東光電気<6921>、東芝<6502>、東京電力<9501>の3社は、東光電気の計器事業の一部と、東芝の電力・ガス・水道向け等の計器事業を統合し、新会社の設立に向けた基本合意書を締結した。

統合対象事業の売上高を単純合算すると130億円。

新会社への出資比率は東光電気が50%超3分の2未満、東芝は3分の1超50%未満としており、東光電気が主導権を握る形となる。

新会社は平成21年12月に設立予定。統合スキームは今後協議するとしている。

東京電力は東光電気の株式の45.38%を有する筆頭株主。