【2022年10月】米国株の今後の見通し/将来性や暴落の理由を徹底予想

米国株 今後

2022年は米国株にとって厳しい年になっている。

大きな下落を見せており、背景にはインフレや利上げの影響を指摘する声が多い。

この記事では、米国株の見通しに焦点を当てて、今下落している原因や今後の米国株の動きについて解説している。

この記事からわかること
  • 世界情勢や利下げなどによってインフレ懸念が発生
  • インフレ懸念に対応するため利上げを実行し株価が下落
  • 短期〜中期的には油断を許さない
  • 長期的には上昇していく可能性が高い

利上げなどの影響によって、米国株は下落相場が続いている。

IG証券のCFD取引は、売りのポジションを持てるため、このような相場と相性が良い。

米国株の下落相場で利益を出しにくいと感じている方は、IG証券をチェックしてみよう。

目次

【2022年最新】米国株が暴落している理由

これから、米国株が暴落している理由について「インフレ」「インフレの長期化」「金融引き締め」という3つの観点からチェックしていこう。

今、米国株が暴落している背景について押さえていく。

意図的なインフレの加速

まず、米国株が暴落している理由として「意図的なインフレの加速」が挙げられる。

というのも、米国株は新型コロナウイルスの影響による経済悪化で、一時的に低調な株価が見られた。

このような状況を打破するために、米国では利下げが積極的に行われてきた背景がある。

このような中、FRBは3月3日に臨時のFOMCを開催し、緊急で政策金利であるFFレート誘導目標を50bp引き下げ1.00~1.25%とした

第一生命経済研究所

このような背景があり、新型コロナウイルスが世界的に流行を見せる中でも、株価は堅調な動きを見せていた。

また、利下げによるインフレが加速していたものの、新型コロナウイルスの影響を考慮し、経済を止めないためにも一定のインフレは許容していた。

利下げ・利上げと経済の関係

利下げを行うと金利が下がり、個人や企業などがお金を借りやすくなる。

これにより、経済にお金が回りやすくなり、インフレなどを助長することになることが多い。

その一方で、利上げをするとお金を借りるハードルが高くなり、お金の流れが鈍化することで利下げとは逆の現象が発生し、インフレの抑制などが期待できる。

ウクライナ侵攻などインフレが長期化

新型コロナウイルスの影響で、インフレが加速している状況で、ウクライナ侵攻が発生した。

今年2月からはロシアによるウクライナ侵攻が追加的な供給制約となり、インフレの上振れ・長期化が一段と懸念される状況になりました。

大和アセットマネジメント

新型コロナウイルスによる供給不足や利下げによるインフレが発生している中、ウクライナ侵攻などで更に「供給」に制限がかけられてしまった。

これにより、より一層インフレが加速したのだ。

これは米国だけに見られる現象ではない。

ウクライナ侵攻による供給の制限は、世界的にもインフレ傾向をもたらしている。

米国ではインフレ率が過去最高を記録しているが、データによると、米国は世界経済の中で中ほど位置している。

Forbes

ただし、前述した利下げなどの影響もあり、過去最高レベルのインフレが続いており、これによる「インフレが進みすぎるリスク」が懸念されるようになった。

インフレ懸念などによる金融引き締め

前述したインフレ懸念などに対応するために、米国のFRBは「利上げ」を行うことを発表した。

FRB(米国連邦準備制度理事会)はインフレ抑制を狙って3月に0.25%ポイントの利上げを行うと、5月には22年ぶりに0.5%ポイントの利上げを実施しました。

大和アセットマネジメント

利上げは利下げと逆の作用が働く。

つまり、金利が上がりお金が借りにくくなることにより、お金が回りにくくなる = 経済が鈍化するという懸念が発生する。

こういった背景によって、米国株は暴落しつつある。

利上げは大きな原因となっているものの、その背景には新型コロナウイルスやウクライナ侵攻など、世界情勢とそれに対する米国の金融政策が大きく関係していると言えるであろう。

米国株価の価格推移

S&P 500

2017~2021年の価格推移

Tradingview提供チャート

米国株全体を俯瞰できる代表的な指数であるS&P500は、2017年~2021年まで基本的には上昇傾向が続いていた。

新型コロナウイルス流行時など一時的に下落は見られるが、基本的に安定的な上昇を見せていると言えるだろう。

むしろ、新型コロナウイルスが流行している2020年~2021年間でも、大きな上昇を見せていたことは驚きだ。

これは前述したとおり、利下げの影響を指摘する声も多い。

~2022年最新の価格推移

Tradingview提供チャート

新型コロナウイルス以前までの水準までは下がっていないものの、大きな株価下落が見られる

こちらも前述したとおり、インフレ懸念や利上げが影響しているという声が多い。

NYダウ

2017~2021年の価格推移

TradingView提供チャート

NYダウ平均株価についても米国株の代表格を盛り込んだ代表的な指数の1つだ。

NYダウも基本的にはS&P500と同じ様に、一時的な下落はあるものの、2017年~2021年まで順調に上昇していることが分かる。

~2022年最新の価格推移

TradingView提供チャート

一方で、2022年に入ってからは大きな下落を見せている。

NYダウ・S&P500は細かな構成銘柄は異なるものの、基本的には代表的な米国株を盛り込んでいるため、似たような動きをすることが多い。

ナスダック総合指数

2017~2021年の価格推移

TradingView提供チャート

ナスダック総合指数は、ナスダックに上場している株式の株価を盛り込んだ指数だ。

元々ベンチャー向けの市場のため、この特性からテック関連の銘柄などが多い。

成長が期待できる銘柄が多く構成に組み込まれているという背景から、S&P500などと共に大きな上昇を見せていることが分かるだろう。

~2022年最新の価格推移

TradingView提供チャート

2022年に入ってからは、ナスダック総合指数についても大きな下落傾向が見られる。

元々、GAFAに代表されるようにテック関連の銘柄は、割高感が指摘されることが少なくなかった。

このことから、割高感が解消されつつあるという見方もできるだろう。

前述したような米国株が気になるという方は「IG証券」を検討すると良いだろう。

IG証券では、17,000種類を超える銘柄をCFDで取引可能だ。

もちろん、米国株の取り扱いも豊富なため、以前よりも安くなった米国株に興味があるなら、IG証券をチェックしてみよう。

米国株の今後の見通し・予想

2022年の見通し・予想

これから、2022年の見通し・予想について解説していく。

今後の中期的な米国株の動きをチェックしていこう。

今後も利上げは継続か

今後も、米国による利上げなど金融引き締めは継続していくという見方が多い

これは、先行きの景気への不安や株価下落を受けても、当面のFRBの急速な利上げ(政策金利引き上げ)姿勢には変化はない、との市場の見方を反映しているだろう。

野村総合研究所

こういった背景から、金融引き締めは今後も続いてく可能性が高いと言えるだろう。

景気は減速か

現状の利上げが続くと前述した背景も含め、これまでの傾向から考えて、景気が鈍化・減速していく可能性が高いだろう。

もちろん、米国株の株価へにも同じような影響が考えられ、金融政策が大きく転換されない限り、2022年に大きな上昇を見せるといった可能性は低い

こういった背景からも、米国の金融政策の動向は今後も随時チェックしていったほうが良いだろう。

長期的な見通し・予想

次に、米国株の長期的な見通しや予想について解説していく。

基本的には、長期的に見ると米国株の株価上昇は今後も期待できると言えるだろう。

米国株はこれまでも安定的に上昇を見せており、幾度の経済危機や価格下落を乗り越えて、株価上昇を見せている。

ただし、前述の通り短期〜中期的には一時的な下落が見られるため、注視は必要であると言えるだろう。

長期的には成長が期待できる米国株への投資は「IG証券」の利用が便利だ。

IG証券では多種多様な銘柄を扱っており、GAFAなど著名な米国株をCFDで取引できる。

IG証券から米国株デビューしていこう。

米国株の注目銘柄

次に、利上げで低調な株価を見せる米国株の注目銘柄をチェックしていこう。

金融、ヘルスケア、テックといった3つの分野ごとに解説していく。

銀行株など金融関連

まず、はじめにあげられるのが 「銀行株」といった金融関連の銘柄だろう。

銀行株などの金融関連の銘柄は、利上げによって収益の元となっている債券などにポジティブな影響が期待できる。

米10年国債利回りの上昇が続いていますので、金利上昇の恩恵を受ける銀行株が注目されます。

SBI証券

利上げによる直接的なポジティブな影響が期待できるものなら、金融関連の銘柄をチェックすると良いだろう。

ヘルスケア関連銘柄

米国株は、ヘルスケア関連銘柄の影響力が強い。

米国市場におけるヘルスケアセクターの比率は高く、時価総額比ではITセクター(27.1%)に次ぐ2番目(14.5%)に着けています。

日経BP

新型コロナウイルスの影響などもあって、ヘルスケアの分野は今後も注目が高まると言えるだろう。

GAFAなどのIT関連銘柄

前述の通り、ここ数年間上昇が続いていたGAFAをはじめとするIT関連の銘柄にも、利上げの影響は出つつある。

このような背景から「割高感からテック関連の銘柄を購入していなかった」という方も、購入しやすい状況にあると言える。

長期的に見ると、IT関連の分野は今後も高い成長性が期待できるため、IT関連の銘柄をチェックするのも悪くないだろう。

IG証券であれば、前述したような金融・ヘルスケア・ITといった分野の銘柄を、まとめて取引することが可能だ。

いま注目したい米国株に興味があるという方は、IG証券からスタートしよう。

米国株投資におすすめの証券会社

これから、米国株投資におすすめの証券会社を「IG証券」「SBI証券」「マネックス証券」という3社から解説していく。

自分にあった証券会社を見つけていこう。

IG証券

ig証券
IG証券の公式サイト
手数料取引によって異なる
取扱商品FX
株式CFD
ETF
株価指数
など
外国株の取扱あり
(CFDに限る)
口座開設までの最短日数翌営業日
公式サイトIG証券の公式サイト

IG証券は、主にCFD取引を扱っている証券会社だ。

CFD取引とは、何らかの資産の価格のみを売買する取引のことで、大きな特徴として「売り」からポジションを持つことができる。

つまり、下落相場であっても利益を出すことが可能だ。

IG証券では、17,000種類を超える銘柄を扱っており、株式に限定しても10,000種類を超える銘柄を取引が可能だ。

もちろん、米国株の取り扱いも豊富なため、下落が続く米国株で利益を出していくなら、売りから入れるIG証券のメリットは大きい。

下落相場の中でもチャンスを逃したくないという方は、IG証券をチェックしてみると良いだろう。

SBI証券

SBI証券-top
SBI証券公式サイト
手数料
(〜10万)
99円
投資信託数2,500銘柄以上
外国株の取扱あり
口座開設までの最短日数翌営業日
公式サイトSBI証券公式サイト
関連記事SBI証券の評判

SBI証券は、幅広い銘柄を扱っている証券会社だ。

米国株に限定しても約6,000銘柄を取り扱っており、非常に豊富であると言えるだろう。

また、その他にも中国株、韓国株、ロシア株、ベトナム株、海外ETFなどを取り扱っており、世界中の銘柄を取引可能になっている。

米国株はもちろん、世界中の銘柄を取引したいという方は、SBI証券をチェックしてみよう。

マネックス証券

マネックス証券-top
マネックス証券の公式サイト
手数料
(〜10万)
99円
投資信託数1,200銘柄以上
外国株の取扱あり
口座開設までの最短日数翌営業日
公式サイトマネックス証券の公式サイト
関連記事マネックス証券の評判

マネックス証券も、豊富な米国株を取り扱っている証券会社の1つだ。

特徴として、最低手数料0ドルというリーズナブルな手数料を設定している点が挙げられる。(取引金額による手数料は変化)

できるだけ手頃な手数料から米国株を取引したいという方は、マネックス証券をチェックしてみると良いだろう。

米国株の見通しに関するQ&A

米国株の買い時はいつ?

米国株は長期的に見ると、上昇を続けていることから、現在のように株価が下がっているタイミングが買い時とする声は少なくない。

ただし、短期〜中期的には下落を予想する声もあるため、今後も注視が必要だろう。

株価はいつ回復していく?

いつ回復するのか?という点は不透明だ。

ただし、前述の通り、過去の傾向から考えて長期的には回復を見せていく可能性が高い。

米国株の見通しのまとめ

この記事では、主に米国株の暴落に伴う見通しなどについて解説した。

この記事のまとめ
  • 利下げなどによってインフレ懸念が発生
  • インフレに対応するため利上げを行い、悪影響が懸念され株価が下落している
  • 2022年は厳しい株価を維持している
  • これまでの傾向を考慮すると回復する可能性が高い

世界情勢や金融政策によって米国株は、大きな下落を見せている。

今後も、短期〜中期的には影響が続く可能性が高いため、目が離せない状況であると言えるだろう。

下落相場でも利益を出したいという方は「IG証券」を検討しよう。

IG証券であればCFD取引が可能で「売り」からでも、ポジションを持つことができる。

IG証券を活用して、下落気味な米国株を取引していこう

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

米国株 今後

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる