タカラレーベンは、子会社で介護付有料老人ホームや住宅型有料老人ホーム運営等を手がけるアズパートナーズ(東京都千代田区。売上高35億6000万円)の同社保有株式60%のうち30%を、東京中小企業投資育成(東京都渋谷区)に譲渡することを決議した。

タカラレーベンは、公的機関がアズパートナーズの株主として資本参加することで、同社の運営する施設の入居者や入居を検討する人たちに対する信頼・安心を提供するとともに、企業価値のさらなる向上を狙う。

譲渡価額は非公表。譲渡予定日は2009年3月26日。