ローソンとマツモトキヨシホールディングスは、業務提携を行うことで合意したと発表した。

経営資源を互いに活用することにより、「医食同源」を事業テーマに、急速に進む高齢化社会における「健康で快適な生活」の実現に向け、相互の顧客に対して付加価値が高く専門性に優れた商品・サービスの提供・新たな店舗づくりを行うことが狙い。

プライベートブランド商品の共同開発や相互活用に取り組むほか、新業態の店舗事業を目的とした合弁会社の設立も視野に入れているという。