日立キャピタルは中小企業基盤整備機構が中心となって創設した農業ファンド「きょうと農商工連携応援ファンド」に2000万円を出資すると発表した。京都府産の農林水産物を活用した農業ビジネスの育成のためのファンドで、ほかに京都府や地元金融機関も出資しており、ファンド総額は25億2000万円。日立キャピタルは農業関連の金融サービス事業に力を入れており、今回の出資は京都の農林漁業者や中小企業との事業機会の取得も目的の1つとしている。