RunBlox(ランブロックス)とは?始め方/稼ぎ方や将来性を徹底解説

Runblox

注目のRunBloxをプレイしたいけれど、どんなゲームで、どのように始めればよいかわからず、戸惑っていないだろうか。

現在、RunBloxは本格リリースに向けて、アップグレードやアプリ内のウォレットの実装を頻繁に行っている。

本記事を読めば、RunBloxの特徴、始め方、稼ぎ方などの全般的な知識を習得できる。

この記事からわかること
  • RunBloxは現在開発中のMove to Earnアプリ
  • STEPNと同じように歩いたり走ったりして稼ぐMove to Earnアプリ
  • プレイ開始のためにはNFTスニーカーの購入が必要
  • RunBloxはOpenBloxが開発運営しているプラットフォーム上のアプリ
  • Avalancheチェーンを利用
  • スニーカーにはさまざまな目安や種類がある
  • 歩くよりも走るほうが報酬が高い
  • Attackの数値が高いと稼ぎやすい
  • LINE BITMAXと海外仮想通貨取引所を利用すれば、スニーカー購入用のAVAXを用意できる

RunBloxは、STEPNと同様、最初にスニーカーを用意する必要がある。

スニーカーを用意するために必要なAVAXは、LINE BITMAXを通じて、海外取引所で購入できる。

LINEユーザーであれば、LINE BITMAXはLINE内にアプリとして存在しているため、非常に便利な仮想通貨取引所だ。

ぜひ開設を検討してみてほしい。

\ 最短5分で申込完了! /

目次

Runblox(ランブロックス)とは

RUNBLOX
出典:RunBlox
ゲーム名RunBlox(ランブロックス)
ジャンルMove-to-earn
ブロックチェーンAvalanche(アバランチ)
ゲーム内トークンRUX
開発者OpenBlox
公式サイトRunBloxの公式サイト
公式TwitterRunBlox公式Twitter

RunBloxは歩いたり走ったりすることで稼げるMove to Earnアプリだ。

スマホのGSPが歩いたり走ったりする速度と距離を計測してくれる。

移動した距離に応じて、RUXという仮想通貨を稼げる仕組みだ。

STEPNと似ているため、シンプルでプレイしやすいかもしれない。

RunBloxはSTEPNと同様、最初にNFTスニーカーを購入する必要があるため、仮想通貨を用意する必要がある。

LINE BITMAXで仮想通貨を用意して、海外仮想通貨取引所に資金を送れば、靴を購入するために必要なAVAXを簡単に用意できる。

スマホ一つで仮想通貨の取引をしたい人にとっては、LINE BITMAXは使いやすい取引所だ。

興味のある人はぜひLINE BITMAXの公式サイトをチェックしてみよう。

\ 最短5分で申込完了! /

Runblox(ランブロックス)の特徴

RUNBLOX
出典;RunBlox WhitePaper

ここではRunBloxの特徴について解説する。

OpenBlox(オープンブロックス)が開発

RunBloxを開発しているのは、「OpenBlox Limited」というイギリスのロンドンの企業だ。

OpenBlox Limitedは、OpenBloxというNFTゲームのプラットフォームを開発・運営している。

RunBloxは、OpenBloxのプラットフォーム上に存在しているMove to Earnゲームだ。

RunBloxの他にも、RPGやシミュレーション、ARRPGなどのゲームが顔をそろえている。

OpenBloxは、ベトナム最大のゲームギルド「Ancient8」やブロックチェーンの投資会社「100&100 Venture Capital」を始め、さまざまな企業と提携している。

日本では、ZOZOの創業者である前澤氏が設立したWeb3.0ファンドがOpenBloxに出資しているため、ニュースとなり注目を受けた。

スニーカーにさまざまな種類がある

RunBloxでは、スニーカーの種類、ステータス、レア度、種族などの目安が存在する。

種類

スニーカーの種類は以下の3つだ。

スニーカーの種類
  • ウォーキング
  • ジョギング
  • ランニング

それぞれ、対応スピードが決まっている。

時速2~7kmに対応しているWalk用のスニーカーを購入して、時速5~11kmで走ってしまうと、アプリで計測がされず稼げない結果となるため、対応スピードで歩くもしくは走るようにしよう。

スニーカーの種類対応スピード
Walk2~7km/h
Jog5~11km/h
Run7~20km/h

ステータス

スニーカーのステータスは、以下4つがある。

スニーカーのステータス
  • Attack(攻撃)
  • Luck(運)
  • Speed(スピード)
  • Hitpoint(ダメージに耐えられる値)

Attack(攻撃)が高いほど、プレイヤーはエネルギーを1ポイント消費した場合に、より多くのRUX(報酬)を得ることができる。

HitPointは靴の耐久性に影響する目安だ。

HitPointが高いシューズほど、修理代が少なくて済む特徴がある。

※LuckとSpeedは未実装(2022年7月31日時点)

レア度

レア度は以下の5種類がある。

レア度
  • Common
  • Rare
  • Epic
  • Hero
  • Legendary

レア度が高ければ高いほど、走ったときの報酬は大きくなる。

よって、レア度の高いLegendaryなどのスニーカーを購入したい人もいるかもしれない。

しかし、現在マーケットプレイスで、Epic、Hero、Legendaryのシューズは販売されていないので注意しよう。

※LuckとSpeedは未実装(2022年7月31日時点)

種族

RunBloxには物語設定があり、6つの種族をモチーフにしたスニーカーが存在している。

特にプレイする上で、種族によって気を付ける点、それぞれの差などはないため、意識する必要はない。

歩いたり走ったりするスピードに応じて、靴の種類に下記のような種族の名前がついているとだけ知っていればよいだろう。

種族速度
GreenFlower2-7km/h
Insect
WaterHard shell5-11km/h
Shark
FireTechno7-20km/h
Dragon

Avalanche(アバランチ)チェーンが使用されている

AVALANCHE
出典:Avalanche

RunBloxはAvalancheチェーン上に構築されているゲームだ。

よって、NFTスニーカーの購入や、ガス代の支払いをする際、AVAXというAvalanche上の基軸通貨が必要となる。

Avalancheチェーンは、ガス代は安く、処理スピードが速い。

スケーラビリティ問題を解決しているため、イーサリアム・キラーと呼ばれることもある。

日本でAVAXを取り扱っている取引所はまだ少ない(OKCoin Japan, DMM Bitcoin)。

しかし、LINE BITMAXなどの取引所から海外取引所を経由して、AVAXを購入することもできる。

LINE BITMAXはスマホ1つで仮想通貨の購入や取引を手軽に行えるのが魅力だ。

特にLINE Payを利用している人は、LINE BITMAXへの入金が簡単なので、活用を検討してみてほしい。

\ 最短5分で申込完了! /

Runblox(ランブロックス)の始め方

RUNBLOX
出典:RunBlox WhitePaler

ここでは、RunBloxを始める方法の1例を紹介する。

RunBloxでは、NFTスニーカーの購入がゲームプレイの条件となる。

以下の流れで、一つ一つ手順を踏むとスムーズにNFTスニーカーの購入とプレイ開始ができるので、参考にしてほしい。

ここでは、国内仮想通貨取引所LINE BITMAXでの取引を例に解説する。

  1. LINE BITMAXでXRPを購入
  2. Bybit(バイビット)へ送金
  3. USDTへ交換
  4. AVAXへ交換
  5. RunBloxのアプリをダウンロード
  6. AVAXをアプリ内ウォレットへ送金
  7. スニーカーNFTを購入

LINE BITMAXでXRPを購入

リップル

まずは、NFTスニーカー購入用の資金をLINE BITMAXへ入金しよう。

次に行うのは、仮想通貨XRP(リップル)の購入だ。

XRPは手数料が安く送金スピードが速いため、送金に適している。

Bybit(バイビット)へ送金

Bybitへ送金

XRPの用意が出来たら、Bybitへ送金を行う。

海外取引所はリスクを伴うこともあるので、利用する際には自己責任で利用していただきたい。

Bybitの入金アドレスをコピーし、LINE BITMAXの送金アドレスに貼り付ける。

もしくは、BybitのXRP入金画面に表示されるQRコードをLINE BITMAXの送金画面で読み取って送金する方法でもよい。

USDTへ交換

無事、BybitへXRPが入金されたら、次は現物取引画面でXRPをUSDTへ交換する。

画面の右上の検索窓から、XRPで検索を行い、「XRP/USDT」が見つかったらクリックしよう。

すると、XRP/USDTの取引画面となるため、XRPをUSDTへ交換する取引を行ってほしい。

USDTへ交換
出典;Bybit

AVAXへ交換

次に、USDTをAVAXへ交換する作業を行う。

画面の右上の検索窓から、AVAで検索を行い、「AVAX/USDT」が見つかったらクリックしよう。

USDTをAVAXへ交換する注文を実行してほしい。

これでNFTスニーカーを購入する資金の準備ができた。

AVAXへ交換

RunBloxのアプリをダウンロード

次はRunBloxアプリをダウンロードする。

AndroidユーザーはPlayストアで、iPhoneユーザーはAppStoreで「RunBlox」で検索してみてほしい。

ダウンロードが完了したら、アプリを起動してみよう。

Create Walletをタップ

選択肢が表示されるので、「Create Wallet」をタップする。

パスコードを設定

次に4桁のパスコードを設定する。

確認を求められたら、再度同じパスコードを入力しよう。

リカバリーフレーズ

リカバリーフレーズが表示されるので、メモ帳に書き留めておこう。

ウォレットへアクセスするための重要なパスワードなので、誰にも知られないように個人で保管する必要がある。

Confirmをタップ

次に、メモに保管したフレーズを順番通りに並べる作業を行う必要がある。

すべて並べ終えたら「Confirm」をタップしよう。

初期設定完了

左記のようなアプリ画面となったら、初期設定は完了となる。

AVAXをアプリ内ウォレットへ送金

AVAXをアプリ内ウォレットへ送金

次に、Bybitで購入したAVAXをRunBloxのウォレット宛に送金する。

そのために、RunBloxのウォレット画面で入金アドレスを確認しよう。

まず、RunBloxで画面右下の「ME」をタップする。

次に、左上に「Balance」が表示されるため、タップする。

Wallet

Spendingタブの画面が表示されるため、Walletタブをタップしよう。

すると、左のような画面となる。

「RECEIVE」をクリックすれば、Wallet Address表示されるのでコピーし、Bybitのアドレス欄へ貼り付けよう。

Bybit側で送金処理を行えば、後はWalletにAVAXが入金されるのを待つだけだ。

スニーカーNFTを購入

スニーカーNFTを購入

次にWalletにあるAVAXをSpending(支払い用)に転送する。

一番下の「Transfer to Spending」をタップしよう。

Transfer to Spending

Select Assetの箇所が最初はRUXとなっているため、AVAXに変更する必要がある。

その後、Spending(支払い用)に送る金額を入力して、一番下の「Transfer to Spending」をタップしよう。

Confirm Transferの確認画面が表示されるので、Confirm」をタップすれば、転送が完了だ。

そのときのタイミングによって、2、3分時間がかかるエラーが表示される場合がある。

スニーカーを購入

後はマーケットプレイスを開いて、ほしいと思うNFTスニーカーを購入すれば、ゲームをプレイできる準備ができる。

RunBloxを始めるには、LINE BITMAXの口座開設をしておくと便利だ。

LINE BITMAXであれば、スマホアプリで銀行口座やLINE Payから手軽に入金ができる。

スマホ一つで送金も可能なので、非常に便利だ。

まだ口座開設していない人は、公式サイトをチェックしてみよう。

\ 最短5分で申込完了! /

Runblox(ランブロックス)の稼ぎ方/攻略方法

RUNBLOX
出典:RunBlox WhitePaper

RunBloxで稼ぐには、いくつか方法がある。

方法を順に解説するので、参考にしてほしい。

歩いたり走ったりしながらRUXを稼ぐ

RunBloxでは、購入したNFTスニーカーのタイプに応じて、歩いたり走ったりすれば、ゲーム内通貨のRUXを稼ぐことができる。

よって、RunBloxの1番オーソドックスな稼ぎ方は、歩いたり走ったりすることと言える。

運動すればするほどレベルが上がるため、積極的にレベルアップをして報酬上限を伸ばすことが大切だ。

レベルが上がると、RUXをもらえる上限が5RUXごとに増えていく仕組みだ。

レベルRUX 制限
05
110
215
320
425
530
635

さらに、歩くよりは走るほうが、基礎報酬は高い。

また、Attackが高いほど、1日の報酬上限を達成しやすい。

もし走るのが得意であれば、歩くよりも走るためのNFTシューズかつAttackの数値の高いものを選ぶと、報酬が多く獲得しやすいだろう。

GreenWaterFire
クラスFlower InsectShark HardShellTechno Dragon
走行速度範囲2-7km/h5~11km7~20km
基礎報酬5 RUX/エネルギー6 RUX/エネルギー7 RUX/エネルギー

NFTスニーカーを安く仕入れて高く売る

NFTスニーカーを購入したときの価格よりも、高く販売すれば利益を出すことができる。

たとえば、下記を行うことで、NFTスニーカーの価値を上げて魅力的なものにすることができる。

NFTスニーカーの価値を上げる
  • NFTスニーカーのレベルを上げる
  • NFTスニーカー同士をMINTとする

その上で、価格を適切に設定して販売すれば、購入したときよりも高く売れる可能性があるだろう。

MINT(ミント)は、2足の靴の手数料を払って新しい靴NFTの生成をすることだ。

MINTした靴をマーケットプレイスで販売することで、MINT手数料を引いた金額分の利益が手に入る。

Trader JoeでRUX-AVAXのペアでプールする

Trader JoeはAvalancheチェーンのDEXだ。

Trader JoeでRUX-AVAXペアのプールを行えば、年利に応じた利益を得ることができるかもしれない。

ただし、仮想通貨の価格そのものが下がり続ける可能性もあり得るため、慎重に検討しよう。

RUN/AVAX
出典:TraderJoe

LINE BITMAXは、スマホアプリが初心者にもわかりやすく使いやすい。

LINE BITMAXで仮想通貨を用意して、海外仮想通貨取引所へ送金すれば、AVAXを購入できる。

AVAXをRUXへスワップするときは、TraderJoeを利用する。

AVAXやRUXの取引の最初のステップとして、LINE BITMAXを口座開設しておくと便利だ。

\ 最短5分で申込完了! /

Runblox(ランブロックス)の使い方

アプリをダウンロードしてNFTの靴を購入したが、まず何をどうすればよくわからないと戸惑うはずだ。

ここでは、靴の購入後、どのようにRunBloxをプレイすればよいかを解説する。

歩く(走る)

スニーカーの購入ができたら、RunBloxアプリのTOP画面から「GO」をタップする。

その後、それぞれ歩いたり走ったりすればOKだ。

自分の歩いている速度が表示されるので、対応速度の範囲内になっているか確認するようにしよう。

信号待ちや休憩などで止まる場合は、停止ボタンをタップする。

靴を修理する

靴を使用したら、すぐに修理してDurability(耐久性)を100にするようにしよう。

費用はかかるが、次の日もベストな状態でRUXを稼ぐために、修理は必要だ。

靴をレベルアップする

靴のレベルが高いほど、効率的にRUXを稼げる。

レベル上げしたほうが、獲得できるRUXの上限が高くなるからだ。

ゲームを始めて間もないときは、稼いだRUXを靴のレベルアップに利用するようにしよう。

ちなみに、レベルアップした靴はマーケットプレイスで販売して利益を出すこともできる。

RUXを日本円に替えたい場合は、以下の流れとなる。

RUXを日本円に代える手順
  1. TradarJoeでAVAXへスワップ
  2. Bybitなどの海外仮想通貨取引所で、AVAXを一旦USDTへ交換
  3. USDTをXRPなどLINE BITMAXで扱っている仮想通貨へ交換
  4. Bybitから仮想通貨をLINE BITMAXへ送金
  5. LINE BITMAXで仮想通貨を円に交換

LINE BITMAXでは、24時間いつでもどこでも、仮想通貨を販売して日本円へできるため、公式サイトを確認して欲しい。

\ 最短5分で申込完了! /

Runblox(ランブロックス)の今後の予想/将来性

ここでは、RunBloxの今後の予想と将来性について解説した。

NFTシューズやRUXへ投資する上での参考にしてほしい、

順調に計画が進んでいる

RunBloxは現在のところ、ロードマップで記された予定通りにアプリのリリースなどが進んでいる。

2022年7月には、アップルストアやGooglePlayストアでアプリがリリースされた。

次に期待したいのは、Apple WatchやGallaxy WatchでRunBloxを利用できるようにする第3四半期の計画だ。

ランニングの際にスマホやiPhoneを持ち歩くと重いので不便に感じている人もいるかもしれない。

予定通りappleウォッチに対応すれば、より身軽なウォーキングやランニングが楽しめる。

また、第3四半期にクエストシステムとあるのも注目だ。

まだ詳細は不明だが、RunBloxにゲーム要素が追加されるのかもしれない。

今後が楽しみと言えるだろう。

2022年第1四半期コンセプトの設計
UI/UXデザイン
マーケットプレイス開発
2022年第2四半期NFTマーケットリリース
モバイルアプリリリース
マーケットプレイスにてアプリをリリース
2022年第3四半期ウェアラブルウォッチ版リリース(appleウォッチ、ギャラクシーウォッチなど)
ゲームプレイのアップデート
クエストシステム
2022年第4四半期オフラインイベントとパートナーシップ

OpenBloxのエコスステム「BloxVerse」と共に発展する可能性がある

OPEN BLOX

今後については未定だが、RunBloxとOpenBloxプラットフォーム上にある他のゲームとの間に、なんらかの関わりが出てくるかもしれない。

RunBloxはOpenBloxのプラットフォーム上に存在するMove to Earnゲームアプリで、他に以下の3つのゲームがある。

すべて開発中の段階だ。

開発中のゲーム
  • Rogueblox(RPGカードゲーム)
  • ActionBlock(MORPG)
  • Landblox(シュミレーションゲーム)

OpenBloxは、上記のゲームや提携先と合わせて、BloxVerseというOpenBlox エコシステムを形成している。

今後は未定だが、RunBloxと他のゲームとの関わりが出てくると、よりゲームの面白みが増す可能性がある。

ゲームに、シュミレーションやクエストなどの追加機能が加わったり、他のゲームで稼いだアイテムやRuxがRunBlox上で利用できたりすると楽しみの幅が広がるだろう。

将来的に、RunBlox以外のOpenBlox上のゲームでプレイするために、AVAXやRUXを用意する必要が出てくるかもしれない。

LINE BITMAXの口座開設をしておくと、後々仮想通貨を用意する上で便利だ。

\ 最短5分で申込完了! /

Runblox(ランブロックス)に関するQ&A

STEPNとの違いは何ですか?

STEPNは単体として存在するゲームだが、RunBloxはOpenBloxのゲームプラットフォーム上にあるゲームの一つ。

よって、今後、他のゲームとの関わりが出てくる可能性もある。

(現在は種族の概念が他ゲームと共通している)

RUXはどこで購入できますか?

RUXは現在仮想通貨取引所には上場していない。

よってTrader JoeでAVAXと交換して用意するとよいだろう。

Runblox(ランブロックス)のまとめ

本記事では、RunBloxの概要、特徴、始め方、稼ぎ方、使い方などを紹介した。

この記事のまとめ

RunBloxは走ったり歩いたりすることでゲーム内通貨のRUXを稼ぐMove to Earnアプリ
NFTスニーカーを購入するために、LINE BITMAXの口座開設をしておくと便利である
OpenBloxが開発運営しているエコスステム「BloxVerse」と共に今後発展していく可能性がある
走ったり歩いたりして稼いだRUXは、靴のレベルアップに使用すると効率的に稼げる
RUXは仮想通貨取引所には上場していないため、購入するとなるとTrader JoeというDEXでスワップして用意する必要がある
RunBloxはロードマップ通り順調に計画が進んでいるアプリ
AppleWatchやGallaxyWatchに対応する予定もある

RunbloxはOpenBloxプラットフォーム上にあるために、今後他のゲームとどう関わっていくのかが楽しみなゲームだ。

興味のある人はぜひNFTシューズを購入してプレイしてみてほしい。

LINE BITMAXがあれば、NFTシューズ購入用資金の用意ができるため、口座開設をしてみるとよいだろう。

\ 最短5分で申込完了! /

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

Runblox

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる