ステラルーメン(XLM)とは?今後の予想/将来性や半減期を徹底解説

ステラルーメン

ステラルーメンは、送金や取引に特化した仮想通貨だ。

金融機関や企業との連携も期待でき、すでに動きはじめているプロジェクトも見られる。

この記事では、そんなステラルーメンの今後にフォーカスして、ステラルーメンの概要から今後の動向などについて解説している。

この記事からわかること
  • ステラルーメンは送金、取引に特化した仮想通貨
  • 低コスト、高処理速度が特徴
  • 中央集権的な管理体制を持つ
  • リップル開発者が立ち上げ
  • すでに金融機関やテック企業との連携が進む

ステラルーメンを購入する取引所の口座開設がまだ済んでいないなら、DMMビットコインをチェックしてみよう。

DMMビットコインであれば、最短1時間ですぐにステラルーメンの取引をスタートできる。

また、レバレッジ取引の銘柄が19種類と豊富で、ステラルーメン以外の仮想通貨を取引したい方にとっても利便性が高い。

DMMビットコインから、仮想通貨取引をスタートしよう。

目次

ステラルーメン(XLM)とは

XLM公式サイト
引用元:XLMの公式サイト
シンボルXLM
現在の価格(2022年7月11日)約15円
時価総額(2022年7月11日)約7,100億円
時価総額ランキング(2022年7月11日)24位
公式サイトXLMの公式サイト
関連記事アルトコインのおすすめランキング

ステラルーメンは、リップル開発者でもあるマクレーブ氏がスタートさせた仮想通貨やそのプロジェクト全体に対する総称だ。

上記のマクレーブ氏によって開発されたステラルーメン(XML)は「国際送金」に焦点を当てた仮想通貨だ。

開発された背景や人物などから推測できるように、リップルと似通っており、ステラルーメンとリップルの類似性は高い。

そんなステラルーメンが気になるという方は、DMMビットコインからチェックしてみよう。

DMMビットコインであれば、ステラルーメンを現物で取引できるのはもちろん、レバレッジ取引していくことも可能だ。

ステラルーメン(XLM)の基本的な特徴

これから、ステラルーメンの基本的な特徴について解説していく。

ステラルーメンの特徴を、4つの観点からチェックしていこう。

リップルと同じく手数料が安く処理速度が早い

前述の通り、ステラルーメンは基本的にリップルとの類似性が高い。

そのため、リップルと同じように送金に伴う手数料が安く、処理速度が早いといった特徴を持つ。

他の仮想通貨(特にBTCETH)は、送金などに伴う処理が混雑してくると、処理速度が遅くなったり、手数料が高騰するとこも少なくない。

送金に焦点を当てているステラルーメンにとって、重要な特徴であると言えるだろう。

開発・管理を主導する財団が存在する

ステラルーメンには「ステラ開発財団(SDF)」という財団によって、開発や運用が主導されている。

著名な仮想通貨であるBTCやETHは非中央集権的な設計がされており、ガバナンスや開発についても一定の分散性が確保されていることが多い。

一方で、ステラルーメンはステラ開発財団によって、大きな方向性が決まっており、多大な影響力を持っている。

実際に、ステラ開発財団は300億XLMを超えており、これは市場に供給されている200億XLMを超えている。(財団保有量と供給量は2019年の財団によるバーン実行時の数値)

マイニングが存在しない

ステラルーメンは「Stellar Consensus Protocol」と言われる独自のコンセンサスアルゴリズムを導入している。

このコンセンサスアルゴリズムを導入することにより、ステラルーメンはマイニングが必要ない

導入しているコンセンサスアルゴリズムなどによって、必要な計算量・リソースは異なってくるものの、多くの仮想通貨はネットワークの維持にマイニングが必要としている。

一方「マイニングが必要ない」というのは、ステラルーメンが持つかなり大きな特徴に挙げられるだろう。

送金・取引に特化したスマートコントラクトも実装

ステラルーメンは、スマートコントラクトも実装している。

スマートコントラクトとは、何らかの条件に合致した場合に自動的に予め設定した処理を実行することによって、ブロックチェーン上で契約などを可能にする仕組みだ。

ETHが大きく価格を挙げている要因の1つに挙げられ、現在時価総額上位を占めている仮想通貨にも、スマートコントラクトが実装されているケースは少なくない

ただし、ステラルーメンが実装しているスマートコントラクトは、ETHやBNBといった一般的な仮想通貨が持っているスマートコントラクトとは特色が異なる。

というのも、ステラルーメンのスマートコントラクトは「送金・取引」に特化している。

これにより、ステラルーメン上で扱う送金や取引の利便性向上を向上させるようなコントラクト・ソリューションが登場してくる可能性もあるだろう。

さまざまな特徴を持つステラルーメンが気になる方は、DMMビットコインからチェックしよう。

DMMビットコインであれば、最短1時間から仮想通貨取引をスタートすることが可能だ。

ステラルーメン(XLM)の過去の価格推移

これから、ステラルーメンの過去の価格推移について解説していく。

ステラルーメンの過去の値動きをチェックして、今後の価格予想の参考にしていこう。

〜2017年までの価格推移

チャート
引用元:TradingView提供チャート

〜2017年までの価格推移については目立った動きはない。

基本的に1円にも満たない価格を推移しており、今ほどステラルーメンに注目が集まっていなかった時期であると言えるだろう。

2017年〜2020年までの価格推移

チャート
引用元:TradingView提供チャート

2017年の5月あたりから一気に価格を上げ、0.5円あたりから一時期5円までに価格を上げる。

その後も順調に価格を上げていき、2018年1月に一時100円を超えるまでに。

この価格は、記事執筆時点においてステラルーメンが最も高い価格をつけた時期だ。

背景として、当時の仮想通貨ブームなどが上げられるが、ブームの終了などに伴い、2019年~2020年にかけては価格を落としている。

2020年〜2022年までの価格推移

チャート
引用元:TradingView提供チャート

2020年11月あたりから再び値を上げ、2021年5月には80円近い価格をつける。

その後、2022年にかけて再度価格を下げている。

ただし、依然として2019年〜2020年における価格と比較すると、高い価格をつけていることが分かるだろう。

ステラルーメン(XLM)の今後の予想

次に、ステラルーメンの今後について解説していく。

ステラルーメンの動向などを踏まえて、今後の予想をチェックしていこう。

金融機関やテック系企業などとの連携強化

ステラルーメンは、ステラ開発財団が中央集権的な管理体制を取っていることもあり、ステラ開発財団が金融機関やテック企業との提携・連携を積極的に行っている。

例えば、IBMとステラ開発財団が連携して「IBM Blockchain World Wire」と呼ばれる国際送金ネットワークを開発した。

また、上記の国際送金ネットワークを利用したステーブルコインの発行に、フィリピン・ブラジルなど発展途上国の銀行も参画している。

今後も、ステラ開発財団を中心に、こういった動きを見せていく可能性はあるだろう。

中央政府とも連携

上記のような企業・金融機関との連携に加えて、ステラ開発財団は中央政府との協力関係を結びつつある。

例えば、2021年にはウクライナとデジタル資産のシステムに関する連携を行っていく旨が発表された。

こちらについても、今後同様の事例をすすめていく可能性があるだろう。

発展途上国などでの利用の広まり

上記のような取り組みを行っていく中で、送金・取引のユースケースにおいて、ステラルーメンが広がっていく可能性があるだろう。

特に、ステラルーメンが国際送金との相性が良いのは前述のとおりだ。

さまざまな企業・機関と連携しつつあるステラルーメンが気になる方は、DMM ビットコインから購入しよう。

DMMビットコインであれば、最短1時間で仮想通貨取引をスタートすることができる

ステラルーメン(XLM)の買い時

次に、ステラルーメンの買い時について解説していく。

「ステラルーメンに興味があるものの、買い時を掴めない・・・」という方は参考にしてみてほしい。

ネットワークの利用が広まりつつあるとき

ステラルーメンに限らず、仮想通貨には「実用性・実用例」が非常に重要だ。

上記の点を考慮すると、ステラルーメンが積極的に行っているような提携・連携などによって、ネットワークの利用が広がっている、もしくはその見込があるときは買い時であると言えるだろう。

日々ステラルーメンの情報をチェックして、ステラルーメンの動向から目を離さないようにしたいことろだ。

ステラ開発財団によるXLMバーンの前後

ステラルーメンの開発・運用に大きな影響を与えているステラ開発財団は過去に「バーン(Burn)」を実行している。

バーンの前後も、買い時になる可能性があるだろう。

仮想通貨におけるバーンとは、仮想通貨を消去・利用できない状態にすることだ。(バーンの方法はいくつかある)

バーンは希少価値を上げ、インフレを抑制する効果がある。

実際に、2019年にステラ開発財団は550億XLMをバーンしており、今後も行われる可能性は否定できない。

仮想通貨市場が下落しているとき

仮想通貨の市場が下落している際は、ステラルーメンのXLMもつられて価格が下落することが多い

仮想通貨市場が下落している際は、XLMが比較的安く手に入るといった環境になる可能性もあるだろう。

ステラルーメンの買い時を探っているという方であっても、予め口座開設をして適切なタイミングで、すぐに買えるようにしておこう。

ステラルーメンはDMMビットコインで購入可能なので、この機会に公式サイトを確認してみて欲しい。

ステラルーメン(XLM)投資のリスク/注意点

ステラルーメンのリスク・注意点について解説していく。

ステラルーメンを購入する前に、把握しておきたいポイントをチェックしていこう。

ステラ開発財団のリスク

ステラルーメンのプロジェクト全般に言えることが、ステラ開発財団の影響力が非常に強いという点だ。

ステラ開発財団の何らかのアクションによって、ステラルーメンのプロジェクトが台無しになってしまう可能性もある。

ステラルーメンの複数の特徴・メリットは、中央集権的な体制とステラ開発財団による運用によるものが大きいが、この点はデメリットにもなる。

独自のコンセンサスアルゴリズムなど技術的な欠陥

ステラルーメンは、他の仮想通貨と比較してもマイニングが必要ないなど、特殊なコンセンサスアルゴリズムを採用している。

その他にも、技術的・システム的に特徴的な点が見られるため、何らかの技術的な欠陥が見られる可能性は否定できない。

現状では大きな問題が起きていないものの、今後も潜在的なリスクがあることは押さえておこう。

XLMの価格下落

XLMの価格下落というのも、ステラルーメンが持つリスク・注意点の1つだ。

通常の金融資産などと比較して、仮想通貨は非常にボラティリティが大きく、これはステラルーメン以外の仮想通貨にも共通している。

大きな価格下落・上昇があることは、予め押さえておいたほうが良いだろう。

ステラルーメンの価格は日々変動しており、機会を逃さないためにも予め仮想通貨取引所で口座開設を行っておこう。

DMMビットコインではステラルーメンを扱っており、現物・レベレッジ取引が可能だ。

ステラルーメン(XLM)投資におすすめの取引所

これから、ステラルーメンの購入におすすめの仮想通貨取引所を解説していく。

各取引所の概要・特徴をチェックして、自分にあった取引所を探していこう。

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)

DMM Bitcoin-top
引用元:DMM Bitcoin公式サイト
銘柄数レバレッジ:19種類
現物:12種類
最低取引単位(BTC)0.0001BTC
取引手数料無料
(BitMatch 除く)
取引ツールスマホ:◯
PC:◯
公式サイトDMM Bitcoin公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判

DMMビットコインは、多数のサービスを展開しているDMMが運営している仮想通貨取引所だ。

DMMビットコインの大きな特徴として「レバレッジ取引の銘柄の多さ」が挙げられる。

多数の現物を扱っている仮想通貨取引所であっても、レベバレッジ取引の銘柄は少ないケースが多い。

一方で、DMMビットコインであれば、19種類の銘柄をレバレッジ取引できる。

もちろん、ステラルーメンであれば、現物・レバレッジともに取引可能だ。

レバレッジ取引に興味がある、豊富な銘柄を取引したい方は、DMMビットコインをチェックしよう。

bitFlyer(ビットフライヤー)

引用元:bitFlyer公式サイト
銘柄数14種類
(販売所)
最低取引単位(BTC)0.00000001BTC
(販売所)
取引手数料無料
(販売所)
0.01%~0.015%
(取引所)
取引ツールスマホ:◯
PC:◯
公式サイトbitFlyer公式サイト
関連記事bitFlyerの評判

次に、紹介するのがビットコイン取引量日本1位のビットフライヤーだ。

ビットフライヤーの特徴として「bitFlyer Lightning」が使いやすいという点が挙げられる

bitFlyer Lightnigとは、ビットフライヤーが提供している取引ツールで、高度な注文に対応しており機能が多い。

高機能な取引ツールを使いたいという方は、ビットフライヤーをチェックしてみよう。

Coincheck (コインチェック)

Coincheck
引用元:Coincheck公式サイト
銘柄数16種類
最低取引単位(BTC)500円に相当する金額
取引手数料無料
取引ツールスマホ:◯
PC:◯
公式サイトCoincheck公式サイト

最後に紹介するのが、コインチェックだ。

コインチェックの特徴として「アプリが使いやすい」という点が挙げられる。

コインチェックはアプリダウンロード数1位を記録していることもあって、モバイルアプリが初心者でも気軽に利用できるように設計されている。

コンビニ入金、クイック入金は受付一時停止しているが、「かんたんなアプリで気軽にはじめたい」という方は、コインチェックを検討するのも良いだろう。

ステラルーメン(XLM)の今後の予想のまとめ

この記事では、ステラルーメンについて解説した。

この記事からわかること
  • リップル開発者からうまれたステラルーメン
  • 中央集権的な管理体制を取っている
  • 独自のコンセンサスアルゴリズムの影響でマイニング不要
  • 送金、取引が低コスト・高処理速度
  • 既存の企業や機関との連携が期待できる

ステラルーメンは代表的な仮想通貨の1つであり、今後も注目したいプロジェクトの1つだ。

ステラルーメンが気になるという方は、日頃からニュースをチェックしたり、価格をチェックしてステラルーメンの動向を見守っていこう。

ステラルーメンの買い時を探っているという方であれば、DMMビットコインの口座開設からチェックしてみよう。

DMMビットコインであれば最短1時間で口座開設が可能で、すぐにステラルーメンの取引をスタートできる。

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

ステラルーメン

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる