M&A速報

古河スカイ<5741>、中国のアルミニウム圧延会社へ資本参加

2009/10/08

日本最大のアルミニウム圧延メーカーである古河スカイ<5741>は、三井物産<8031>と共同で中国のアルミニウム事業会社である広東東陽光.業股.有限公司(本社:広東省韶関市、以下東陽光)傘下のアルミニウム圧延会社である、乳源東陽光精箔有限公司(本社:広東省韶関市)と韶関市陽之光.箔有限公司(本社:広東省韶関市)の2社への資本参加及び経営参画について基本合意を締結した。

同2社は、コンデンサ用アルミニウム箔とエアコン用フィン材において、中国内有数の高いシェアを獲得しており、古河スカイと三井物産が保有する先進的な技術とグローバルネットワークを活用して、自動車熱交換器用材料をはじめとする各種高機能製品を提供する体制を整える。これにより、中国内外の顧客への拡販と新規開拓を進め、拡大する需要に積極的に対応することで競争力を強化する。

古河スカイは、同2社の株式をそれぞれ25%ずつ既存株主である東陽光と香港南北兄弟国際投資有限公司(本社:香港)から2009年末に取得する予定。

なお、三井物産も同様に20%取得する予定。

関連の記事

【8月M&Aサマリー】前年を5件下回る68件|セブンは歴代4位の2.2兆円で米コンビニ買収

【8月M&Aサマリー】前年を5件下回る68件|セブンは歴代4位の2.2兆円で米コンビニ買収

2020/09/02

2020年8月のM&A件数(適時開示ベース)は前年同月比5件減の68件だった。前年を下回るのは4カ月ぶり。前月比では2件減った。新型コロナの影響下でも増勢が続いていたM&A市場が踊り場を迎えたかどうかを判断するうえで9月の動向が注目される。

三井E&S・オンキヨー・ファミマ…「人員削減」リストラ相次ぐ

三井E&S・オンキヨー・ファミマ…「人員削減」リストラ相次ぐ

2019/11/15

人員削減などリストラの動きが広がっている。三井E&Sが子会社など資産売却と1000人規模の削減・配置転換を柱とする経営再建策をまとめたほか、オンキヨーは約100人の希望退職者募集を発表した。セブン&アイは3000人を減らす。

【M&Aサマリー6月】前年比15件増の47件、東海カーボンが1000億円でドイツ社買収

【M&Aサマリー6月】前年比15件増の47件、東海カーボンが1000億円でドイツ社買収

2019/07/02

6月のM&Aは47件で前年同月を15件上回った。6月は上場企業の株主総会の集中月であることから例年、M&Aを手控える傾向があり、年間を通じて最も件数が少ないが、過去10年間では2012年、2011年に次ぐ3番目の高水準だった。

敵か味方か 「大株主」の存在とは

敵か味方か 「大株主」の存在とは

2018/04/05

UACJが2月末に内定した首脳人事の差し戻しを含めて再検討していることが明らかになった。終始「ノー」を主張してきたのが筆頭株主の古河電気工業。日本ペイントHDは筆頭株主が推す取締役を6人受け入れた。敵か、味方か、企業経営にとって「大株主」とはー。

古河電工、UACJの会長・副会長人事に「異論」を表明

古河電工、UACJの会長・副会長人事に「異論」を表明

2018/02/28

アルミ圧延首位、UACJのトップ人事をめぐって筆頭株主の古河電気工業が「異論」を突き付けた。UACJは2月27日、古河スカイと住友軽金属工業の合併で誕生後初めての社長交代を発表したが、古河電工は会長、副会長人事の再考を申し入れたのだ。

M&A速報検索

クリア