M&A速報

共英製鋼<5440>と東京鐵鋼<5445>経営統合へ

2009/03/18

共英製鋼(大阪市。売上高1810億円、営業利益171億円、純資産1150億円)と東京鐵鋼(栃木

県小山市。売上高664億円、営業利益58億3000万円、純資産254億円)は株式移転により共同持

株会社を設立することを決議した。

両社はいずれも電気炉で鉄鋼製品を生産する普通鋼電炉メーカー。普通鋼電炉業界は事業規模の縮小傾向が続くと想定され、競争力に優れた企業グループへの再編・統合が必死とされる。

両社はねじ節鉄鋼の規格統一化と環境リサイクル事業において技術提携を行っており、その過

程で両社の持つ経営資源・ノウハウの有効活用による相乗効果で企業価値向上を実現できる可

能性を認識、経営統合に至った。

株式交換比率は共英製鋼1:東京鐵鋼0.15(共英製鋼株式1株に対して共同持株会社株式1株

、東京鐵鋼株式1株に対して共同持株会社株式0.15株を割り当て)。

合併予定日は2009年10月1日。

関連の記事

【2月M&Aサマリー】77件、高水準をキープ|気がかりな「新型コロナ」の行方

【2月M&Aサマリー】77件、高水準をキープ|気がかりな「新型コロナ」の行方

2020/03/04

2020年2月のM&A件数は前年同月を1件下回る77件だった。2月として2010年以降の過去10年間で前年に次ぐ2番目の高水準。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大で世界経済に不透明感が強まる中、今後、国内M&A市場への影響も懸念される。

【共英製鋼】M&Aで電炉世界3極体制を構築

【共英製鋼】M&Aで電炉世界3極体制を構築

2020/02/13

共英製鋼が海外M&Aを着実に進めている。2018年2月に2016年以降3件目となるカナダのMCアルタスチールの電炉事業の買収を決めた。 中期経営計画の目標達成にM&Aが果たす役割は大きそうだ。

出遅れセクターから 新日鐵住金<5401>に注目!

出遅れセクターから 新日鐵住金<5401>に注目!

2017/11/13

新日鐵住金<5401>グループの上場子会社・上場持分法適用会社に注目したいと思います。具体的には、日新製鋼<5413>、合同製鐵<5410>、共英製鋼<5440>、大阪製鐵<5449>、トピー工業<7231>を取り上げます。

M&A速報検索

クリア