あきんどスシローは、投資ファンドのユニゾン・キャピタル・グループが設立したエーエスホールディングス(東京都千代田区。純資産99万4000円)との合併を決議した。エーエスホールディングスを存続会社、あきんどスシローを消滅会社とする現金対価の交付による吸収合併となる。

エーエスホールディングスは、2008年9月25日から同年11月10日までの株式公開買付(TOB)によってあきんどスシローの株式を議決権ベースで64.08%取得。同TOBは、あきんどスシローの経営課題の抜本的な解決を図ることを目的とした戦略的非公開化の一環で、同社はこの非公開化を最終的に実現するため、吸収合併の実施を決定した。同社

は2009年4月1日付で上場廃止となる予定。

合併交付金は1株あたり3250円。合併予定日は2009年7月。