Sweatcoin(スウェットコイン)の特徴や始め方/稼ぎ方を徹底解説

Sweatcoin

1億人を超えるユーザーが利用しているSweatcoin。

Sweatcoinは歩くだけで仮想通貨を稼げるM2E系(Move To Earn)プロジェクトの1つだ。

Sweatcoinは、ユーザーの多さや手軽さから現在注目が集まりつつある。

この記事では、Sweatcoinにフォーカスを当てて、Sweatcoinとは?という基本的な部分から、効率的に仮想通貨を獲得する方法、将来性・上場などについて解説している。

この記事からわかること
  • Sweatcoinは歩くだけで仮想通貨を獲得できるM2E系プロジェクト
  • 1億人を超えるユーザーが居る
  • STEPNとは違って初期費用が不要
  • すでに何らかの商品と交換することも可能
  • デイリー2倍ブーストなどを活用し効率アップも可能

Sweatcoinは今後上場が期待されており、Sweatcoin内アプリで稼いだSWCなどを元に、9月12日には仮想通貨の発行(mint)も行われる。

上場して他の仮想通貨との換金が可能になったとしても、日本円への換金には「国内仮想通貨取引所の口座」が必要だ。

まだ、仮想通貨取引所の口座開設が済んでいないなら、LINE BITMAXをチェックしてみてほしい。

LINE BITMAXであれば、日頃から利用しているLINEから口座開設〜取引が可能で、取引画面もシンプルなため、初心者にも利用しやすいだろう。

\ 最短5分で申込完了! /

目次

Sweatcoin(スウェットコイン)とは

Sweatcoin
引用元:Sweatcoin公式サイト
シンボルSWC
現在の価格不明(未上場)
時価総額不明(未上場)
ユーザー数1億人以上
公式サイトSweatcoin公式サイト
関連記事おすすめの仮想通貨ランキング

Sweatcoinは、歩いて仮想通貨が稼げるM2E(Move To Earn)系のプロジェクトの1つだ。

Sweatcoinでは、1,000歩くごとに1SWCを獲得することが可能になっている。

2022年7月時点ではSWCは上場していないことから、他の仮想通貨に換金することはできないが、今後上場が期待されている。

今後、Sweatcoinが上場することで他の仮想通貨との換金が可能となり、日本円への換金も可能になるだろう。

日本円の換金には「国内仮想通貨取引所」が必要になるため、Sweatcoinを利用している or 利用予定の方は、Sweatcoinが上場する前の段階で口座開設をしておこう。

国内仮想通貨取引所への口座開設が済んでいないという方は「LINE BITMAX」をチェックしてみてほしい。

LINE BITMAXであれば、LINEから気軽に口座開設〜取引ができるため、仮想通貨初心者の方でも合っても気軽に仮想通貨取引をスタートできるだろう。

\ 最短5分で申込完了! /

Sweatcoin(スウェットコイン)の特徴

これから、Sweatcoinの特徴について「ユーザーが多い」「NFTがなくても稼げる」「すでに消費先がある」という観点から解説していく。

Sweatcoinの強みや注目したい点をチェックしていこう。

多数のユーザーを抱えている

SweatcoinのSWCは、上場していないものの、Sweatcoinの自体はすでにアプリはリリースされている。

このアプリのユーザー数はすでに1億人を超えており、仮想通貨関連のプロジェクトでは最大級の規模になっている。

Sweatcoinによると、ヘルスケア・フィットネス系アプリにおいて、2022年もっともダウンロードされたアプリのようだ。

多数のユーザーを抱えている = SWCの価格が上がるという訳ではないが、マーケティングや知名度の観点では大きなポテンシャルを持っていると言えるだろう。

NFTがなくても稼げる

Sweatcoinは、仮想通貨を稼ぐにあたってNFTを保有・購入などの初期費用が不要だ。

通常の他のM2E系プロジェクトでは、仮想通貨を稼ぐ前の段階でNFTを購入する必要があるものが多い。

このため、プロジェクトによって異なるものの、稼ぐにあたって数千円〜数十万円程度の初期費用が必要になるだ。(NFTの購入費用)

例えば、代表的なM2E系プロジェクトであるSTEPNでは、靴をイメージしたNFTを購入する必要がある。

靴の値段は、タイミングやレアリティなどによって変化するものの、数万円することも少なくない。

多くの方にとって、数万円という初期費用は大きなハードルとなるだろう。

その点、Sweatcoinは無料で気軽にスタートすることができる。

この点が、Sweatcoinのユーザーの多さにもつながっている可能性もあるだろう。

多数の消費先が用意されている

SweatcoinのアプリではSWCを用いて商品と交換することも可能となっており、予め多数の消費先が用意されている。

上場前にも掛からず、SWCを間接的に換金することが可能なのだ。

2022年7月28日時点で、Sweatcoin内では以下のような商品が用意されている。

Sweatcoinに用意されている商品
  • 美容グッズ
  • 50EA ギフトカード
    (EAはゲーム会社)
  • アクセサリー

(時期によってライナップは変化し、人気のものは在庫切れになることも少なくない)

また、SWCを用いて寄付なども可能になっている。

上記のような特徴を持つSweatcoinが上場した場合、日本円への換金を行うには国内仮想通貨取引所での口座が必要になる。

まだ、口座開設を行っていないという方は「LINE BITMAX」をチェックしてみてほしい。

LINE BITMAXなら、LINEから簡単に口座開設を行うことが可能で、仮想通貨にハードルを感じている方でも気軽にスタートできるはずだ。

\ 最短5分で申込完了! /

Sweatcoin(スウェットコイン)の最新情報

ここからは、Sweatcoinの最新情報を紹介する。

Sweatcoinの最新情報
  • Sweat Wallet アプリをリリース
  • 2022年9月13日に上場予定
  • Sweatcoinのミント難易度上昇

それぞれの情報について、詳しく見てみよう。

Sweat Wallet アプリをリリース

Sweat Economyチーム(運営チーム)は8月25日、Sweat Walletアプリのリリースを発表した。

A new cryptocurrency deserves a new app. The Sweat Wallet is introducing millions of people to Web3.
Download it now

Twitter

もともとSweatcoinアプリは存在していたが、その機能をバージョンアップさせたものとしてリリースされた。

SWEAT_SweatWalletアプリ

実装中、もしくは今後実装予定の機能として、以下のようなものが挙げられる。

Sweat Wallet アプリの機能
  • 実装中の機能
  • Sweatcoinの管理
  • Sweatcoinの獲得
  • 報酬の受け取り
  • 実装予定の機能
  • デビットカード・クレジットカードを使って仮想通貨を購入
  • Sweatcoinを他の仮想通貨と交換 など

バージョンアップ前のSweatcoinアプリを使っている人は、Sweat Wallet アプリを新たにダウンロードすることで、保有しているSweatcoinを仮想通貨に変更することができる。

2022年9月13日に上場予定

Sweat Economyチームは2022年8月24日、SNSの「Medium」にて、2022年9月13日にSweatcoinが上場する予定であることを発表した。

The Sweat Wallet app is the hub of token utility. At the Token Generation Event (September 13th), SWEAT will be live in your Sweat Wallet app.

mediun.com

上場前においては、Sweatcoinはアプリ内でしか使えないものであったが、上場することで、他の仮想通貨・法定通貨への交換が可能になる。

なお、上場後、「Sweatcoin」は「SWEAT」の呼称に変更となる予定である。

また、この日のTGE(トークン生成イベント)は、Sweatウォレットアプリでライブ配信されるそうだ。

その際、ユーザーはSWEATを賭けることができ、賭け金に応じて以下のような報酬が設定される。

報酬の例
  • 一流ブランド(アディダス、アマゾン、ナイキなど)のクーポンチケット
  • イベント(スポーツやコンサート)のチケット
  • ステーブルコイン(USDt、USDC)

より多くのSWEATを賭けた人は、より良い報酬を受け取ることができる。

Sweatcoinのミント難易度上昇

2022年8月3日、Sweat Economyチームは「Medium」にて、Sweatcoinの難易度上昇について以下のように述べた。

SWEAT will become exponentially more difficult to mint with time. The supply of SWEAT is uncapped, so that people can mint SWEAT forever.
The increasing minting difficulty will increase the scarcity of SWEAT. The effect will be rapid, and in real-time.

medium.com

Sweatcoinには供給の上限が無いため、人々は永遠にSweatcoinをミントすることができる。

しかし、年月が経つにつれ、ミントの難易度は上昇していく。

現時点では、以下のように難易度が変化することが予測されている。

SWEAT_ミントの難易度

TGE(トークン生成イベント)の時点では、1,000歩でSweatcoin1枚、つまり1SWEATのミントができる。

ところが、この予測によると、TGEの後はミントの難易度が徐々に上がる。

2023年には難易度は3倍となり、1,000歩で0.33SWEATしか稼げなくなる。

さらに、その後も同様に難易度は上がり続け、2032年には1,000歩歩いても0.02SWEATしか増えない予測だ。

難易度はリアルタイムで変化するため、たとえば同じ日だとしても、夜に散歩するよりは朝に散歩するほうが楽に稼げるのである。

Sweatcoin(スウェットコイン)の始め方

これから、Sweatcoinのはじめ方について解説していく。

Sweatcoinのダウンロードから実際にSWCを稼ぐまでをチェックしていこう。

Sweatcoinをダウンロード

まず、はじめにSweatcoinをはじめるには、Sweatcoinのアプリが必要だ。

Sweatcoinは、iOS・Androidどちらのスマホであっても対応している。

Google PlayもしくはApp Storeからダウンロードを進めてほしい。

登録や連携を済ませる

Sweatcoinは、はじめるに前に簡単な登録と各ヘルスケアアプリとの連携が必要だ。

以下の手順で、Sweatcoinの初期設定を進めていこう。

Sweatcoinの初期設定
  1. 何らかの方法でサインイン
    (Apple IDなど)
  2. ヘルスケアと連携
    (iPhone場合)
  3. 歩数のデータを提供することを許可

上記で、Sweatcoinを利用するための準備は完了だ。

登録と聞くと面倒に感じられるかもれないが、実際にはじめてみるとそれほど難しくない。

実際に歩きはじめる

次に、実際にSweatcoinを利用して、歩きはじめよう。

しっかりと連携が済んでいると、Sweatcoinアプリ内左下から選択できるホーム画面(アプリを開いてはじめの画面)に、歩数がカウントされているはずだ。

このカウントされた歩数に応じて、SWCは配布されていく。

前述の通り、1,000歩あたり1SWCを獲得可能だ。

稼いだSWCは、上場などに伴って取引可能になるだろう。

SWCなどを日本円へ換金するには、国内仮想通貨取引所の口座が必要になる。

「LINE BITMAX」であれば、LINEから簡単に口座開設を行うことができる。

日々慣れ親しんでいるメッセンジャーアプリのLINEが開発しているということもあって、初心者でも取引しやすいようにシンプルな画面から仮想通貨取引が可能だ。

SWCの換金などに伴って、気軽に仮想通貨取引を始めたいという方は、LINE BITMAXをチェックしてみてほしい。

\ 最短5分で申込完了! /

Sweatcoin(スウェットコイン)の稼ぎ方/攻略方法

これから、Sweatcoinの稼ぎ方・攻略方法について解説していく。

これから解説する内容を参考にして、効率よくSWCを稼げるようになっていこう。

とりあえず歩く

Sweatcoinで稼ぐなら「取り敢えず歩く」というのが前提だ。

前述の通り、1,000歩あたり1SWCが稼げるため、1万歩で10SWC・10万歩で100SWCを稼ぐことができる。

歩くと聞くと、ハードルが高く感じられるかもしれないが、Sweatcoinの仮想通貨付与となるハードルはそれほど高くない。

例えば、STEPNでは対象となるカウントなるために操作が必要だったり、歩く or 走る速度などを気にしないといけないなど、ハードルが高い。

しかし、Sweatcoinでは歩数に応じてシンプルにSWCが配布されるため、速度制限といった要素が無く、気軽に稼ぎやすいだろう。

普段から通勤・通学などで日頃から歩くという方であれば、知らないうちにSWCが貯まっているなんてことも考えられる。

デイリー2倍ブーストを活用する

Sweatcoinでは「デイリー2倍ブースト」という機能がある。

デイリー2倍ブーストは、ブーストを利用した時点から20分間、獲得できるSWCが2倍になるというものだ。

デイリーということもあって、1日1回しか利用できない。

このため、ランニング前や通勤・通学など、予め一定距離を歩くことが分かっているときに利用するのがおすすめだ。

各種特典を活用する

Sweatcoinでは、前述したような歩くという要素の他にも「特典」を活用することで、SWCを効率よく獲得することもできる。

一例として、以下のようなものが挙げられる。

機能名概要
招待友達を招待することでSWC獲得
デイリーリワード毎日1回用意されているリワードを開くことで、SWCを獲得
(歩数に応じてアンロックされる)
クイズ(不定期で開催)何らかのクイズに正解した者の中から、抽選でSWC配布

歩くだけでどうしても限界が出てくるため、上記のような特典を活用することで、効率を上げていくと良いだろう。

今後稼いだSWCが上場することで、他の仮想通貨と換金していくことが可能になる。

日本円への換金には国内仮想通貨取引所の口座が必要となるため、まだ持っていない方は予め口座開設を済ませておこう。

「仮想通貨の口座開設にハードルを感じている」という方は、LINE BITMAXをチェックしてみよう。

LINE BITMAXであれば、LINEから簡単に口座開設を行うことができるため、口座開設に伴いストレスを感じることはないずだ。

\ 最短5分で申込完了! /

Sweatcoin(スウェットコイン)の使い方

これから、Sweatcoinの使い方について、各画面に応じて解説していく。

Sweatcoinの各機能・画面の使い方をチェックしていこう。

ホーム画面の使い方

はじめに、Sweatcoinのアプリ内で、左下の家のマークをしている箇所を「ホーム画面」と呼称して解説していく。

こちらの画面では、主に「Sweatcoinの歩き」に関するさまざまな情報や機能を利用することが可能だ。

今日の歩数はもちろん、デイリー2倍ブーストのオン・オフ、デイリーリワードのチェックなどを利用できる。

Sweatcoinを利用するときは、基本的にこの画面を中心に、操作していくことになる。

ショッピング画面の使い方

次に、Sweatcoinアプリ内の中央左下を「ショッピング画面」と呼称して解説していく。

ショッピング画面では「SWCを用いた交換や寄付」が可能だ。

主に、SWCを消費する画面という認識で大丈夫だ。

ショッピング画面では、前述したような商品との交換や寄付などが可能になっている。

ただし、このショッピン画面のライナップは頻繁に変わりがちなため、気になる商品があったときは実施期間などをチェックしておくのがおすすめだ。

ウォレット画面の使い方

最後に、Sweatcoinアプリ内の中央右下を「ウォレット画面」と呼称して、さまざな点を解説していく。

ウォレット画面では、主に「SWCの管理」が可能だ。

SWCを何に使ったか?どのくらいのSWCをどうやって獲得したか?といった点をチェックできるようになっている。

SWCの収支をチェックしたくなったら、このウォレット画面をチェックしてみよう。

Sweatcoin(スウェットコイン)の今後の予想/将来性

これから、Sweatcoinの今後の予想や将来性について解説していく。

Sweatcoinのこれからをチェックしていこう。

ヘルスケア関連の機関と連携

Sweatcoinは、NHSと提携して健康問題に取り組むプログラムなどを開発したことを明らかにしている。

NHSとは、イギリスの公的な健康保険のことだ。

Sweatcoinが公開しているデータによると、NHSでは予算全体の10%が糖尿病の合併症治療などに当たれらている実情があるものの、糖尿病予防プログラムの完了率は20%に留まっている。

このような自体を解決するために、SweatcoinとNHSが協力関係を持ち、Sweatcoinの持つノウハウなどを利用して健康的な生活を送るためのプログラムなどを設計・開発しているようだ。

このようなヘルスケア関連の機関との提携や事業は、Sweatcoinと相性が良いと考えられ、今後もこのようなケースが出てくる可能性もあるだろう。

Sweatcoinの上場

具体的な日時は発表されていないものの、Sweatcoinは今後上場が期待されている。

というのも、Sweatcoinの公式サイトでは、9月12日にSWEATのローンチが予定している旨が公表されている。

このタイミングでSweatcoinで稼いだSWCを、チェーン上で取り扱える仮想通貨と交換できるようになる可能性が高い。(Sweatcoinではmintと表現。mintは発行を意味する)

ただし、ローンチ = どこかの取引所への上場を意味するとは限らず、まだ上場に関する情報は不透明なことが多い。

引き続き、上場に伴う情報には注視していきたいところだ。

利用者としては、予めSWCを換金できる環境を整えておくことくらいしかできない。

日本円への換金では、国内仮想通貨取引所への換金が必要だ。

まだ、国内仮想通貨取引所への口座開設が済んでいないという方は、LINE BITMAXをチェックしてみてほしい。

LINE BITMAXであれば、日頃から慣れ親しんでいるLINEから気軽に仮想通貨取引をスタートすることが可能だ。

\ 最短5分で申込完了! /

sweatcoin(スウェットコイン)に関するQ&A

STEPNとの違いは何ですか?

SPTENとの違いは主に「初期費用」と「容易さ」が挙げられる。

STEPNでは、靴をイメージしたNFTの購入に初期費用が必要で、場合によっては数万円〜数十万円するケースもある。

また、STEPNには靴の修理や歩行速度など、稼ぎの効率を左右する要素が複数存在している。

一方で、Sweatcoinは初期費用が不要であり、STEPNほどの複雑さもない。

SWEAT WALLETとは?

SWEAT WALLETは、ローンチが予定されているSweatcoin関連の仮想通貨を管理するウォレットアプリだ。

Sweatcoin用のウォレットというイメージに近しい。

SWEAT WALLETでは、仮想通貨の管理・ステーク・各WEB3アプリなどからの連携などが可能になる予定だ。

仮想通貨におけるウォレットとは、仮想通貨を保管しておく場所を指す。(厳密には秘密鍵の管理を行う場所)

Sweatcoin(スウェットコイン)のまとめ

この記事では、Sweatcoinについて解説した。

この記事のまとめ
  • Sweatcoinは歩くだけで仮想通貨が獲得できるアプリ
  • STEPNよりも簡単に始められる
  • SWCと交換できる商品なども容易されている
  • さまざまな機能を活用すると効率を上げることができる
  • 今後上場なども期待できる

Sweatcoinは、ユーザー数の多さなどから現在注目が集まっている。

今後、上場なども期待されているため、動向に注視していきたいと言えるだろう。

Sweatcoinが今後上場した場合、日本円への換金なども可能になると考えられるが、日本円への換金には「国内仮想通貨取引所の口座」が必要だ。

まだ、国内仮想通貨取引所の口座開設が済んでいないなら、LINE BITMAXで口座開設を済ませておこう。

LINE BITMAXは、LINEから口座開設から取引までが可能な取引所となっているため、気軽に国内仮想通貨取引所の口座を持つことができる。

また、慣れ親しんだLINEが運営している仮想通貨取引所ということもあって、取引画面がシンプルで初心者でも使いやすいだろう。

はじめての仮想通貨はLINE BITMAXでスタートしよう。

\ 最短5分で申込完了! /

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

Sweatcoin

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる