【仮想通貨】トロン(TRON/TRX)の今後の予想・将来性や価格推移を徹底解説

TRON

スマートコントラクトを実装し、さまざまなアプリケーションの土台となっているのがトロンだ。

クリエイター向けプラットフォームとしての側面が目立つものの、人気の高いDeFiなどもトロンを活用して構築されている。

この記事では、そんなトロンの今後に焦点を当てて、トロンの概要からトロンの将来性・リスクなどについて解説している。

この記事からわかること
  • トロンはスマートコントラクトを実装したチェーン
  • デジタルコンテンツ、クリエイターに焦点を当てている
  • EVMとの互換性を持っている
  • DPoSを採用している
  • DeFiなどにも活用されている
  • 競合も少なくない

DeFiなどが構築されつつあり、今後もトロンには価格上昇の可能性がある。

そんなトロンに興味があるなら、DMMビットコインで口座開設をしよう。

DMMビットコインでは、トロンをレバレッジ取引可能となっており、トロンのTRXの価格が下落している場合であっても、利益を出していくことが可能だ。

また「スマホでスピード本人確認」を利用すれば、口座開設まで最短1時間で完了し、すぐにトロンの取引をスタートできる。

トロンの取引なら、まずDMMビットコインをチェックしてみよう。

目次

トロン(TRON/TRX)とは

TRON公式サイト
引用元:TRON公式サイト
シンボルTRX
現在の価格(2022年7月21日)9円
時価総額(2022年7月21日)約8,600億円
時価総額ランキング(2022年7月21日)16位
公式サイトTRON公式サイト
関連記事仮想通貨のおすすめ銘柄ランキング

トロンは、2017年に公開されたスマートコントラクトが利用できるチェーン・プラットフォームの総称だ。

スマートコントラクトを実装していることから、イーサリアムやBSC同様にトロンのプラットフォームを活用してアプリケーションなど、さまざまなプロダクトが開発可能になっている。

トロンの仮想通貨(エコシステムの中核となる仮想通貨)はTRXで、トロンのプラットフォームを利用しているアプリケーションの利用者は、基本的にTRXを用いて手数料などを支払う

すでにアプリケーションの開発例(DeFiなど)も見られ、幅広いジャンルのプロダクト・プロジェクトが、トロンのプラットフォームを活用して開発が進められている。

そんなトロンが気になる方は、DMMビットコインをチェックしてみよう。

DMMビットコインであればトロンの現物取引はもちろん、レバレッジ取引からでも取引可能だ。

トロン(TRON/TRX)の基本的な特徴

これから、トロンの基本的な特徴について3つの観点から解説していく。

トロンの特徴・強みをチェックしていこう。

クリエイターにフォーカスしている

トロンは、主にクリエイター・デジタルコンテンツなどにフォーカスしたプロジェクトだ。

大きな方向性として「デジタルコンテンツ」の分散型プラットフォームとして、Youtubeに代表されるような広告収入に依存しているコンテンツビジネスの転換を目指している。

現状のデジタルコンテンツはWEB2の中央集権的な体制で管理されており、広告収入・投げ銭などもクリエイターは一部しか受け取れない。

一方で、トロンの枠組みを活用して、デジタルコンテンツを配信・クリエイターにインセンティブを与えられるようなアプリケーションができてくることで、上記のような問題を解決できる可能性がある。

EVMと互換性がありSolidityで開発可能

トロンは、アプリケーションを開発する際の枠組みに「TVM」という仮想マシンを利用する。

TVMは、WEB3において主流な仮想マシンである「EVM(イーサリアムの仮想マシン)」と同じ開発言語である「Solidity」で、開発可能になっている。

これにより、もっとも主流なイーサリアム系の開発者が、トロンで容易に開発できる環境が整っていると言えるだろう。

各チェーンとの互換性、特にイーサリアムとの互換性は、開発を呼び込む点において重要なポイントとなってくるため、特徴の1つに挙げられる。

コンセンサスアルゴリズムにDPoSを採用

トロンのコンセンサスアルゴリズムは「DPoS」だ。

コンセンサスアルゴリズムとは、ブロックチェーンで処理を行う過程(トランザクションの)において「どのような方法で不正が無いと合意するか?処理するか?」という枠組みのことだ。

トロンは、そんなコンセンサスアルゴリズムにDPoSを採用している。

DPoSとは「取引(トランザクション)の処理を誰が承認するのか?」という点を、投票によって決定するという方式だ。

投票力は「仮想通貨の保有量(トロンではTRX)」によって変わる。

主要なコンセンサスアルゴリズムのPoSを発展させたコンセンサスアルゴリズムだが、現時点ではPoSなどと比較すると、少数派のコンセンサスアルゴリズムになっている。

しかし、PoSと比較して処理性能が向上しやすいなど、さまざまなメリットも見られるため、注目されつつあるコンセンサスアルゴリズムの1つだ。

さまざまな強みを持っているトロンは、DMMビットコインで購入可能だ。

DMMビットコインは最短1時間で口座開設が完了し(スマホでスピード本人確認の場合)、すぐにトロンの取引をスタートできる。

【2022年最新】トロン(TRON/TRX)の現在の価格推移

これから、2022年最新のトロンの価格動向をチェックしてみよう。

2022年におけるトロンの価格チャートは以下の通りだ。

チャート
引用元:TradingView提供チャート

2022年7月22日時点でのトロンの価格は「約9円」となっている。

2022年は主に6円から11円の間を推移しており、2021年ほどの上昇は見せていない状態だ。

逆の観点から見ると、今後価格を上昇させるポテンシャルは持っていると言える。

今後も価格上昇の可能性があるトロンは、DMMビットコインをチェックしてみよう。

DMMビットコインであれば、現物取引はもちろん、レバレッジ取引からでもトロンを取引できる。

また、スマホでスピード本人確認を利用すると、最短1時間で口座開設が完了し、すぐにトロンの取引をスタート可能だ。

トロン(TRON/TRX)の過去の価格推移

トロンの過去の価格推移について「2019年」「2020年」「2021年」という3つの時期に分けて、解説していく。

トロンの過去の価格を、3つの期間ごとにチェックしていこう。

2019年の価格推移

チャート
引用元:TradingView提供チャート

2019年のトロンは、概ね2円〜4円程度の価格帯を行き来しており、大きな価格変動を見せることはなかった。

2022年と比較すると、1/2程度の価格帯になっている。

ただし、BTCやETHなど著名な仮想通貨にも同じようなことが言え、2019年に仮想通貨市場に目立った動きはなかった。

2020年の価格推移

チャート
引用元:TradingView提供チャート

2020年についても同様のことが言える。

概ね1.5円〜3円の価格帯を行き来しており、2019年と似通った相場になっていたと言えるだろう。

ただし、年末にかけて価格上昇の兆しがあることは分かる。

2021年の価格推移

チャート
引用元:TradingView提供チャート

2021年は、トロンにとって大きな価格変動を起こす年になった。

1月は3円程度だった価格が、2月には5円、4月には一時17円ほどの価格をつけることになった。

背景にはさまざまな要因が考えられるが、DeFiなどの流行によって仮想通貨市場全体に資金が流入していたため、その影響を受けた可能性が高いだろう。

今後も、何らかの理由で価格が上昇・下落する可能性が高いため、トロンの価格推移は引き続きチェックしておいたほうが良いだろう。

DMMビットコインであれば、レバレッジ取引が可能なため、下げ相場であっても利益を出していくことが可能だ。

DMMビットコインのレバレッジ取引を活用して、トロンが下げ相場であっても利益を出していこう。

トロン(TRON/TRX)の今後の予想/将来性

これから、トロンの今後の予想・将来性について解説していく。

トロンの現状や公開されている情報を元に、トロンのこれからをチェックしていこう。

DeFiなどさまざまなアプリケーションに利用される

トロンは、デジタルコンテンツに焦点を当てたプロジェクトとして注目されているが、DeFiなどさまざまな領域のアプリケーションに利用されつつあるのだ。

例えば、ブロックチェーン上で仮想通貨の貸し借りが可能になるレンディングの1つである「JustLend」は、トロンのプラットフォームに構築されている。

DeFiLlama(チェーンのTVLなどを扱っているサイト)を参考にすると、記事執筆時点におけるJustLendのTVLは「33億ドル」を超えている。

TVLとは「対象のプロトコル・コントラクトにどの程度の資金が預けられているのか?(ロック)」という点がチェックできる指標だ。

TVL33億ドルを超えるJustLendほど大規模のプロダクトがトロンに構築されているということだ。

これはあくまで一例でありJustLendに限らず、トロンを活用したプロダクトは続々と登場している。

USDDなどの広がり

トロンのチェーンには「USDD」というアルゴリズムで価格を調整するステーブルコインが、存在している。

似たような仕組みを用いた通貨に、USTC(旧:UST)が挙げられるが、ドルとの価格連動が崩れ、プロジェクト全体が崩壊してしまった。

USDDは、USTCの需要を拾うような形で大きくシェアを伸ばし、記事執筆時点では時価総額ランキング8位に位置している。

前述したように崩壊した例はあるものの、ボラティリティが全体的に高い仮想通貨にとって、ステーブルコインの存在は非常に重要なものになっている。

こういった点を踏まえるとUSDDが広まることで、トロンに関係するプロダクトに良い影響を与える可能性もあるだろう。

ゲームなどへの応用も進む

WEB3領域において、Game-FiやP2Eといった「ゲームで仮想通貨を稼ぐ」という行為・現象は、1つのトレンドになっている。

トロンにも、いくつか開発されているもの・リリースされているものが確認でき、現在のトレンドを考慮すると、今後も開発が進められる可能性は高いだろう。

次のアクシーインフィニティ(Axie Infinity)が、トロンから出てくる可能性も考えられる。

さまざまな可能性・将来性を持つトロンの購入には、DMMビットコインを利用しよう。

DMMビットコインであれば、現物取引・レバレッジ取引に対応しており、レバレッジ取引であれば買い or 売りのどちらからでも取引を行うことが可能だ。

トロンを長期保有しているものの「現在の相場状況から売りからも入りたい」といった方は、DMMビットコインをチェックしてみよう。

トロン(TRON/TRX)を購入するタイミング・買い時

これから、トロンを購入するタイミング・買い時について解説していく。

「トロンが気になるけどいつ買えばよいのか分からない・・・」といった方は目安程度にチェックしてみてほしい。

開発が順調に進んでいそうなタイミング

開発が順調に進んでいるタイミングというのが、はじめの買い時ポイントになるだろう。

全ての銘柄に共通していることだが、トロンに限らず仮想通貨にとって「開発状況」というのは非常に重要だ。

これは、トロン自体(トロンのチェーン自体)の開発進捗はもちろん、トロンのプラットフォームを利用しているプロダクト(DeFiやGame-Fiなど)の開発状況も重要だ。

トロン自体の開発がうまくいっている際、トロンを利用しているプロダクトが話題になっている際などは、買い時のことが多いと言えるだろう。

TRXの価格が下落したタイミング

トロンのTRXの価格が下落したタイミングも、買い時・購入するタイミングであると言えるだろう。

仮想通貨はボラティリティが大きく、一時的にブーム・流行によって非常に高い価格に上昇することが多い。

しかし、このような一過性の価格上昇時にTRXを購入してしまうと、含み損を持ってしまうことが少なくない。

「トロンの可能性を信じている」「長期保有が前提」という方は、一過性の価格上昇が落ち着いてから購入するのが良いだろう。

一方、DMMビットコインのレバレッジ取引を利用すれば、仮に下落相場であっても利益を出していくことが可能だ。(売りからポジションを持つことで)

トロンのレバレッジ取引に興味があるなら、DMMビットコインをチェックしてみよう。

トロン(TRON/TRX)投資のリスク/注意点

トロンの投資リスク・注意点について解説していく。

トロンに投資する上で予め押さえておきたい点をチェックしていこう。

大きいボラティリティと価格が下落するリスク

まず、はじめに挙げられるのが「大きなボラティリティと価格が下落するリスク」だ。

前提として、仮想通貨は他の一般的な金融商品と比較しても、非常にボラティリティが大きく、価格変動が激しい。

このことから、大きな損失が発生する可能性も当然高くなる

また、何らかの原因で、トロンが大きく価格を落とす可能性も考えられる。

トロンはDPoSというどちらかと言うとマイナーなコンセンサスアルゴリズムを利用していたり、イーサリアムと比較すると運用期間が短いといった点から、潜在的なリスクを抱えていると言えるだろう。

仮に、何らかの技術的な欠陥が発見された場合などには、大きな価格下落が発生する可能性は否定できない。

競合や新興プロジェクトの登場

トロンのように、スマートコントラクトを実装しており、高い処理性能をアピールしているチェーン・プラットフォームは多い

スマートコントラクト実装・高い処理性能をアピールという特徴から考えると、例えば以下のようなチェーンが競合となる可能性がある。

トロンと特徴が似ているチェーン、プラットフォーム
  • BSC
  • Solana
  • Avalanche
  • イーサリアムのL2系ソリューション

もちろん、各チェーンごとに強みがあるものの、競合として存在していることは認識しておいたほうが良いだろう。

また、仮想通貨は日々進化が著しく、新興プロジェクト・チェーンが登場し、トロンの人気が低下する可能性も否定できない。

仮想通貨に関する情報を収集し、トロンの競合となりそうな存在は随時チェックしておくのがおすすめだ。

トロンのTRXの価格が下落するリスクを気にしている方は、DMMビットコインのレバレッジ取引を検討してみよう。

DMMビットコインであれば、TRXの価格が下落した場合でも、レバレッジ取引で売りから入ることで、利益を出していける。

仮想通貨の運用の柔軟性を上げていきたいという方は、DMMビットコインをチェックしてみて欲しい。

トロン(TRON/TRX)投資におすすめの取引所

これから、トロン投資におすすめなトロンが購入可能な取引所について解説していく。

トロンの購入にあった取引所を見つけていこう。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

引用元:DMM Bitcoin公式サイト
銘柄数レバレッジ:20種類
現物:13種類
最低取引単位(BTC)0.0001BTC
取引手数料無料
(BitMatch 除く)
取引ツールスマホ:◯
PC:◯
公式サイトDMM Bitcoin公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判

DMMビットコインは、DMM.comにより運営されている仮想通貨取引所だ。

DMMビットコインの大きな特徴に「レバレッジ取引」が挙げられる。

DMMビットコインは20種類以上の銘柄を、レバレッジ取引で取り扱い可能になっており、レバレッジ取引における国内最多数の銘柄数となっている。

現物も13種類扱っているため、トロンはもちろん、BTCETHなど代表的な仮想通貨であれば取引可能だ。

スマホでスピード本人確認を利用すれば「最短1時間から口座開設」が可能になっており、利便性も高い。

トロンで現物取引・レバレッジ取引を利用したい方、すぐにトロンを取引したいといった方は、DMMビットコインをチェックしてみよう。

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINT-top
引用元:BITPOINT公式サイト
銘柄数現物:21種類
最低取引単位(BTC)0.00000001BTC
取引手数料無料
取引ツールスマホ:◯
PC:◯
公式サイトBITPOINT公式サイト

次に紹介するのが、BITPOINTだ。

BITPOINTの特徴は豊富な現物取引の銘柄数と取引手数料の安さだ。

BITPOINTでは、21種類を超える仮想通貨を取引できる。

21種類の中には、DEAPcoinのような取り扱っている取引所が少ない仮想通貨も取引可能になっている。

また、BITPOINTでは取引手数料・入出金(実費負担あり)など、手数料が設定されがちな項目が無料になっている。

「豊富な現物を取引を取引したい」「リーズナブルな手数料で取引がしたい」といった方は、BITPOINTをチェックしてみよう。

Huobi Japan

引用元:Huobi Japan公式サイト
銘柄数現物:22種類
通貨ペア:53種類
最低取引単位(BTC)2円から
取引手数料コインにより異なる

取引ツール
スマホ:◯
PC:◯
公式サイトHuobi Japan公式サイト

最後に、紹介するのがHuobi Japanだ。

Huobi Japanの特徴は「豊富な通貨ペア」が挙げられる。

Huobi Japanでは「JPY」「BTC」「ETH」「HT」を軸に、53種類の通貨ペアで取引が可能となっている。

国内最多数の通貨ペアとなっており、仮想通貨対仮想通貨の取引に強い。

「BTCやETHなど、すでに保有している仮想通貨でトロンを購入したい」といった方は、Huobi Japanをチェックしてみよう。

トロン(TRON/TRX)の今後の予想のまとめ

この記事では、トロンについてさまざまなポイントを解説した。

トロンにはさまざま競合やリスクが見られるものの、注目したい仮想通貨であることには間違いない。

この記事のまとめ
  • トロンはスマートコントラクトを実装したプラットフォーム
  • クリエイターにフォーカスしている
  • EVMと互換性がある
  • DPoSを採用
  • 今後プロダクトの開発が進むことで大きな可能性を持つ
  • 競合のチェーンも見られる

トロン保有者も、そうじゃない人も、今後もトロン周辺の情報は注視していこう。

また、トロンの価格変動は激しく、下落相場が続くこともある

そういった相場に頭を悩ませている方は「DMMビットコイン」をチェックしてみよう。

DMMビットコインであれば、レバレッジ取引でトロンを取引し、売りからポジションを持つことで下げ相場でも利益を出していくことが可能だ。

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

TRON

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる