引き続き堅調に推移している。直近のビルメンテナンス業界のM&Aは、「国内の大手集約」「海外展開」「総合サービスの提供」「選択と集中」に特徴がある。

 「TOBってなあに? もうかるの?」 第2回

「TOBってなあに? もうかるの?」 第2回

2016/08/05

KDDIと住友商事によるジュピターテレコム(J:COM)の買収で、海外投資家らがTOBの買い付けに応じない株主から強制的に株を買い取る際の価格が「低すぎる」と申し立てた主張を、最高裁が退けたのは記憶に新しいところ。TOBを投資の目線で見るとどうなるのだろうか?「節税ヒントがあるかもブログ」のメタボ税理士が、全3回でTOBについて分かりやすく解説する。

[ビルメンテナンス業界のM&A]3つの傾向

[ビルメンテナンス業界のM&A]3つの傾向

2016/08/04

ビルメンテナンス業は、主にビルを対象として清掃、保守、機器の運転を一括して請け負い、これらのサービスを提供する業と定義されている。経済状況に左右されにくく、安定収益が見込みやすいことから、M&Aにおいて非常に人気が高い業種の1つだ。ビルメンテナンス業界のM&A動向を探る。

M&A速報検索

クリア