M&A速報

蝶理<8014>、アパレル事業のシーエスコーポレーションを譲渡

2008/04/18

蝶理は、婦人服販売を手がけるシーエスコーポレーション(東京都港区。売上高11億9000万円、営業利益7400万円、純資産1億8500万円)の株式の一部を、同社従業員株主会に譲渡すると発表した。現在40.0%の持ち株比率を31.3%に引き下げる。これにより、シーエスコーポレーションは持ち分法適用関連会社となる。

蝶理は、シーエスコーポレーションが展開するアパレル事業については、運営方針をより迅速に決定することが必要なことから、同社代表者と役員・社員を中心とする運営に移行することが両社の企業価値向上につながると判断した。

譲渡価額は1560万円。譲渡予定日は2008年5月12日。

関連の記事

名門企業を震え上がらせる復活「村上ファンド」とは

名門企業を震え上がらせる復活「村上ファンド」とは

2018/01/25

旧村上ファンド勢力が日本の証券市場を再び震撼させている。「もの言う株主」として企業に大胆な提案を突きつけて最大限の利益を引き出す彼らを、人は「株主権利の守護者」とも「ハゲタカ」とも呼ぶ。その評価はさておき、彼らの「ビジネス」は成功するのか?

M&A速報検索

クリア