パイオニアは光ディスク事業をシャープとの合弁会社に事業譲渡することを決議した。

合弁会社の出資比率はパイオニア66%、シャープ34%。

譲渡価額は時価をベースに今後決定するとしている。譲渡は10月1日に実行される予定。

パイオニアの光ディスク事業の売上高は600億円で総売上高の10%を占めている。

両社は2007年12月に資本提携を行い、シャープが415億円を投じてパイオニアの第三者割当増資を引き受け、14.28%を保有する筆頭株主となっていた。

また、今年4月9日には光ディスク事業に関して合弁会社を設立すると発表していた。