M&A速報

伊藤園<2593>、ネオスと資本業務提携の基本合意

2009/10/06

伊藤園は、自動販売機を通じて飲料事業を展開しているネオスと資本業務提携に関して基本合意に達した旨を発表した。

伊藤園が、ネオスの株主である大塚ベバレジおよび新東亜交易からネオス株式の一部を14億円で取得。

本提携により、ネオスにおいては安定的な経営と更なる発展が見込め、「おーいお茶」を始めとするブランドの強化を図る伊藤園においては販売先の拡大を図ることが期待される。

今後は、ネオス社に伊藤園の製品を販売することとなる。

関連の記事

販売権を鞍替え!カルピス、伊藤園による『エビアン』の販売権取得

販売権を鞍替え!カルピス、伊藤園による『エビアン』の販売権取得

2017/11/25

『エビアン』は、フランス・ダノン社のミネラルウォーターのブランド。エビアン近郊、カシャ水源で採取され、ボトル入りの硬水ミネラルウォーターとしては、世界130か国を超える国々で愛飲されている最も有名なブランドの一つである。その歴史は、いまから約240年前、まさしくフランス革命期の1780年代にまでさかのぼる。

伊藤園はお茶だけでない コーヒー・乳製品にも進出 M&A駆使し総合飲料メーカーへ

伊藤園はお茶だけでない コーヒー・乳製品にも進出 M&A駆使し総合飲料メーカーへ

2016/12/27

「おーいお茶」で知られる伊藤園がM&Aを駆使して総合飲料メーカーへの脱皮を急いでいます。タリーズコーヒーの運営会社を買収したほか、乳製品市場にも進出しました。ただ大手2社と比べて規模は小さく、再編に巻き込まれるリスクも浮上しています。

【M&Aインサイト】1 円ストック・オプションの意外なメリット

【M&Aインサイト】1 円ストック・オプションの意外なメリット

2015/10/19

ストック・オプションの会計原則の変更が過去に行われ、2006 年5月1日以後にストック・オプションを発行する企業は、その付与時の公正な評価額を費用として損益計算書に計上することが義務付けられた。 専門家が解説する。

M&A速報検索

クリア