株式投資の勉強法は?初心者におすすめの方法や基本知識を徹底解説

株 勉強

日本人の多くにとって、投資は日常生活とあまりかかわりのない事柄だった。

しかし、老後2,000万円問題などがきっかけとなり、かつてないほどの投資熱が高まりを見せている。

今回は投資の代表格である株式投資について、勉強の重要性や株式投資の仕組み、投資で勉強する10の内容、勉強するための5つの方法、おすすめの証券会社、よくある質問などについてまとめる。

今回の記事でわかること
  • 株式投資について勉強すると投資の成功率が上がる
  • 投資家は株式を購入することで会社に出資し、その見返りとして配当金や株主優待を得る
  • 株式投資で勉強することは証券市場の基本的ルール、株式を購入するまでの流れ、証券会社の選び方、ファンダメンタルズやチャートの見方、基本的な経済ニュース、配当金や株主優待についての知識、iDeCoやNISAについての知識、税金に関する知識の計10点である。
  • 勉強方法には証券会社の公式サイトで学ぶ、書籍で学ぶ、新聞で学ぶ、個人のサイトで学ぶ、動画で学ぶの5つの方法がある。
  • おすすめの証券会社はLINE証券SBI証券PayPay証券楽天証券
  • なかでもスマートフォンでの取引が中心ならLINE証券が参考になる

少額投資について知りたいならLINE証券が非常に参考になる。

LINE証券では「いちかぶ」サービスを展開しているため、大手企業の株式でも数百円から購入可能だ。

「いちかぶ」の内容について知りたければ、LINE証券の公式サイトなどで確認して欲しい。

目次

株式投資での勉強の重要性

株式投資を勉強にはどのような意味があるのだろうか。

勉強の意味やメリットについて整理する。

株式投資での勉強の重要性
  • 株式投資を勉強する意味
  • 株式投資を勉強するメリット

株式投資を勉強する意味

株式投資の勉強するのは株式投資の成功率を上げるためである。

株式投資で成功するには様々な知識が必要であり、それらの必要知識を身につけることで株式投資での成功率アップできる。

たとえば、株式投資に必要な情報はどこから入手すればよいのか、チャートの読み方やテクニカル分析はどうすればよいのかといった知識を勉強せずに取引をしてしまうと、大きな失敗をする可能性がある。

だが、株式投資についてしっかり勉強することで大損失を避け、勝率を上げられるのだ。

株式投資を勉強するメリット

株式投資を勉強するメリットは以下の3つである。

  • 資金を大きく増やせるチャンスがある
  • 配当金や株主優待などで定期的な収入・サービスが得られる
  • 経済に関する理解が深まる

株式投資で売買に成功すると、手持ち資金を大きく増やせる。

加えて、企業が株主に対して定期的に支払う配当金を得られ、定期的な収入を確保できるというメリットもある。

売買で得られる利益をキャピタルゲイン、配当で得られる利益をインカムゲインというが株式投資を勉強することで、この2つの収入を得られる可能性が高まる。

また、株主優待による経済的なメリットも得られるだろう。

加えて、株式投資の勉強を通じて経済に関する理解が深まり、職種によっては仕事上のメリットともなるだろう。

メッセージアプリLINEの関連会社が運用するLINE証券は、スマートフォン一つで簡単に株式投資を行える。

見やすい画面で様々な投資情報を閲覧できるため、初心者でも安心して使いやすい証券会社だ。

LINE証券の取引ルールやツールの詳細はLINE証券の公式サイトで確認できるのでぜひ確認してみてほしい。

株式投資の仕組み

株式投資の仕組みを簡単に解説する。

企業は事業拡大に必要な資金を主に以下の3つの方法で調達する。

企業の資金調達方法
  • 銀行からの借り入れ
  • 保有している資産の売却
  • 証券市場から資金を調達

このうち、株式投資に関係するのは証券市場から資金を調達する場合だ。

企業は会社の権利の一部を「株式」という形にして証券市場に売り出す。

投資家は株式を購入することで会社に資金を提供(出資)し、その見返りとして配当金や株主優待といったインカムゲインを得るという仕組みだ。

株主は配当金や株主優待を得る以外にも収入を得る方法がある。

それが、株式の売却益を狙うキャピタルゲインだ。

キャピタルゲインは株式を購入したときと売却した時の差額によって利益を得る方法で、配当金や株主優待などのインカムゲインよりも短時間で大きな利益を上げられる。

しかし、購入時よりも大きな損失を出すキャピタルロスの可能性もあるのでハイリスク・ハイリターンな投資方法だともいえる。

このように、株式投資はある程度のリスクを負わなければならない投資である。

リスクを減らす方法の一つ、小さな投資資金で始めることだ。

LINE証券は「いちかぶ」(単元未満株)を取り扱っているため1株数百円から投資できるため、リスク軽減が可能だ。

また、「いちかぶ」は売買単位である単元株数未満で株式を購入可能で配当金も受け取れる。

企業側の条件を満たせば「いちかぶ」でも株主優待を受け取れるため、メリットが多い仕組みだといえる。

株式投資で勉強すること

株式投資について勉強する10の要素は以下のとおりである。

株式投資で勉強すること
  • 証券市場の基本的なルール
  • 株式を購入するまでの流れ
  • 証券会社の選び方
  • ファンダメンタルズの見方
  • チャートの見方
  • 基本的な経済ニュース
  • 株式投資のリスク
  • 配当金や株主優待について
  • NISAやiDeCoについて
  • 株式投資に関する税金について

証券市場の基本的なルール

1点目の要素は証券市場の基本的なルールである。

証券市場では売買について「価格優先」と「時間優先」の2つのルールを採用している。

「価格優先」とは買値であれば最も高い値段の注文が、売値であれば最も安い値段の注文が優先されルールだ。

「時間優先」とは価格が同じ注文の場合、受付時間が早い注文が優先されるというルールだ。

この2つの原則に従うことで、証券市場は公平な取引を維持している。

株式を購入するまでの流れ

2点目の要素は株式を購入するまでの流れだ。

購入するまでに必要な流れは3段階に分かれる。

株式を購入するまでの流れ
  • 証券会社にアカウントを開設して入金
  • 銘柄と購入数量を決定
  • 株式の購入を指示

最初に証券会社にアカウントを作成し、取引に必要な資金を入金する。

証券会社の選び方は後述するが、手数料や取引ルールなどを比較検討したうえで自分に最も合う証券会社を選ぶべきだろう。

ついで、購入銘柄と購入数量を決定する。

銘柄や数量の注意点は、ファンダメンタルズの見方の項目やチャートの見方で後述する。

そして、最終的に株式の購入指示を出す。

注文方法は希望価格を指定する「指値注文」と注文成立を優先する「成行注文」がある。

どちらの注文にもメリット・デメリットがあるので、自分が置かれている状況を踏まえてどちらの注文にするか決めるべきだろう。

証券会社の選び方

3点目の要素は証券会社の選び方だ。

証券会社を比較する基準は以下のとおりである。

証券会社の選び方
  • 手数料などの取引コスト
  • 取扱商品の種類
  • ツールの使いやすさ
  • 情報量

まず、手数料などのコスト面での比較は重要だ。

特に、取引回数を多くしようと考えているなら一度の取引でどのくらいのコストがかかるかしっかりと計算しておかなければ手数料負けになりかねないからだ。

取り扱う商品ラインナップも重要だ。

最近は日本株だけではなく米国株を扱う証券会社が増加し、投資の幅が広がっているからだ。

取引に使うツールの使いやすさも重要な要素だ。

デモ取引などができるなら、それを試しつつ使い心地を確認したほうが良いだろう。

また、証券会社が提供する情報量も重要な比較ポイントだ。

証券会社の中には初心者対応に力を入れているところもあるため、基本知識を学ぶ上で大きな助けとなるだろう。

ファンダメンタルズの見方

4点目の要素はファンダメンタルズの見方だ。

経済指標や政治、金融政策といったマクロなファンダメンタルズはもちろんのこと、各企業の業績や財務状況といったミクロのファンダメンタルズも知っておく必要がある。

ファンダメンタルズを見ることで、現在の株価が割高か割安かを判断する目安にできるのだ。

チャートの見方

5点目の要素はチャートの見方だ。

過去の株価の値動きであるチャートを分析して今後の株価を予測する方法をテクニカル分析という。

たとえば、短期の移動平均線が中期の移動平均線を下から上に抜くと株価上昇の兆しである「ゴールデンクロス」、反対に短期の移動平均線が中期の移動平均線上から下に抜けると株価下落のサインである「デッドクロス」と分析する手法だ。

ファンダメンタルズ分析と併用することで株価の動きを予想する材料にすることができる。

基本的な経済ニュース

6点目の要素は基本的な経済ニュースだ。

株式相場はさまざまな経済ニュースの影響を受ける。

国内外の景気動向や為替、選挙などの政治情勢、国際紛争、主要国の政治的な動き、物流など様々な要素が株価変動の要因となる。

現に、新型コロナウイルスの流行やアメリカ大統領選挙、ウクライナ戦争などは日本の株価にも大きな影響を与えている。

こうしたニュースも織り込みつつ、市場で株価が決定されると考えるべきだろう。

株式投資のリスク

7点目の要素は株式投資のリスクだ。

株式投資は銀行預金などと異なり元本保証されていない。

元手を大きく増やせる可能性がある半面、元本を大きく減らしてしまう可能性もあるのだ。

それを踏まえ、株式投資は生活資金と関わりない余剰資金で行い、万が一すべてを失っても生活に支障がない資金を投入するべきだろう。

配当金や株主優待について

8点目要素は配当金や優待についてだ。

配当金や優待について
  • 配当金について
  • 株主優待について

配当金について

配当金とは株式を保有している投資家が企業から受け取れる現金配当のことで保有株数に応じて支払われる。

保有株数が多ければ多いほど、配当も増加するのだ。

しかし、すべての上場企業(証券取引所で株式を売買している企業)が配当金を出しているわけではないため、事前に調べておく必要がある。

株主優待について

株主優待とは、企業が株主に対して行うプレゼントだ。

自社製品や自社サービスの優待券などを株主優待として贈るのが主流だが、地元の名産品やクオカード、お米券、地元の名産品などを優待品とする場合もある。

優待についても実施している企業としていない企業があり、中には一定数以上の株式保有や一定期間の株式保有が条件となっているケースもある。

よって、配当金と同様、株式購入前にしっかり調べておかなければならない。

NISAやiDeCoについて

9点目の要素はNISAやiDeCoだ。

NISAやiDeCoについて
  • NISAについて
  • iDeCoについて

NISAについて

NISAとは「少額投資非課税制度」の略称で、文字通り、少額投資に関する配当金・分配金・譲渡益が最長5年間非課税となる仕組みである。

この制度を活用すると20%(復興特別税を含むと20.315%)の課税が免除される。

現行のNISAは年間120万円まで非課税だが、2024年以降はつみたて投資分で20万円、それ以外の投資で102万円分の非課税枠が与えられる。

それでも大きな節税効果が得られるだろう。

iDeCoについて

iDeCoとは「個人型確定拠出年金」のことで、公的年金にプラスして受け取れる私的年金制度のことだ。

iDeCoの非課税枠は非常に大きいものの個別株式の購入はできない。

しかし、iDeCoで選択できる投資信託の中には日本株やアメリカ株を中心としたものがあるため、株式投資の知識を生かすことができるだろう。

また、iDeCoで選べる投資信託の中に含まれる株式は継続して購入される可能性が高いので、他の株式よりも価格変化に強いという特性もあるので個別株購入の参考にできる。

株式投資に関する税金について

10点目の要素は株式投資に関する税金についてだ。

株式投資に関する税金について
  • 税率
  • 確定申告の有無

税率

NISAやiDeCoといった非課税枠を利用していない限り、株式で得た利益は課税される。

売買で得た利益でも配当金でも税率は20.315%だ。

確定申告の有無

株取引を行う証券会社の口座には一般口座と特定口座の2種類がある。

一般口座は自分で税金の計算をして確定申告しなければならず、証券会社が1年の損益を計算してくれる特定口座では、源泉徴収なしとすると確定申告が必要となる。

税金計算になれていない初心者の場合、特定口座で「源泉徴収あり」としておくと負担を軽減できる。

株式投資について勉強する要素は多岐にわたるが、LINE証券を利用するとカバーしやすい。

たとえば、ファンダメンタルズに関する情報や最新の経済ニュースはメッセージアプリLINEからすぐに確認可能である。

公式ブログでは初心者向けの情報発信や新しい金融商品の説明などを見られる。

初めてで株式投資に不安がある人ほど情報を数多く発信しているLINE証券の公式サイトや公式ブログを見たほうが良いだろう。

株式投資を勉強する方法

株式投資について勉強するにはどうすればいいのだろうか。

代表的な5つの勉強方法を紹介する。

株式投資を勉強する方法
  • 証券会社の公式サイトで学ぶ
  • 株式投資について書かれた書籍で学ぶ
  • 新聞の経済面で学ぶ
  • 企業や個人のブログで学ぶ
  • 動画サイトで学ぶ

証券会社の公式サイトで学ぶ

1つ目は証券会社の公式サイトを利用して学ぶことだ。

各証券会社は顧客に対するサービスの一環として様々な情報を提供している。

アカウントを持っていないとみられない情報もあるが、多くの情報は公開されているため誰でも閲覧可能だ。

こうしたサイトを利用することで効率よく株式投資や経済ニュースについて学べるのだ。

株式投資について書かれた書籍で学ぶ

2つ目は株式投資について書かれた書籍で学ぶことだ。

書店の経済欄を見ると数多くの株式投資関連書籍が発売されている。

また、週刊・月刊・季刊で発行される投資関連の雑誌で株式投資について学ぶこともできるだろう。

ただし、あまりにも発行年が古い書籍だと情報が古すぎて使えないこともあるので、発行年には十分注意するべきだ。

新聞の経済面で学ぶ

3つ目は新聞の経済欄で学ぶことだ。

新聞には政治面や社会面などともに経済面のページがあり、そこで最新のニュースなどについて知ることができる。

中でも日本経済新聞は経済に関わるニュースが充実しているので投資の勉強したい人におすすめだ。

また、複数の新聞を比較することで新たな視点を手に入れられる可能性がある。

多くの公立図書館ではその地域の複数の新聞を閲覧可能であるため、これを利用するという方法もある。

企業や個人のブログで学ぶ

4つ目は企業や個人のブログで学ぶことだ。

企業やメディアが運営するブログでは投資家にとって有用な情報を掲載していることが多い。

そういったサイトを積極的に利用することで、学習効率をアップさせられるだろう。

しかし、個人サイトの中には情報の偏りがある場合や特定のバイアスがかかっている可能性もあるので、利用にあたっては注意が必要だ。

動画サイトで学ぶ

5つ目は動画サイトで学ぶことだ。

文字情報よりも動画サイトを閲覧する方がわかりやすいといった声もあり、実際、勉強方法としては有効なものの一つだろう。

特に、図をふんだんに利用している動画やセミナー形式の動画は非常にわかりやすい。

ただ、これについても個人ブログと同じで情報の発信元や精度、情報の偏りなどに十分注意する必要がある。

個人サイトや動画サイトの注意点を踏まえると、最初は証券会社や公的な情報源を利用して勉強するのが無難であろう。

情報の精度もさることながら、手軽に情報をチェックできることも非常に重要な要素だ。

LINE証券はメッセージアプリLINEの関連会社が運営する証券会社であるため、スマートフォンでの閲覧性に優れている。

そのため、必要な情報をいつでも、どこでも、手軽に検索し閲覧することができる。

利便性に優れているのはLINE証券の長所といえるだろう。

株式投資する上でおすすめの証券会社

おすすめの証券会社4社を紹介する

株式投資する上でおすすめの証券会社
  • LINE証券
  • SBI証券
  • PayPay証券
  • 楽天証券

LINE証券

LINE証券-top
名称LINE証券
最低取引単位1株(数百円)
手数料55円~
外国株取扱なし
公式サイトLINE証券の公式サイト
関連記事LINE証券の評判

LINE証券は2019年にLINE Financialと野村ホールディングスの共同出資によって設立された証券会社だ。

取扱銘柄数こそ大手証券会社より少ないものの、1株から取引できる「いちかぶ」や1,000円からできるつみたて投資、3倍までのレバレッジをかけられる信用取引など様々なサービスを提供している。

特に「いちかぶ」は東京証券取引所が稼働していない夜の21時まで取引可能で、仕事で忙しい人でも取引に参入できるよう工夫されている。

外国株の取扱がないのは珠に瑕だが、米国株を含む投資信託を購入できるので弱点をカバーできるだろう。

SBI証券

SBI証券-top
名称SBI証券
最低取引単位1株(数百円)
手数料無料
外国株米国、中国、韓国、ロシア、ベトナム、シンガポール、インドネシア、タイ、マレーシア
公式サイトSBI証券の公式サイト
関連記事SBI証券の評判

SBI証券はSBIホールディングス傘下の証券会社でオンライン業務をメインとしている。

1株から取引できる「S株」や米国株など多数の外国株を扱っているのがSBI証券の魅力だといえる。

また、1日の約定金額が100万円以下の場合は手数料がかからないアクティブプランがあるため、少額取引でも利用しやすい証券会社だといえる。

さらに、投資信託やFX、債権、先物オプションも取り揃えているためバリーション豊富である。

PayPay証券

PayPay証券-top
名称PayPay証券
最低取引単位1,000円
手数料「基準価格」に0.5%を乗じた価格
外国株米国株
公式サイトPayPay証券の公式サイト
関連記事PayPay証券の評判

PayPay証券はソフトバンク系列の証券会社で、2021年に商号を「One Tap BUY」からPayPay証券に変更した。

PayPay証券のメリットは1,000円から株取引可能なことや1株からIPOに応募できることなどだ。

IPOは新規公開株のことで、注目されている企業のIPOの場合、高値を付けることがあるため非常に人気だ。

通常、IPOは1株から受け付けないがPayPay証券は1株からの応募も受け付けている。

楽天証券

楽天証券-top
名称楽天証券
最低取引単位原則、100株(単元未満株は扱わない)
手数料55円~
外国株米国株、中国株、アセアン株式
公式サイト楽天証券の公式サイト
関連記事楽天証券の評判

楽天証券はインターネット専業の証券会社だ。

手数料の安さと楽天ポイントを投資に利用できること、投資に関する豊富な情報を提供していることなどがメリットだ。

特に楽天ポイントは「楽天経済圏」と称される楽天関連のものやサービスの購入にも使え、かつ、貯めることができる点が好評だ。

ただし、単元未満株は取り扱っていないため取引開始前にある程度の資金を用意しなければならない。

株式投資の勉強に関するQ&A

株式投資の勉強に関するよくある質問を3点取り上げる。

株式投資の勉強に関するQ&A
  • 株式投資を始めるにはどの程度の資金が必要か?
  • 証券会社が倒産した場合、預けた株式や投資信託などはどうなるのか?
  • 複数の証券会社でアカウントを開設できるか?

株式投資をはじめるにはどの程度の資金が必要か?

開始するだけなら、数千円で十分だ。

しかし、有名な企業の株式を購入したいのであれば数十万円程度の資金を用意するべきだろう。

また、信用取引などを行いたい場合は資金管理が必要なため、余裕を持った資金を用意したほうが良いだろう。

証券会社が倒産した場合、預けた株式や投資信託などはどうなるのか?

証券会社が倒産しても顧客の資産は守られる。

金融商品取引法において、証券会社の資産と顧客資産の分離(分別保管)が義務付けられているため証券会社が倒産しても顧客資産は守られる。

ただし、取引によって発生した損失や企業の倒産による株式価値の下落は資産保護の対象ではないので注意が必要だ。

複数の証券会社でアカウントを開設できるか?

複数の証券会社でアカウントを開設できる。

各証券会社の審査をクリアすれば、複数のアカウントで取引することは可能だ。

しかし、それぞれの取引情報はトレーダーが自分で管理しなければならない。

インターネット専業の証券会社が増えるにつれ、トレードのためのツールも進化してきた。

なかでも、スマートフォン向けの取引ツールの使いやすさを追求してきたのがLINE証券だ。

https://line-sec.co.jp/

大きくて見やすい文字で、デザインがシンプルなため初心者でも非常に使いやすいのが特徴だ。

投資情報も非常に見やすいため、スマートフォンでの取引に最適といえるだろう。

株式投資の勉強のまとめ

今回は株式投資の勉強法について整理した。

今回の記事のまとめ
  • 株式投資について勉強すると投資の成功率が上がる
  • 投資家は株式を購入することで会社に出資し、その見返りとして配当金や株主優待を得る
  • 株式投資で勉強することは証券市場の基本的ルール、株式を購入するまでの流れ、証券会社の選び方、ファンダメンタルズやチャートの見方、基本的な経済ニュース、配当金や株主優待についての知識、iDeCoやNISAについての知識、税金に関する知識の計10点である。
  • 勉強方法には証券会社の公式サイトで学ぶ、書籍で学ぶ、新聞で学ぶ、個人のサイトで学ぶ、動画で学ぶの5つの方法がある。
  • おすすめの証券会社はLINE証券、SBI証券、PayPay証券、楽天証券
  • なかでもスマートフォンでの取引が中心ならLINE証券が参考になる

株式投資について勉強する理由は、投資の成功率を上げるためである。

そのためには10の基本的な要素について学ぶ必要があるだろう。

学ぶためには証券会社の公式サイトや書籍、新聞、個人サイト、動画サイトを利用できるが、情報の鮮度や信用性などに注意が必要だ。

しっかり学び、自己責任の上で投資することが重要だろう。

LINE証券は非常に見やすいツールを使用しており、「LINE投資部」では有用な情報を多数得られるため初心者からみても使いやすい証券会社ではなかろうか。

詳しい内容はLINE証券の公式サイトなどで確認できるが、投資は自己責任だということを踏まえしっかりと学ぶことをお勧めする。

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

株 勉強

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる