Wingstepとは?始め方/稼ぎ方や将来性を徹底解説

wingstep

2022年序盤にSTEPNが話題となってから、運動により仮想通貨報酬を獲得することで、「毎日の運動習慣と健康を手に入れる」がコンセプトのMove-to-earnアプリが、多数登場した。

多くのMove-to-earnアプリでは、報酬は移動距離やスピード、NFTスニーカーのレア度で決まる一方、今回紹介するWingstep(ウィングステップ)は、固定報酬であることが大きな特徴だ。

この記事からわかること
  • Wingstep(ウィングステップ)は韓国発のMove-to-earnアプリ
  • 走る、歩くだけではなく、ゴルフやテニスなど、計8種類の運動に対応している
  • 毎日の運動を促すAFK Timeが特徴
  • 2種類のトークンWSSとWSTを採用
  • WSTトークンは、PancakeSwap(パンケーキスワップ)で入手できる
  • 「500mにつき100WSS」と固定されている報酬を増やすことが収益拡大のポイント
  • NFTスニーカーのレア度、Strength(STR)値とIntelligent(INT)値の強化、Gemの装着で高い報酬を獲得可能
  • 2022年7月26日に起きた、外部からの不正なシステムアクセス後の、復旧動向に注目

以上の内容を通して、Wingstep(ウィングステップ)を実際にプレイしたい、もしくはプロジェクトの将来に期待して投資をしたい、と思われた方は、手始めにLINE BITMAXのアカウント開設を行い、送金用仮想通貨を準備すると良いだろう。

\ 最短5分で申込完了! /

目次

Wingstep(ウィングステップ)とは

Wingstep(ウィングステップ)は、韓国発のMove-to-earnアプリです。

引用:公式サイト
名称Wingstep(ウィングステップ)
ジャンルMove-to-earn
Free-to-play
DeFi(Lazy-to-earn)
ブロックチェーンBNBチェーン
トークンWSS、WST
開発開始2022年4月
創立者Danny Lee
Park Weonsik
アプリGoogle Play
※iOS版は未公開
各公式リンク公式サイト
ホワイトペーパー
ライトペーパー
公式ブログ
ツイッター
ディスコード
テレグラム
フェイスブック
YouTube

開発開始は2022年4月と、ごく最近に開始されたプロジェクトで、アンドロイドアプリのリリースも6月19日と、Move-to-earnアプリの中では比較的後発のプロジェクトと言える。

そういったMove-to-earnとしては後発組のアプリである中でも、ツイッターでのフォロワーは、本記事執筆時点で5万人を超えるなど、注目を集めているプロジェクトだ。

今回は、そんなWingstep(ウィングステップ)について、特徴から始め方、将来性まで詳細に解説していく。

尚、アプリのダウンロードには招待コードが必要となるため、まずはディスコードコミュニティにてコードを獲得しよう。

その後、国内取引所LINE BITMAXから海外取引所を経由し、送金を行えば、NFTスニーカーを入手の上、Move-to-earnのプレイが可能だ。

\ 最短5分で申込完了! /

Wingstep(ウィングステップ)の特徴

次に、Wingstep(ウィングステップ)の特徴3点紹介する。

Wingstep(ウィングステップ)の特徴
  • 8種類の運動に対応するMove-to-earn
  • 運動の継続を促すAFK Time
  • ゲーム内トークンWSSと、ユーティリティ兼ガバナンストークンWSTの、2種類を採用

8種類の運動に対応するMove-to-earn

Wingstep(ウィングステップ)は、以下の8種類の運動に対応するMove-to-earnである。

Wingstep(ウィングステップ)が対応する8種類の運動
  • Running(ランニング)
  • Jogging(ジョギング)
  • Step Counting(歩数のカウント)
  • Cycling(サイクリング)
  • Gym(ジム)
  • Swimming(水泳)
  • Golf(ゴルフ)
  • Tennis(テニス)

現在は上3つ、ランニング、ジョギング、そして歩数のカウントのみが対応しているが、将来、アプリのアップグレードにより、残り5つの機能にも順次対応予定だ。

これらの運動から、自身の好きな種類を選び、5種類あるNFTスニーカーを選択の上、運動を行えば、仮想通貨を獲得することができる。

Wingstepウィングステップ_5種類のNFTスニーカー
引用:ライトペーパー

また、現在対応している計測は、スマートフォンのGPS機能が使える屋外に限られているが、ジムなどでの計測対応時は、GPS以外の探知方法が利用可能となる予定である。

Wingstep(ウィングステップ)は、開発のコアバリューとして「Fitness First」を掲げており、他のMove-to-earnのように走る、歩くだけではなく、8種類の幅広い運動に対応するライフアプリであることが特徴だ。

運動の継続を促すAFK Time

Wingstep(ウィングステップ)の特徴2つ目は、以下の運動の継続を促すAFK Timeが導入されている点である。

AFK Timeとは、一定時間、NFTスニーカーを使用しなかった場合、NFTスニーカーのDurability(耐久性)が25%減る、ユーザーへのペナルティを課す仕組みだ。

未使用時間は、通常24時間に設定されており、NFTスニーカーのレア度によって、この時間は変化する。

また、Durability(耐久性)は、通常500m動くことで10%減るのに対し、AFK Timeによって定められた数値は25%減なので、ペナルティの値が大きいことが分かる。

尚、このDurability(耐久性)に関する詳細は、2つ後の章「Wingstep(ウィングステップ)の稼ぎ方/攻略方法」の1つ目で解説する。

Move-to-earnアプリは多く登場しているものの、このAFK Timeの様に、「運動しなかった場合のペナルティ」を設けているアプリは珍しい。

AFK Timeという仕組みは、プレイヤーが毎日運動することを促す、Wingstep(ウィングステップ)の独自の仕組みである。

ゲーム内トークンWSSとユーティリティ兼ガバナンストークンWSTの2種類を採用

Wingstepウィングステップ_ゲーム内トークンWSSと、ユーティリティ兼ガバナンストークンWSTの、2種類を採用
引用:ライトペーパー

Wingstep(ウィングステップ)の特徴3つ目は、以下の2種類のトークンを採用している点である。

Wingstep(ウィングステップ)が採用する、2種類のトークン
  • WSS
  • WST

順番に解説する。

WSS

WSSは、Wingstep(ウィングステップ)のゲーム内で稼ぐことのできるトークンである。

Wingstep(ウィングステップ)をプレイすることで獲得でき、Wingstep(ウィングステップ)の様々な機能を利用する際に使われる。

発行枚数は、他のMove-to-earnと同様に無制限で、出金時は、後述するWSTトークンへの交換が求められる。

また、WSS独自の特徴としては、インフレによる価値の下落防止の為、Wingstep(ウィングステップ)の運営が獲得するWSS収益の内、80%が価格の安定化に使われることだ。

WST

WSTは、ユーティリティ兼ガバナンストークンである。

発行上限が5億枚に設定され、ブロックチェーンはBNBチェーンを利用している。

尚、Wingstep(ウィングステップ)の価値を表すWSTは、海外取引所Binance(バイナンス)で入手が可能だ。

お手元の日本円で投資をお考えなら、LINE BITMAXなどの国内取引所を活用し、「日本円から送金用の仮想通貨への変換」「海外取引所への送金」を行うとスムーズだろう。

\ 最短5分で申込完了! /

Wingstep(ウィングステップ)の始め方

次に、Wingstep(ウィングステップ)の始め方を紹介する。

最終的なゴールは、「Wingstep(ウィングステップ)のアプリ内で、NFTスニーカーを入手」することだ。

手順は下記の5つである。

Wingstep(ウィングステップ)の始め方
  • アンドロイド用アプリをダウンロードし、アカウント開設
  • LINE BITMAXで送金用の仮想通貨を入手
  • バイナンスに送金し、BNBを入手
  • BNBをアプリ内ウォレットに送金
  • アプリ内のマーケットプレイスにてNFTスニーカーを入手

以下、順番に解説する。

アンドロイド用アプリをダウンロードし、アカウント開設

最初の手順は、アンドロイド用アプリのダウンロードと、アカウント開設だ。

本記事執筆時点で、Wingstep(ウィングステップ)はアンドロイド用アプリをリリースしている。

残念ながら、iOS用アプリは開発されていないので、Wingstep(ウィングステップ)で遊びたい方はアンドロイドのスマートフォンを使用する事になる。

まずはスマートフォンから公式サイトにアクセスし、Google Playのボタンをクリックの上、アプリのダウンロードを進めよう。

Wingstepウィングステップ_アンドロイド用アプリのダウンロード
引用:公式サイト

次に、アプリを開くと表示される、メールアドレスとパスワード入力欄右下の「Register」をクリックする。

Wingstepウィングステップ_「Register」をクリック

「Register」をクリック後、ご利用のメールアドレスを入力の上、メールアドレスに配信されるコードを打ち込み、パスワードを入力する。

Wingstepウィングステップ_メールアドレスに配信されるコードを打ち込み、パスワードを入力

画面上部に「Register success」が表示されたら、アカウント登録が完了したことになるので、再度メールアドレスとパスワードを入力する。

Wingstepウィングステップ_再度メールアドレスとパスワードを入力

すると、「Referral Code(紹介コード)」入力画面に移るので、同画面中央部の「Get referral code here!」ボタンから公式テレグラムに移動し、テレグラムのメッセージ内から紹介コードを探し出そう。

もしくは、本記事執筆時点では、紹介コードは1回限りではなく、同じコードを繰り返し使えるため、YouTubeなどでWingstep(ウィングステップ)とコードを紹介している人のチャンネルから、コードを入手するのも1つの手だ。

CoinCatchTVさんのチャンネルは、動画序盤に紹介コードをシェアしている上、Wingstep(ウィングステップ)の概要もわかりやすく解説している。

Wingstepウィングステップ_「Referral-Code紹介コード」入力画面

紹介コードを入力したら、これにてWingstep(ウィングステップ)のアカウント開設が完了だ。

LINE BITMAXで送金用の仮想通貨を入手

次の手順は、LINE BITMAXでの、送金用仮想通貨入手である。

Wingstep(ウィングステップ)のNFTスニーカーの決済通貨はBNBであるが、BNBが取引可能な日本国内の取引所はまだ無い。

そのため、まずは日本円をLINE BITMAXに入金し、BNBが入手可能な海外取引所、バイナンスに送金するための「送金用仮想通貨」を入手しよう。

銘柄は問わないので、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)はもちろん、送金手数料が安価に抑えられるリップル(XRP)を選んでも良いだろう。

バイナンスに送金し、BNBを入手

3つ目の手順は、バイナンスへの送金とBNBの入手だ。

先ほど、LINE BITMAXで入手した送金用仮想通貨を、バイナンスへ送金後、BNBに交換しよう。

ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)であれば、直接BNBに交換できる現物市場を利用すると良いだろう。

BNBをアプリ内ウォレットに送金

4つ目の手順は、BNBのアプリ内ウォレットへの送金だ。

入手したBNBを、バイナンスのウォレットから、Wingstep(ウィングステップ)のウォレットに送金しよう。

アプリ内のマーケットプレイスにてNFTスニーカーを入手

最後は、アプリ内マーケットプレイスでの、NFTスニーカーの入手だ。

アプリのホーム画面下部、一番右側のスニーカーマークをクリックし、アプリ内マーケットプレイスにアクセスしよう。

あとは、任意のNFTスニーカーを選び、決済を進めればNFTスニーカーの入手が完了だ。

このように、Wingstep(ウィングステップ)のNFTスニーカー入手には、LINE BITMAXなどの国内取引所を利用されると、バイナンスなどの海外取引所への送金がスムーズである。

\ 最短5分で申込完了! /

Wingstep(ウィングステップ)の稼ぎ方/攻略方法

続いて、Wingstep(ウィングステップ)での稼ぎ方や攻略方法を解説する。

Wingstep(ウィングステップ)の稼ぎ方/攻略方法
  • Personal Modeで稼ぐ
  • Party ModeやDairy Quest Systemで稼ぐ
  • 3種類のDeFiで稼ぐ

Personal Modeで稼ぐ

Wingstep(ウィングステップ)での稼ぎ方1つ目は、Personal Modeだ。

Personal Modeは、Wingstep(ウィングステップ)の最も基本となる、「1人で運動して稼ぐ」モードだ。

この「1人で運動して稼ぐ」という点は他のMove-to-earnと変わらないが、Wingstep(ウィングステップ)の独自の点として、「NFTシューズのレア度によって、1回に稼ぐことのできるトークン枚数の上限が決まっている」ということだ。

稼ぐことの出来るトークンの枚数は「500mにつき100WSS」と決まっており、各NFTスニーカーのレア度に応じた、移動の上限距離は、以下の通りとなる。

表左側のレア度は、下に行くほど高くなる。

レア度パフォーマンス
Trial500m
Special500m
Unique1,000m
Noble2,000m
Universe3,000m
参照元:ホワイトペーパー

また、この「NFTスニーカーのレア度」に加えて、稼ぐことのできるWSSの枚数に影響する要因は以下の通りとなる。

  • NFTスニーカーのStrength(STR)値(歩くことで減少するパフォーマンスバーの減少スピードを減らす)
  • NFTスニーカーのIntelligent(INT)値(固定報酬に加えて、獲得できるトークン枚数を増やす)
  • NFTスニーカーを強化するGem(STRやINTの値を増加させる)

よって、獲得するWSSトークンの枚数を最大化するには、「レア度の高いNFTスニーカーの入手」「STR値やINT値をレベルアップで上昇させる」「Gemを獲得し、STRやINTの値を強化する」の3つの方法が有効となる。

Party ModeやDairy Quest Systemで稼ぐ

Wingstep(ウィングステップ)での稼ぎ方2つ目は、Party ModeやQuest Modeで稼ぐ方法だ。

以下、順番に解説する。

Party Mode(パーティーモード)

Party Modeは、複数人でチームを組み、一緒に走ることでトークンを獲得するモードだ。

特徴としては、チームのキャプテンを1人決め、そのキャプテンが保有するNFTスニーカーの数に応じて、個々のチームメンバーが獲得できるWSSトークン枚数に、ボーナスが加えられることだ。

コミュニティの存在がMove-to-earnの魅力である一方、「一緒に走り、稼ぐ」モードは実装されていないMove-to-earnが多いため、このグループで一緒に走り、稼ぐParty Modeは、Wingstep(ウィングステップ)の特徴的な点である。

Dairy Quest System(デイリークエストシステム)

Dairy Quest Systemは、ある場所にチェックインする、写真撮影をするなど、指定されたタスクをこなすことで、追加のWSSトークンを報酬として獲得できるシステムだ。

これら2つのParty Mode(パーティーモード)、Dairy Quest System(デイリークエストシステム)という、「1人で走る、歩く以外」によっても、Wingstep(ウィングステップ)では、仮想通貨を稼ぐことができるのだ。

3種類のDeFiで稼ぐ

Wingstep(ウィングステップ)での稼ぎ方3つ目は、3種類のDeFiで稼ぐ方法だ。

Wingstep(ウィングステップ)には、以下のような、独自の名前が付けられた、3種類のDeFiが組み込まれている。

  • Big Man (WSSかWST、どちらかのトークンを預ける)
    • トークンを3ヶ月ロックするステーキング
    • トークンをロックせず毎日利息を得るステーキング
  • Fat Man (NFTのステーキング)
  • Fleshy Man (WSSとWST両方を預け入れる、イールド・ファーミング)

このDeFiによる報酬獲得は、「運動をしなくても稼ぐことができる」ことから、Wingstep(ウィングステップ)は「Lazy-to-earn(だらけて稼ぐ)」と名付けている点も興味深い。

このように、Wingstep(ウィングステップ)では運動を中心に稼ぎ、獲得したトークンはDeFiでも稼ぐことができる。

Wingstep(ウィングステップ)で遊ぶには、プレイ開始時のNFT入手時や、獲得したWSTトークンを日本円で出金する際に求められる、LINE BITMAXを始めとした国内取引所のアカウントを一つ持っておこう。

\ 最短5分で申込完了! /

Wingstep(ウィングステップ)の使い方

続いては、Wingstep(ウィングステップ)の使い方を解説する。

ここでは、基本の遊び方となる「走る、歩く」モードの起動方法について述べる。

Wingstep(ウィングステップ)の使い方
  • アプリを起動する
  • NFTスニーカーを選ぶ
  • 運動する

アプリを起動する

まずはアプリを起動する。

Wingstep(ウィングステップ)はメールアドレスとパスワードを入手さえすればログイン可能だ。

NFTスニーカーを選ぶ

次はNFTスニーカーの選択である。

最初は、全員に配布されている無料のNFTスニーカー、Trialを利用すれば、初期費用を掛けずにWingstep(ウィングステップ)を遊ぶことができる。

より大きく稼ぎたい方は、アプリ内に組み込まれているマーケットにて、有料のNFTスニーカーを入手すると良いだろう。

運動する

NFTスニーカーを選び終えたら、運動を開始しよう。

Running(ランニング)、Jogging(ジョギング)、もしくは歩数カウントの中から、自身の移動スピードに合わせて運動を行う。

このように、簡単に使用できる事もWingstep(ウィングステップ)の特徴だ。

プレイしてみたい方は、お好きな国内取引所で日本円を仮想通貨に交換し、海外取引所と組み合わせて送金を行おう。

国内取引所でお悩みの方は、LINEアプリから本人確認、起動、取引が可能なLINE BITMAXの公式サイトをご覧になってみると良いだろう。

\ 最短5分で申込完了! /

Wingstep(ウィングステップ)の今後の予想/将来性

ここでWingstep(ウィングステップ)の今後の予想と将来性について、解説する。

まずは、公式サイトにて公開されているロードマップを確認してみよう。

その中で、Wingstep(ウィングステップ)の将来的な価値に影響を与える、と見込まれる予定は、以下の3つだ。

Wingstepウィングステップ_ロードマップ
Wingstep(ウィングステップ)の今後の予想/将来性
  • KOLや他プロジェクトとのコラボレーション
  • メタバースの展開
  • 2022年7月26日の外部からのシステムデータ変更被害

順番に解説する。

KOLや他プロジェクトとのコラボレーション

Wingstep(ウィングステップ)は、他プロジェクトやKOLとのコラボレーションを予定している。

KOLとはKey Opinion Leaderの略で、ある業界において知名度や影響力を持つ人物を指し、仮想通貨業界以外でも、幅広く使われる用語である。

KOLの例として、インフルエンサー、YouTuberも含まれる。

ロードマップによると、2022年第4四半期(10月から12月) に、KOLとの限定コラボレーションNFTスニーカーのリリースを予定しており、希少価値の高いデザインを持ったNFTスニーカーが取引可能となる見込みだ。

また、Wingstep(ウィングステップ)は他プロジェクトとのコラボレーションにも積極的だ。

2022年7月30日には、仮想通貨のプロジェクトに、本人確認を意味するKYC(Know Your Customer)のサービスを提供するSafeProofとのパートナーシップを発表した。

このように、外部とのコラボレーションに積極的な姿勢を見せていることが分かる。

よって、2022年第4四半期に予定されている、KOLとのコラボレーションの内容次第では、Wingstep(ウィングステップ)のユーザー数増加や、価値増加に、ポジティブな影響をもたらす可能性があるだろう。

メタバースの展開

Wingstep(ウィングステップ)の将来性を検討する上で、メタバースの展開も注目に値する。

時期としては2023年第1四半期(1月から3月)から第2四半期(4月から6月)に予定されている。

詳細はまだ言及されていないが、Move-to-earnに留まらない展開を計画している点に留意されると良いだろう。

2022年7月26日の外部からのシステムデータ変更被害

一方、ネガティブなニュースとして2022年7月26日の外部からのシステムデータ変更被害を受けたことが挙げられる。

2022年7月28日、Wingstep(ウィングステップ)の運営チームは、公式ツイッター上で7月26日にハッキングの被害を受けたことを公表した。

テレグラム上での公表によると、Wingstep(ウィングステップ)のシステムデータが外部から不正に変更された事により、WSSトークンのスワップ取引数が急増し、取引の失敗が増加したとのことだ。

これにより、「獲得できるWSS報酬の量が大きく変化する」「7月1日以降にアクティベートしたNFTスニーカーが利用できない」「7月20日から28日に実行した入金が反映されない」等の影響が、ユーザーに及んだのである。

運営はシステムの復旧に努めており、2022年7月29日には「7月1日以降にアクティベートしたNFTスニーカー」については利用できるようになったとツイートされている。

一方、他の変更については、現在も運営側によるシステム復旧作業が行われている。

このように、外部とのコラボレーションやメタバースへの展開など、前向きな計画を予定している一方、システムの脆弱性が露呈するという不安な要素もある事が分かる。

そういった、不安要素が見えた時は一般的にユーザー離れが進む一方、それでも将来性を見出せる方は、NFTスニーカーやトークンの買い時、と言えるかもしれない。

こういったタイミングを逃さないよう、LINE BITMAXなどすぐに本人確認が可能な国内取引所で、アカウント開設をしておくことも、1つの手である。

\ 最短5分で申込完了! /

Wingstep(ウィングステップ)に関するQ&A

最後に、Wingstep(ウィングステップ)に関するQ&Aを、いくつか見ていこう。

Wingstep(ウィングステップ)に関するQ&A
  • Wingstep(ウィングステップ)は、iOSアプリでも遊べますか。
  • 現在のWSTの価格はいくらですか。
  • Wingstep(ウィングステップ)の運営チームは公開されていますか。
Wingstep(ウィングステップ)は、iOSアプリでも遊べますか。

残念ながら、iOSアプリはリリースされておらず、iPhoneでは遊ぶことができません。

よって、アンドロイドのスマートフォンを利用してWingstep(ウィングステップ)をプレイしましょう。

現在のWSTの価格はいくらですか。

本記事執筆時点で、1WST当たり0.0072BUSD(バイナンスUSD)前後を推移しています。

2022年7月16日は0.031BUSDを記録していたので、現在は下落基調と言えます。

Wingstep(ウィングステップ)の運営チームは公開されていますか。

コアメンバーの2名が、公式サイト上で公開されています。

Wingstep_運営チームは公開されていますか
引用:公式サイト

仮想通貨業界での経験が豊富なDanny Lee氏と、ゲーム業界での実績を持つPark Weonsik氏、2名の創立者が、Wingstep(ウィングステップ)の開発チームを率いています。

Wingstep(ウィングステップ)のまとめ

今回は、Wingstep(ウィングステップ)の特徴や始め方から、攻略方法、将来性を解説した。

この記事のまとめ
  • Wingstep(ウィングステップ)は韓国発のMove-to-earnアプリ
  • 走る、歩くだけではなく、ゴルフやテニスなど、計8種類の運動に対応している
  • 毎日の運動を促すAFK Timeが特徴
  • 2種類のトークンWSSとWSTを採用
  • WSTトークンは、PancakeSwap(パンケーキスワップ)で入手できる
  • 「500mにつき100WSS」と固定されている報酬を増やすことが収益拡大のポイント
  • NFTスニーカーのレア度、Strength(STR)値とIntelligent(INT)値の強化、Gemの装着で高い報酬を獲得可能
  • 2022年7月26日に起きた、外部からの不正なシステムアクセス後の、復旧動向に注目

Wingstep(ウィングステップ)は、対応する運動の種類の多さ、AFK Time、固定報酬制など、従来のMove-to-earnとは異なる独自性があり、注目されるプロジェクトであることが分かる。

一方、ユーザーを拡大していた中での、外部からの不正アクセスからの復旧は、Wingstep(ウィングステップ)の将来性に大きく影響するため、注視が必要だ。

Wingstep(ウィングステップ)で遊んでみたいと思われたら、LINE BITMAXから仮想通貨を送金し、NFTスニーカーの入手から始めよう。

\ 最短5分で申込完了! /

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

wingstep

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる