ヤフーは検索連動型(リスティング)広告事業を手がける100%子会社のオーバーチュア(東京都港区。売上高928億円、営業利益41億5000万円、純資産31億3000万円)を吸収合併することを決議した。

ヤフーは2007年にオーバーチュアを子会社化し、リスティング広告の開発や営業活動で緊密に提携してきた。合併後は、認知度の高いヤフーブランドを活用した新規広告主の獲得やディスプレイ広告などの広告商品を組み合わせて販売をするなどしてシェアの拡大を図る。