仮想通貨SOL(ソル)/Solana(ソラナ)の特徴や今後の見通し・将来性を解説

solana

ビットコインに次ぐ時価総額を持ち、アルトコインの代表銘柄として活躍しているイーサリアム(ETH)だが、近年では利用される場面が増えすぎて、スケーラビリティ問題を抱えるようになった。

そこで、近年注目されているのがイーサリアムを代替しうる可能性を秘めている「イーサリアム・キラー」である。

イーサリアム・キラー銘柄はさまざま存在するが、なかでも注目すべきが「ソラナ(SOL/solana)」だ。

今回の記事ではそんなソラナの今後について解説していく。

この記事からわかること
  • ソラナは1つの取引を0.4秒で可能にするスピードを秘めた、高速ブロックチェーンプラットフォームであること
  • 高速処理を可能にしているため、0.00025ドルの手数料で取引できること
  • 2022年に入り仮想通貨全体が弱気相場であるが、ソラナ自体の性能に問題はないため、今のうちに購入しておくのも1つの投資手法であること
  • ソラナを購入するためには、FTX Japanの利用が便利であること

ソラナの高速処理能力は魅力的でさまざまなプロジェクトで利用され始めている。

NFTマーケットプレイスNFTゲーム、DEX(分散型取引所)などで利用され始めているソラナは今後イーサリアムを代替しうる可能性もゼロではない。

そのため、今のうちに購入しておくと将来的に利益をあげることも可能だ。

もしソラナの将来性を期待して購入しておきたい人は、FTX Japanの利用がおすすめ

FTX Japanでは国内取引所で唯一ソラナを取り扱っているため、海外取引所を経由しなくても購入できる。

登録自体は簡単な個人情報を登録するだけなので、この機会にFTX Japanの口座を開設しておこう。

目次

ソラナ(SOL/solana)とは

SOL
引用元:https://solana.com/ja
通貨名ソラナ(solana)
ティッカーシンボルSOL
価格(2022年7月現在)5,574.75円
時価総額(2022年7月現在)1,929,014,135,757円
時価総額ランキング(2022年7月現在)9位
公式サイト公式サイトはこちら
関連記事仮想通貨取引所ランキング

ソラナ(SOL/solana)はスケーラビリティ問題の解決を目指すブロックチェーン。

スケーラビリティ問題とは?
  • ブロックチェーンの取引量が多すぎて処理速度が追いつかなく、取引の時間がかかったり手数料の高騰が起きたりする問題
  • 主にイーサリアム(ETH)のプラットフォームで起きている

2020年にローンチされた比較的新しいプロジェクトでありながらも、時価総額ランキングでは9位を記録

イーサリアム・キラーとして、スケーラビリティ問題の解消を目指すソラナへの期待の表れが順位に反映されている。

高速処理ができることや手数料の安さが特徴的ではあるが、近年ではネットワークに問題が発生しがち。

ネットワーク問題は投資家にとって致命的で、多くのユーザーがソラナから手を引いていることは間違いない。

実際にソラナは2022年の第1四半期と比べて、第2四半期の時価総額で70%近く減少してしまっている

「参考:ソラナ(SOL)の発展と課題・今後の重要イベントについて、Messari社レポート

しかし、ソラナのエコシステムは順調に拡大しているようで、セキュリティ体制は強化されつつある。

ネットワークへの信頼性さえクリアしてしまえば、将来的にはイーサリアムに取って代わる存在となってもおかしくはない。

ソラナの将来性に期待している人はFTX Japanで口座を開設しておき、弱気相場の今のうちに少量だけでも仕込んでおくと将来的に利益を狙える可能性がある。

ソラナ(SOL/solana)の基本的な特徴

ソラナ(SOL/solana)の特徴は以下の通り。

ソラナ(SOL/solana)の基本的な特徴について
  • 毎秒5万回のトランザクションが可能な高速処理機能
  • さまざまなプロジェクトが展開
  • NFT市場が拡大傾向

毎秒5万回のトランザクションが可能な高速処理機能

ソラナ(SOL/solana)は高速処理機能が特徴的。

ソラナのトランザクションは理論上1秒で5万回の処理を可能にしていて、他の通貨と比べ物にならないほどの速さを誇る。

以下にソラナと代表的な通貨のトランザクションスピードを掲載しておくので、自分の目で比較してみてほしい。

通貨名取引処理速度(1秒あたり)
ソラナ(SOL/solana)約5万
ビットコイン(BTC)5〜7
イーサリアム(ETH)約15
リップル(XRP)約1,500

以上のようにソラナの取引処理速度は他の銘柄よりも早いため、今後実用的な場面で利用される機会も増えていくだろう。

また、取引に時間がかからないソラナは手数料が安いのも特徴的。

1回あたりの取引にかかる手数料は0.00025ドル程度であるため、手数料を気にしないで取引に集中できる。

さまざまなプロジェクトが展開

ソラナ(SOL/solana)の利便性の高さはさまざまなプロジェクトに応用され、多くのDapps(分散型アプリケーション)に利用されている。

主にソラナを利用したプロジェクトは以下の通り。

NFT分野・Magic Eden
・Metaplex
・Solanart
DeFi(分散型金融)・Orca
・Serum
・Saber
ゲーム分野・Hoglympics
・Chainers.IO
・Star Atlas

以上のプロジェクトはあくまでも一例であるため、他にもさまざまなプロジェクトが存在する。

NFT市場が拡大傾向

ソラナ(SOL/solana)基盤のNFT市場は拡大傾向にある。

NFTマーケットプレイスといえば、今までOpenSeaを利用する人が多かった。

Dappsのデータを提供している「DappRader」によると、2022年7月時点で直近1ヶ月のOpenSea利用者数は約35万2,000人だが、利用者数はゆるやかに減少の一途をたどっている。

一方で、ソラナ系のNFTマーケットプレイス「Magic Eden」はというと、同期間における直近1ヶ月の利用者数は約22万3,000人。

利用者数ではOpenSeaに劣るものの利用者数は増加傾向にあり、取引ボリュームも増えつつある。

以上のことを踏まえると、Magic EdenがOpenSeaに成り代わる日もそうは遠くないのかもしれない。

市場が拡大している今のうちにソラナを購入しておけば、将来的にも利益を狙える可能性がある。

今のうちにソラナを購入しておきたい人は、国内で唯一ソラナを取り扱っているFTX Japanで口座を開設しておこう。

【2022年最新】ソラナ(SOL/solana)の現在の価格推移

ソラナ(SOL/solana)の2022年8月時点での価格動向は以下の通りである。

【2022年最新】ソラナ(SOL/solana)の現在の価格推移
引用元:Trading View

2022年に入ってからは下落相場が続いている。

2022年当初は180ドル付近を記録していた価格も、同年8月現在で40ドル付近までに落ち着いてしまっている。

今回のような下落相場が続いている主な原因は以下の通り。

ソラナの価格が下落している主な原因
  • 仮想通貨全体の相場が弱気
  • 2022年4月時点で買われすぎている
  • ネットワークが停止

特に5月から急落を見せているが、おそらくネットワークが7時間も停止していたことが原因。

ソラナ基盤を利用した取引が増えた結果、取引の処理が追いつかなくなり、ブロック生成ができなくなってしまった。

24時間取引が可能である仮想通貨相場において、7時間も取引できないのはあまりにも致命的であるため、ソラナから手を引く投資家も多かったのだろう。

とはいえ、仮想通貨業界においてソラナの高速取引技術は目を見張るものがある。

徐々にではあるが右肩上がりの価格推移に切り替わってきてもいるので、今のうちに少量だけでも購入しておくと将来的な利益を狙えるかもしれない。

そこで、ソラナを購入しておきたい人はFTX Japanの利用がおすすめ。

FTX Japanでは国内取引所のなかでも唯一ソラナを取り扱っているため、海外取引所を利用する必要がない。

ほかにもさまざまな銘柄を取り扱っているので、この機会にFTX Japanの口座を開設して仮想通貨投資をしてみてほしい。

ソラナ(SOL/solana)の過去の価格推移

ソラナ(SOL/solana)の過去の価格推移を簡単に紹介する。

ソラナ(SOL/solana)の過去の価格推移について
  • 2020年3月〜(ローンチからのボックス相場)
  • 2021年4月〜(1度目の高騰)
  • 2021年8月〜(2度目の高騰)

2020年3月〜(ローンチからのボックス相場)

ソラナ(SOL/solana)は2020年3月にローンチされてからの価格推移は以下の通り。

SOL 価格推移
引用元:Trading View

ローンチされた価格から2021年に入るまで特に大きな動きはない。

しかし、2021年に入り「買いの圧力」が上昇し、後の高騰へとつながる動きを見せ始める。

特に2021年は「イーサリアム・キラー」に関連する銘柄の人気が根強かったため、ソラナも徐々に注目され始めていた。

また、DEXやDeFi、NFTの分野などでの使用用途が多くなったのも2021年に入ってからのこと。

利用機会が増え始めて、2021年はソラナが高騰への準備が整い出した年ともいえるだろう。

2021年4月〜(1度目の高騰)

2021年に入り、注目され出したソラナ(SOL/solana)は同年4月に1度目の高騰を見せる。

4月からの価格推移は以下の通り。

SOL 価格推移
引用元:Trading View

4月に入り移動平均線が上向きになり、5月17日にはこれまでの最高値となる58.38ドルを記録した。

4月当初では19ドル付近で価格が推移していたことから、たったの1ヶ月程度で3倍程度にまで価値をあげたことになる。

今回の高騰の要因はソラナのウォレット「Phantom」のベータ版を含めて、ソラナ基盤のプロジェクトが次々とリリースされたことが主に考えられる。

さまざまな要因が重なったことは間違いないが、今回の高騰はソラナにとってまだまだ序章。

夏場にかけてさらなる高騰を見せることになる。

2021年8月〜(2度目の高騰)

2021年に入り上昇相場を見せるソラナ(SOL/solana)は、夏場に佳境を迎える。

2021年8月からのソラナの価格推移は以下の通り。

SOL 価格推移
引用元:Trading View

8月に入り一気に上昇相場に入ったソラナは年末まで上昇相場を継続。

勢いそのままに11月には過去最高値となる259.9ドルを記録した。

1度目の高騰時点で購入したとしても、4倍以上の利益は狙えている計算だ。

さらに、2021年当初から保有していた人であれば、250倍近くの利益を確保できているはず。

いずれにせよ2021年はまさにソラナの年といっても過言ではないほどの盛り上がりを見せた。

2022年に入り、仮想通貨全体が弱気相場であるためソラナも価格を下げてはいるが、260ドル付近まで高騰するポテンシャルは秘めている。

40ドル付近でくすぶっている今のうちにFTX Japanでソラナを購入しておけば、将来的な利益を狙えるかもしれない。

ソラナ(SOL/solana)の今後の予想/将来性

ソラナ(SOL/solana)の今後の予想は以下の通りである。

ソラナ(SOL/solana)の今後の予想/将来性
  • ハッキング被害からの信頼回復
  • ソラナを利用したスマートフォンが開発されている
  • 国内取引所での取り扱いが増える

ハッキング被害からの信頼回復

2022年8月時点でソラナ(SOL/solana)がハッキングされたことが確認されている。

ソラナ基盤のウォレット「Phantom」や「Slope」などから資産が流出していて、被害総額は合計500万ドル以上

今回のようなハッキング被害が続くようであれば、ソラナへの信頼は欠けていくばかり。

性能が優秀であるがゆえにセキュリティ面で評価を落とすのはあまりにもったいないため、セキュリティ対策の改善に期待したいところ。

ソラナ(SOL/solana)を利用したスマートフォンが開発されている

2022年6月時点でソラナ(SOL/solana)の開発元である「Solana Labs」の子会社が、web3スマートフォン「Saga」の発売を発表した。

販売日時は2023年の第一四半期を予定している。

SagaはAndroidのスマートフォンとして「Solana Mobile Stack」や「Seed Vault」などの機能を搭載予定。

「Solana Mobile Stack」や「Seed Vault」とは?
  • Solana Mobile Stack…分散型アプリを利用可能にするためのオープンソースのソフトウェア
  • Seed Vault…秘密鍵の管理をスマートフォンから切り離しながらも、即時署名を可能にする管理プログラム

以上のようなスマートフォンが販売されれば、仮想通貨に興味ない人にまでソラナの存在を周知できる。

多くの人に知られれば投資対象としての価値もあがり、ソラナの価格も上昇していく可能性も高い。

国内取引所での取り扱いが増える

ソラナ(SOL/solana)を取り扱う国内取引所が増えていけば、さらなる盛り上がりを見せる可能性は高い。

実際に国内でも多様な仮想通貨に投資できるような働きかけが進んでいて、その1つが日本暗号資産取引業協会の「グリーンリスト制度」である。

グリーンリスト制度とは?

日本に流通していない銘柄の審査を簡素化する仕組み

上記のような制度がうまく機能すれば、国内でもソラナを見かける機会が増えて、価格の上昇も期待できる。

とはいえ、2022年8月時点で国内取引所にてソラナを購入できるのはFTX Japanのみ。

本格的に国内に流通する前にFTX Japanへ登録し、価格があがりきる前にソラナを購入しておこう。

ソラナ(SOL/solana)を購入するタイミング・買い時

ソラナ(SOL/solana)が魅力的な通貨であることはわかったが、どのタイミングで購入すればよいのかわからない人も多いはず。

そこで、ソラナを購入するタイミングをいくつか紹介していく。

ソラナ(SOL/solana)を購入するタイミング
  • ポジティブなニュースが出たタイミングで購入する
  • 仮想通貨全体の相場を気にする
  • 暴落したタイミングで購入する

ポジティブなニュースが出たタイミングで購入する

ソラナ(SOL/solana)だけでなく仮想通貨全体の値動きにいえることだが、ポジティブなニュースが出ると価格が上昇しがち

特にソラナ関連のポジティブなニュースはよく確認してほしい。

仮想通貨におけるポジティブなニュースは主に以下の通り。

仮想通貨におけるポジティブなニュース
  • 取引所への新規上場
  • 相場のトレンドが転換
  • 新規サービスの開始
  • 資金の調達に成功

上記のようなニュースが出た直後の相場をよく確認して、価格があがりそうであれば購入してみるのがおすすめ。

仮想通貨全体の相場を気にする

仮想通貨全体の価格が上昇しているようであれば購入してみるのもよいだろう。

相場を確認する際は特にビットコイン(BTC)の値動きを気にしてほしい。

仮想通貨の値動きはビットコインと連動していることが多い。

ソラナ(SOL/solana)も例外ではないため、ビットコインの値動きには注意を払いながら投資するタイミングを伺おう。

暴落したタイミングで購入する

暴落したタイミングで購入するのも1つの投資タイミングである。

例えば、2022年に入ってから暴落を見せているソラナ(SOL/solana)だが、暴落しきった5月頃から8月までそれほど値段は変わっていない。

むしろ、8月時点で移動平均線が上向きになり始めているので、今後高騰する可能性も秘めている。

SOL 価格推移
引用元:Trading View

以上のように暴落後は相場が切り替わるタイミングでもあるため、狙い目と見る投資家も少なくない。

今のうちにソラナを購入したい人はFTX Japanを開設して取引を始めよう。

ソラナ(SOL/solana)投資のリスク・注意点

ソラナ(SOL/solana)に投資する際のリスクを3つまとめているので、今後投資を検討している人は参考にしてほしい。

ソラナ(SOL/solana)投資のリスク
  • 値動きが激しい
  • 詐欺の被害に遭うことも
  • 資産が流出する恐れがある

値動きが激しい

2021年の1年間で250倍近くの高騰を見せたソラナ(SOL/solana)だが、下落する幅も大きい点には注意してほしい。

2022年当初に購入していれば、8月時点で5分の1程度の価値にまで下がってしまっているのも事実。

高騰すれば大きな利益を狙えるが、損失の計上も大きくなる点には注意が必要だ。

詐欺の被害に遭うことも

何かを購入したり、取引したりする際には詐欺の疑いがないかを注意してほしい。

特に取引所を経由しないで、誰かと直接取引する際は詐欺である可能性も考えられる。

そのため、仮想通貨取引をする際はあくまでも取引所を介しておくのがおすすめだ。

資産が流出する恐れがある

ソラナ(SOL/solana)基盤のウォレット「Phantom」や「Slope」がハッキングされたように、ソラナをウォレットに入れておくと流出する可能性もゼロではない。

そこで、資産の流出を防ぐために高いセキュリティを持つFTX Japanを利用するのがおすすめ

FTX Japanでは厳重なパスワード管理に加えて、すべての資産をコールドウォレットで管理している。

コールドウォレットとは?

インターネットと切り離した場所で資産を管理すること

限りなく資産が流出する可能性が低いことから、安全に資産を管理したい人はFTX Japanの口座を開設しておこう。

ソラナ(SOL/solana)投資にはFTX Japanがおすすめ

FTX Japan
引用元:https://ftx.com/ja/jp
取り扱い銘柄数13種類
販売手数料(現物)・メイカー…0.02%
・テイカー…0.07%
入金手数料(日本円)無料
レバレッジ取引あり
公式サイト公式サイトはこちら
関連記事仮想通貨取引所ランキング

FTX Japanは国内で唯一ソラナ(SOL/solana)を取り扱っている取引所。

ソラナ以外にもミームコインの「Doge」や、OMGネットワークのトークンであるOMG」も取り扱っている。

国内取引所では見かけないニッチな通貨を取り扱っているので、これから草コイン投資に取り組みたい人におすすめ。

登録自体は10分程度で完了するため、この機会に口座の登録だけでも済ましておこう。

ソラナ(SOL/solana)の今後の予想のまとめ

この記事で重要なポイントは以下の通り。

この記事からわかること
  • ソラナは毎秒5万回のトランザクションが可能な高速処理機能を持つ仮想通貨であること
  • ソラナ基盤のNFTマーケットプレイス「Magic Eden」の取引ボリュームは増えつつあること
  • 2022年に入り下落相場が続いていたが、徐々に移動平均線も上向きになりつつあること
  • ソラナを購入する場合は、国内で唯一取り扱っているFTX Japanがおすすめであること

2022年に入り弱気相場を見せているソラナ(SOL/solana)だが、今後トレンドが転換して強気相場になる可能性もありえる。

相場が低価格で推移しているうちに購入しておけば、将来的な利益を狙えるかもしれない。

もし、今のうちに購入したのであれば、国内で唯一ソラナを取り扱っているFTX Japanの口座を開設しておこう。

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

solana

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる