RetaWars(レタウォーズ)とは?始め方/稼ぎ方や攻略方法・RETAの買い方を徹底解説

reta wars

Reta Warsは、戦争シミュレーションゲームのGameFi系プロジェクトだ。

派閥に所属して戦争をしたり、領地から資源を確保するなど多種多様なゲーム内容が実装されている。

今後、メタバースへの拡張なども計画されていて、注目したいアップデートも多い。

この記事では、そんなReta Warsの概要からはじめ方、攻略方法などについて解説している

この記事からわかること
  • Reta Warsは戦争シミュレーションゲームのGameFi
  • BSC上に構築されている
  • 戦争やランクインして仮想通貨を獲得
  • ヒーローをモチーフにしたNFTにはさまざまな要素が組み込まれている
  • まだベータ版で正式版リリースに伴い、機能が拡張されていく

Reta WarsはBSC上に構築されたプロジェクトであり、BNBや各仮想通貨の購入や換金などには国内仮想通貨取引所を一度用いる必要がある。

まだ、国内仮想通貨取引所での口座開設が済んでいないなら、LINE BITMAXをチェックしてみよう。

LINE BITMAXでは、口座開設〜取引までをLINEで完結させることが可能になっている。

普段から使い慣れているLINEから利用できるため、気軽にReta Warsをはじめる準備を整えることができるはずだ。

\ 最短5分で申込完了! /

目次

Reta Wars(レタウォーズ)とは

retawars
引用元:Reta Wars公式サイト
シンボルRETA
(ガバナンストークン)
現在の価格(2022年8月7日)約100円
時価総額(2022年8月7日)約100億円
時価総額ランキング(2022年8月7日)4371位
公式サイトReta Wars公式サイト
公式TwitterReta Warsの公式Twitter

Reta Warsは、戦争シミュレーションゲームのGameFi系プロジェクトだ。

Reta Warsの公式サイトでは、Reta Wars内の行動のことをPlay To Earnに見立てて、War to earnと表記している。

War(戦争) to earnという表記をしていることもあって、Reta Warsのゲームの大きな要素として陣地・領地を巡って争う仕様がある。

また、自身の領地内から資源を生み出すことも可能で、獲得した資源を売り出すことで、間接的に仮想通貨を稼ぐことも可能だ。

詳しく後述するがReta Warsのプレイには、初期費用の支払いなどに仮想通貨が必要になる。

まだ、仮想通貨を購入するのに必要な国内仮想通貨取引所の口座開設が済んでいないという方は、LINE BITMAXをチェックしてみよう。

LINE BITMAXであれば、日頃から慣れ親しんでいるLINEから気軽に口座開設〜取引までを完結させることが可能だ。

\ 最短5分で申込完了! /

Reta Wars(レタウォーズ)の特徴

これから、Reta Warsの特徴について解説していく。

Reta Warsの特別なポイントをチェックしていこう。

陣地を巡って争う戦争シミュレーションゲーム

retawars
引用元:Youtube

前述したとおり、Reta Warsは陣地を巡って争う戦争シミュレーションゲームだ。

従来のGameFi系プロジェクトは、ただ単にトークンやNFTを購入し、簡単な操作をするだけといったものが多かった。

一方で、Reta Warsは戦略性の高いゲームとなっており、純粋にゲームとして作り込まれている側面がある。

また、Reta Warsには「派閥」という概念があり、Reta Wars内には2つの派閥が存在している。

戦争に勝利していくために、どちらかの派閥に属し、片一方の派閥と戦っていくことになるのだが、派閥内の貢献度に応じて報酬などが変わってくる要素も存在しているのだ

多様な遊び方・稼ぎ方の提供

前述の通り、Reta Warsの大きな要素には戦争シミュレーションが挙げられる。

しかし、それ以外にも、領地の資源確保や戦争への供給や販売、Reta Wars内のヒーロー(キャラクター)の育成、ランキングへのランクインなど、非常にゲーム要素が多い。

戦略によってはさまざまな遊び方が可能となっており、Reta Warsの稼ぎ方・遊び方には多様性が見られる。

サステナブルを意識したトークン設計

Reta Warsは、サステナブル(持続可能性)を意識したトークン供給の全体的な設計に取り組んでいる。

現在、AxieInfinityやSTEPNの流行によって、P2E(Play To Earn)、M2E(Move To Earn)などがホットな話題になっており、WEB3にはゲームやアプリを応用した稼ぎの場が複数提供されている。

しかし、その多くのプロジェクトでは、トークンの価格が大幅に下落してしまうという課題に直面している。

なぜなら、上記のようなプロジェクトの利用者は、稼いだトークンをすぐに売りに出してしまうからだ。(そもそも稼ぐことが目的のため)

このような課題に対処するために、Reta Warsではサステナブルを意識したトークン供給の設計をしている。

Reta Warsではガバナンストークン(RETA)とコミュニティトークン(GRT)が実装されており、2つのトークンを用いるデュアルトークンシステムを採用している。

RETA・GRT共にゲーム内のコアな要素として必要なものとなっており、Reta Warsでレベルを上げていくには、多くのRETA・GRTが必要な仕様となっている。

両者が相互に作用する構造にすることで、インフレが発生しない環境を構築しようと取り組んでいる。

BSC上で構築されている

Reta Warsは、BSCを用いて構築されている。

BSCとは、大手海外仮想通貨取引所のBinanceが主導して開発したブロックチェーンで、高処理能力・低コスト(低いガス代)が特徴だ。

スマートコントラクトが実装されてることから、BSC上にはイーサリアムと同様に、多数のプロジェクトが構築されており、著名なものではPancakeSwapなどが挙げられる。

Reta Warsも、そんなBSCに構築されているプロジェクトの1つだ。

このことから、Reta Warsの利用にはBSCチェーン上で用いるネイティブトークンBNB(イーサリアムにおけるETH)が必要になる。

BNBの購入には仮想通貨が必要となるため、Reta Warsをプレイするなら予め仮想通貨が購入できる環境を整えておこう。

まだ、国内仮想通貨取引所への口座開設が済んでいないという方は、LINE BITMAXであれば気軽にスタートできるはずだ。

LINE BITMAXであれば、口座開設〜取引までをスマホアプリのLINEで完結可能なため、仮想通貨にハードルを感じている方もチェックしてみてほしい。

\ 最短5分で申込完了! /

Reta Wars(レタウォーズ)の始め方

Reta Warsをはじめるには、最低限1つのヒーローNFTを保有しておく必要がある。

そのため、Reta Warsのはじめ方(ヒーローNFTを購入するまでの手順)について以下の点から解説していく。

Reta Warsの始め方
  1. 仮想通貨の購入
  2. BNBの購入
  3. MetaMaskの作成
  4. DEXなどでRETAの購入
  5. RETAでヒーローNFTの購入

Reta Warsをはじめるための準備を進めていこう。

仮想通貨を購入

Reta Warsの利用には、日本円から仮想通貨への換金を済ませる必要がある。

というのも、Reta Warsの利用にはBNBが必要となるが、国内仮想通貨取引所では取り扱っていない。

このことから、国内仮想通貨取引所で仮想通貨を購入し、海外仮想通貨取引所などに仮想通貨を送金した上で、BNBなどを購入していく必要があるのだ。

そのため、Reta Warsを利用するなら、まずLINE BITMAXなどの国内仮想通貨取引所で、仮想通貨を購入しておこう。

BNBを購入とMetaMaskの作成

次に、BSCチェーンで必要となるBNBを購入していこう。

BNBは、Binanceなどの海外仮想通貨取引所で購入可能となっている。

BNBが購入できたら、MetaMaskでウォレットを作成し、作成したウォレットにBNBを送付していこう。

(MetaMaskはデフォルトでは、BSCのネットワークが追加されていないため、予め追加しておく必要がある)

RETAとNFTを購入

BNBが購入できたら、ヒーローNFTを購入するための通貨に指定されているRETAを購入していこう。

RETAは、PancakeSwapなど、BSC上で構築されているDEXなどで取引可能だ。

RETAを入手したら、Reta Warsへアクセスし、以下の手順でヒーローNFTを購入していこう。

ますは右上の「Marketplace」をクリックする。

Reta Wars
引用元:Reta Wars公式サイト

再度右側の「Marketplace」をクリック。

Marketplace
引用元:Reta Wars公式サイト

次に「ConnectWallet」をクリックし、ここでMetaMaskが自動表示されない場合は、MetaMaskを開ける。

ConnectWallet
引用元:Reta Wars公式サイト

続いてヒーローNFTを選ぶ。

select a hero
引用元:Reta Wars公式サイト

NFTヒーローを選んだらEnableをクリックする。

click "enable"
引用元:Reta Wars公式サイト

上記の手順が完了し、ヒーローをモチーフにしたNFTを購入することができたら、Reta Warsをはじめる準備は完了だ。

前述の通り、Reta Warsをスタートするには、はじめの段階で「国内仮想通貨取引所での口座」が必要となる。

まだ、口座開設が済んでいないのなら、LINE BITMAXなどで口座開設を行っておこう。

また、GameFiやM2E・P2E系のプロジェクトを利用する・出金する際には、基本的に国内仮想通貨取引所が必要となりがちだ。

今後、仮想通貨を触っていくなら、口座開設を済ませておくと何かと利便性が高いだろう。

前述したLINE BITMAXであれば、口座開設から取引までをLINE1つで完結することができ、気軽に仮想通貨デビューしていくことが可能だ。

\ 最短5分で申込完了! /

Reta Wars(レタウォーズ)の稼ぎ方/攻略方法

これから、Reta Warsの稼ぎ方・攻略方法について解説していく。

Reta Warsを攻略して、できるだけ効率的にプレイできるようにしていこう。

戦争への参加

戦争への参加
引用元:Reta Wars公式サイト

最も基本的な要素となるのが、戦争への参加だ。

Reta Warsで予め供給されたリソースや戦略を元に、シミュレーションで勝敗が決定する戦争し、貢献度によって報酬がトークンで配布される。

Reta Warsで稼ぐ・遊ぶ上で、最も基礎的な要素になっていると言えるだろう。

ランキング上位へのランクイン

Reta Warsには、各実績などを評価するランキングシステムがある。

ランキングにはいくつかのカテゴリがあり、バトルランクや資源供給量などで分類されている。

ランキング上位にランクインすると、ガバナンストークンであるRETAを獲得することが可能だ。

NFTの売却

資源や獲得したトークンを元に強化していったヒーロのNFTを売却することもできる。

売却は、前述したマーケットプレイス(ヒーローのNFTを購入した画面)で売却することも可能になっている。

その資金を活用して新たなヒーローを獲得したり、他のヒーローを強化するリソースに回すといった戦略も可能だろう。

トークンの売買

Reta Warsのトークンを売買することによって、利益を出すこともできるだろう。

この手法であれば、Reta Warsをプレイせずとも、前述したDEXなどを活用することで取引が可能となる。

Reta Warsのいろいろな稼ぎ方を解説したが、上記のようにReta Warsを利用していくには、各仮想通貨の購入などに、国内仮想通貨取引所への口座開設が必要だ。

まだ、国内仮想通貨取引所を持っていないという方は、LINE BITMAXをチェックしてみよう。

LINE BITMAXであれば、口座開設〜取引までをLINEのみで完結させることが可能になっており、気軽にスタートできるだろう。

\ 最短5分で申込完了! /

Reta Wars(レタウォーズ)のゲーム内容

次に、Reta Warsのゲーム内容について解説していく。

Reta Warsのゲーム内容・要素をチェックして、Reta Warsへの理解を深めていこう。

ヒーローと能力

ヒーローと能力
引用元:Reta Wars公式サイト

Reta Warsでは、上記のように多数のヒーローをモチーフにしたNFTを利用することができる。

Reta Warsのヒーローには、各ヒーローごとに能力・特徴があり、その1つがステータス(基礎的な能力を左右)だ。

ステータスには、以下のような種類がある。

Reta Warsのステータス
  • Vitality
    (最大HPを影響)
  • Strength
    (物理攻撃の攻撃力に影響)
  • Agility
    (クリティカルストライクに影響)
  • Intelligence
    (魔法攻撃力に影響)
  • Lucky
    (確率の成功率に影響)

基礎的な能力を左右するステータスの数値は、レアリティによって大きく変化し、レアなものになればなるほど、NFTの価値も高まっていく。

Reta Warsのレアリティ
  • Common
    (54%)
  • Uncommon
    (30%)
  • Rare
    (15%)
  • Epic
    (0.99%)
  • Legendary
    (0.01%)

上記のような要素に加えて、Reta Warsのヒーローには「スキル」という要素もあり、スキルは各NFTが得意な場所・アクションを左右する。

Reta Warsのスキル
  • Combat
    (戦闘に影響)
  • Mining
    (鉱業に影響)
  • Logging
    (木材生産に影響)
  • Farming
    (農業の生産性に影響)
  • Crafting
    (武器などの作成に影響)

Reta Warsのヒーローを購入する際などは、上記のステータス・レアリティ、スキルに注目して、適材適所に利用できるにしていこう。

領土と資源

Reta Warsには、領土と資源というトピックも実装されており、こちらもヒーロー同様にゲームを進めていく効率などを左右する。

Reta Warsの領土(ゲーム内ではTerritoryと表記)は、戦争に必要な資源を確保する基盤となる。

Reta Warsの資源の種類は、以下の通りだ。

領土と資源
引用元:Reta Wars公式サイト
Reta Warsの資源
  • Wood(木材)
  • Ore(鉱石)
  • Food(食料)
  • Morale(士気)
  • Military Secret(軍事機密)

上記のような資源を生産する効率は後述する各NFTや、領土にある施設のレベル(資源によって強化可能)などによって左右される。

また、前述の通り、資源は戦争に供給可能で、その供給量によって勝敗も左右するため、非常に重要なトピックだ。

兵器や島などの多種多様なNFTベースのアイテム

Reta Warsには、上記したようなもの以外にも兵器や島などのアイテムが存在している。

各アイテムにはNFT化されているものもあり、今後公式のマーケットプレイスでも売買可能となる予定だ。(現時点ではヒーローのみ)

前述したようなヒーロ・領土を拡張していくようなアイテムやNFTが、複数Reta Warsには実装されている。

ゲームとして多数の要素が組み込まれているReta Warsを利用するには、国内仮想通貨取引所の口座が必要となる。

まだ、国内仮想通貨取引所の口座開設が済んでいないなら、LINE BITMAXをチェックしてみよう。

LINE BITMAXであれば、LINEから口座開設〜取引までを完結させることが可能となっており、Reta Warsデビューへのハードルを下げることができる。

\ 最短5分で申込完了! /

Reta Wars(レタウォーズ)の今後の予想/将来性

これから、Reta Warsの今後の予想・将来性についてチェックしていく。

Reta Warsは、2022年8月時点ではまだベータ版(テストを行う段階)である、すでにプレイできるものの、まだ実装されていない機能も多い。

そのため、主にReta Warsのロードマップを参考に、Reta Warsのこれからをチェックしていこう。(参照:Reta Wars WhitePaper)

2022年Q2のロードマップ

Reta Warsの2022年Q2では、以下のようなイベントや機能の実装が予定されている。

Reta Warsの2022年Q2の予定
  • 領土と資源システムの開発
    (実施済み)
  • NFTヒーロレベルアップシステムの開発
    (実施済み)
  • ランキング報酬システム開発
    (実装済み)
  • 資源と魂のマーケットプレイス実装
    (資源と魂をマーケットプレイスで取引可能に)
  • Reta Wars 1.0のトレーラー公開
  • 広告のスタート
  • Reta Wars 1.0のベータ版ローンチ

Reta WarsのQ2のロードマップは、主にReta Wars 1.0に向けたさまざまな機能の実装にフォーカスしていると言えるだろう。

ロードマップの予定通り開発されていくと、Reta Warsの環境が大きく変わる可能性が高いため、注視が必要だ。

2022年Q3のロードマップ

Reta Warsの2022年Q3では、以下のようなイベントや開発が予定されている。

Reta Warsの2022年Q3の予定
  • 地域コンシェルジュシステムの開発
  • IEOとIDO
    (CEXとDEXへの上場)
  • ステーキングによるエコシステム手数料の分配
  • Reta Wars 1.0のローンチ
    (正式版がスタート)
  • NFTアイランドの販売開始
  • Reta War 2.0のデモ動画公開

Reta WarsのQ3では、主にReta Wars 1.0の正式版が近づくにつれて、さまざまなイベントが発生する予定だ。

特に中央集権的な取引所(CEX)での上場を意味するIEOには注目したいと言えるだろう。

大手の仮想通貨取引所に上場することができれば、知名度が向上や時価総額の上昇などが期待できる。

2022年Q4のロードマップ

2022年Q4において、Reta Warsでは以下のようなイベント・開発を予定している。

Reta Warsの2022年Q4の予定
  • Reta War 2.0のベータスタート
  • Reta War 2.0のオープン
  • さまざまな装備などの実装
  • クリエイター向けカスタマイズスキンの実装など
  • Retaverseの拡張計画の発表

Q4の注目ポイントは、Reta Wars 2.0とRetaverseの発表だろう。

詳細はまだはっきりしていないものの、Reta Warsは大幅なアップデートを加える2.0を計画しており、Q4で全貌が明らかになっていくようだ。

また、Reta Warsはただのゲームに留まらず、将来的にメタバースへとReta Warsを拡張していく方針をしており、メタバースとReta Warsを合わせた「Retaverse」を実装していく方針を示している。

Retaverseの内容によっては、より高レベルな体験がReta Wars関連のプロダクトで可能になっていくかもしれない。

上記のような可能性を持つReta Warsをプレイするには、仮想通貨の購入・換金などに伴って、国内仮想通貨取引所の口座が必要だ。

まだ、国内仮想通貨取引所の口座を持っていないなら、LINE BITMAXをチェックしてみよう。

LINE BITMAXであれば、LINE1つで口座開設から取引までが完結するため、気軽に仮想通貨取引をスタートできる。

Reta Warsを始めるまでのハードルをグッと下げることができるだろう。

\ 最短5分で申込完了! /

Reta Wars(レタウォーズ)に関するQ&A

本当に稼げる?損をする可能性はある?

Reta Warsのゲームシステムを理解して、プレイすればトークンを稼ぐ事自体は可能だ。

しかし、今後Reta Warsの開発が順調に進むとは限らず、何らかの重大なバグが発生する可能性もある。

また、Reta Warsでトークンを稼いだとしても、稼いだトークン自体の価格が下落する可能性もある。

常に潜在的なリスクがあることは、押さえておく必要があるだろう。

Reta Warsの初期費用はどのくらい?無料でできる?

Reta WarsのヒーローをモチーフにしたNFTは、前述したレアリティなどに応じて、日本円で数万円〜数十万と開きがある。

どのNFTを購入するのか?によって初期費用は異なってくるが、2〜3万円程度は必要だと考えたほうが良いだろう。(また、RETAの価格変動も激しいため注意が必要だ)

Reta Wars(レタウォーズ)のまとめ

この記事では、Reta Warsについてさまざまなポイントから解説した。

この記事のまとめ
  • Reta Warsは戦争シミュレーションゲーム
  • はじめるには、ヒーローをモチーフにしたNFTが必要
  • BSC上に構築されている
  • 戦争に勝利したり、ランクインすることで仮想通貨を獲得
  • 今後さまざまなアップデートが予定されている

Reta Warsは、GameFi系プロジェクトの中でも、ゲーム内容が作り込まれており、戦略性の高いゲームになっていると言えるだろう。

今後、よりさまざまなゲーム内要素を実装する予定のため、これからも注視していきたい存在だ。

Reta Warsをはじめるには、BNBとRETAの購入などが必要になっている。

上記のような仮想通貨の購入・日本円への換金などには、国内仮想通貨取引所での口座開設が必要だ。

まだ、国内仮想通貨取引所の口座を持っていないなら、LINE BITMAXをチェックしてみよう。

LINE BITMAXはシンプルで分かりやすい取引画面や操作画面で設計されており、はじめての仮想通貨であっても利用しやすい仮想通貨取引所になっている。

また、口座開設〜取引までをLINEで完結可能となっており利便性も高いため、LINE BITMAXで口座開設しておこう。

\ 最短5分で申込完了! /

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

reta wars

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる