フジ・メディア・ホールディングスの完全子会社のフジ・メディア・サービスは、交換対価を金銭とする株式交換によりセシールを完全子会社化する。

フジ・メディア・サービスは、平成21年7月1日まで、セシールを対象会社とする公開買付を行い、セシールの議決権の78.06%を取得した。

今回の株式交換は、セシールの完全子会社化を目指したもので、セシールの普通株式一株につき180円の割合で金銭を交付する株式交換を実施する。

株式交換は平成22年3月1日を効力発生日として実施され、金銭交付日は平成22年5月上旬を予定している。

セシールの本日の終値を基準にすると、一株あたりの交換価格のプレミアムは、13.2%。