トラスト・テックは、ラディアホールディングスグループから労働者派遣契約の主要取引を取得すると発表した。取得は7月1日を予定しており、取得価額は3億2000万円。取得するのは、ラディアホールディングスの孫会社であるプレミアライン(東京都中央区)が手がける請負・製造派遣事業のうち、継続が見込まれる労働者派遣契約。

また、プレミアラインの親会社であるラディアホールディングス・プレミア(東京都港区)が新設した製造アウトソーシング会社、PLM(東京都中央区)についても全株式を取得し子会社化した。24日付。PLMの取得価額は1000万円。PLMは1月15日設立。

トラスト・テックはプレミアラインが持つノウハウや取引実績を取り込み、グループの技術者派遣・請負・技能労働者派遣事業との相乗効果を強化する。