クアンタム(QTUM)とは?今後の予想/将来性や急騰・価格推移を徹底解説

QTUM

クアンタム(QTUM)はビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)のメリットを両取りした仮想通貨で、ビジネス面での活躍が期待されている。

しかし、2022年に入り下降相場が続いているため、将来性を懸念している人も多いだろう。

そこで、この記事ではクアンタムの今後について多角的な視点で解説する。

クアンタムの将来性に不安を抱いている人はこの記事を参考にして、今後の仮想通貨取引に役立ててほしい

この記事からわかること
  • クアンタムはビットコインとイーサリアムのメリットを兼ね備えた仮想通貨プロジェクトであること
  • 国際的に広がるノードやUTXOの採用により、高いセキュリティが約束されていること
  • 仮想通貨全体のトレンドにも左右されるが、最高値を更新する可能性を秘めていること
  • クアンタムを購入したい場合は、最短1時間で取引が可能なDMM Bitcoinが使いやすい

クアンタムは2022年7月時点で下降相場にあるが、何もクアンタムの性能自体に問題があるわけではない。

仮想通貨全体の地合いが悪い影響で価格を下落させてしまっているだけだ。

そのため、仮想通貨全体のトレンドが転換すれば価格が上昇する可能性も十分に考えられる。

価格が落ち着いている今のうちに少量だけでも購入しておくというのも1つの手段だろう。

そこで、クアンタムを購入する際はDMM Bitcoinの利用を検討してほしい。

DMM Bitcoin多くの手数料が無料であるうえに、登録から最短1時間で取引までできるようになる。

クアンタムの取引を検討している人はDMM Bitcoinの口座を開設して、仮想通貨取引を楽しもう。

目次

クアンタム(QTUM)とは

クアンタム(QTUM)とは
引用元:QTUMの公式サイト
通貨名クアンタム
ティッカーシンボルQTUM
価格(2022年7月時点)3.12ドル
時価総額(2022年7月時点)324,796,046ドル
時価総額ランキング(2022年7月時点)96位
公式サイトクアンタム公式サイト
関連記事アルトコインおすすめ銘柄ランキング

クアンタム(QTUM)は2016年12月に発行され始めたオープンソースのブロックチェーンプロジェクト

ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の両方の強みを統合することを目指している。

2017年に実施されたICOでは1500万ドル以上もの資金調達を成功させていて、2018年には巨大テック企業のAmazonの子会社「Amazon Web Services(AWS)」とのパートナーシップも締結している。

AWSとの提携により、世界中で利用されているAWS上にクアンタムのネットワークを構築できるようになった。

さらに、2019年には「Google Cloud」との提携も発表していて、Google上でのアプリ開発も可能になる。

世界トップレベルに利用されているAmazonやGoogleとの提携を完了させているため、仮想通貨のなかでも信頼性の高いプロジェクトといえるだろう。

2022年に入り下降相場が続いているものの企業との提携関係が解消されたり、性能自体に問題があったりするわけではない。

仮想通貨全体が下落相場であるため、クアンタムもつられるように価格を下落させてしまっているだけだ。

クアンタムの価格と性能の評価が反比例してしまっているため、現在の相場を買い時と見る人も少なくない

実際に2017年より仮想通貨の情報を発信している「DigitalCoinPrice」は、2030年には最低でも14ドルにまで達すると予想している。

「参考:Qtum Price Prediction – QTUM Forecast

14ドルにまで価格が上昇すれば2022年現在の価格よりも、4倍以上も価格をあげていることになる。

下値での推移が続く今のうちに購入したい人がいれば、DMM Bitcoinの口座開設を検討してみてほしい。

DMM Bitcoinであれば最短1時間で取引が開始でき、今すぐクアンタムを購入したい人にも使いやすいため、この機会に公式サイトで詳細を確認してみてほしい。

クアンタム(QTUM)の基本的な特徴

クアンタム(QTUM)の特徴は主に以下の3つである。

クアンタム(QTUM)の基本的な特徴について
  • PoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用
  • UTXOによるプライバシーの保護
  • 国際的に広がるノード数

PoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用

クアンタム(QTUM)では仮想通貨の取引を記録するアルゴリズムとして「PoS(プルーフ・オブ・ステーク)」を採用している。

PoS(プルーフ・オブ・ステーク)とは?
  • 仮想通貨の取引を記録するためのアルゴリズムの一種
  • ビットコイン(BTC)で採用されているアルゴリズム「PoW(プルーフ・オブ・ワーク)」が抱える電力消費問題を解決するために生まれた

PoSでは保有している仮想通貨の量によってマイニング報酬が決定するため、銘柄の価値が落ちにくいのが特徴的である。

UTXOによるプライバシーの保護

クアンタム(QTUM)ではウォレットの残高を表示する仕組みとして、UTXO(Unspent Transaction Output)を採用している。

UTXO(Unspent Transaction Output)とは?
  • ビットコイン(BTC)なども採用しているブロックチェーン技術の一種
  • ウォレットに直接残高を記録しない仕組みでセキュリティが高い

ウォレットに直接残高を表示しないUTXOは、第三者から資産の状況を確認しにくい。

そのため、ハッカーからの被害を受けにくく、セキュリティ性が高いといえるだろう。

国際的に広がるノード数

クアンタム(QTUM)は2022年7月時点で568のノード数を記録している。

ノードとは?

ネットワークにつながっているコンピューター端末のこと

アメリカから韓国、日本やドイツなど世界中の国にノードが散らばっているため、ネットワークの分散性は高い

分散性の高いネットワークは仮想通貨が本来目指すべき形であり、ノードが世界中に広がることによりネットワークのリスクヘッジも可能にする。

安定性の高いネットワークを実現しているクアンタムに投資したい人は、DMM Bitcoinで購入するのがおすすめ。

DMM Bitcoinであれば各種手数料が無料であるため、クアンタムの取引によって利益を狙いやすい。

この機会にDMM Bitcoinでの口座開設を検討して欲しい。

クアンタム(QTUM)の過去の価格動向

クアンタム(QTUM)の過去の価格動向を3つのタイミングで簡単にまとめた。

これから投資する際に参考にしてほしい。

クアンタム(QTUM)の過去の価格動向について
  • 〜2020年(最高値を記録してからのボックス相場)
  • 〜2022年(ハードフォークへの期待で価格が高騰)
  • 2022年以降(仮想通貨全体の地合いが悪く下降相場へ)

〜2020年(最高値を記録してからのボックス相場)

〜2020年(最高値を記録してからのボックス相場)
引用元:Trading View

2016年12月に発行されたクアンタム(QTUM)は、上場後そのまま上昇相場で推移。

2018年1月には最高値となる106.88ドルを記録した。

最高値を記録したあとは下降相場になり、2019年〜2020年まで1〜6ドルあたりのボックス相場に転じてしまう。

〜2022年(ハードフォークへの期待で価格が高騰)

〜2022年(ハードフォークへの期待で価格が高騰)
引用元:Trading View

2020年になってもボックス相場が続いているクアンタム(QTUM)だが、2021年に入り再び価格が上昇し始める。

2021年5月には3年ぶりとなる20ドル以上を記録し、同年1月に比べて10倍以上の高騰を見せた

上記の高騰の原因として考えられるのはハードフォークへの期待である。

ハードフォークとは?
  • ブロックチェーンが何らかの理由で分岐すること
  • ハードフォーク実施後に価格を上昇する銘柄も存在する

ハードフォークが実施されると対象の通貨が価格を上昇させる確率が高まる。

実際にビットコイン(BTC)のハードフォーク先であるビットコインキャッシュ(BCH)は、ハードフォーク時の価格よりも約10倍にまで価値をあげている。

以上のように過去にハードフォークによって高騰した事例もあることからクアンタムへの期待が高まり、高騰したのだろう。

2022年以降(仮想通貨全体の地合いが悪く下降相場へ)

2022年以降(仮想通貨全体の地合いが悪く下降相場へ)
引用元:Trading View

2021年に3年ぶりの20ドル台を見せたクアンタム(QTUM)だが、2022年に入り下降相場が続いている。

仮想通貨全体の地合いが悪いため、クアンタムもあわせて下降相場が続いてしまっているようだ。

今後も下降相場の局面が続くかもしれないが、何もクアンタム自体の性能に問題があるわけではない。

そのため、長期的な目線で見れば今のうちが買い相場と判断する人も少なくないだろう。

そこで、今のうちにクアンタムを購入したい人はDMM Bitcoinの利用を検討してみてほしい。

DMM Bitcoinであればクアンタムを含めて約20種類もの仮想通貨取引が可能だ。

仮想通貨においてさまざまな銘柄に投資したい人は、この機会にDMM Bitcoinの口座を開設しておこう。

クアンタム(QTUM)の今後の予想

クアンタム(QTUM)の今後の予想は以下の通りである。

クアンタム(QTUM)の今後の予想について
  • 仮想通貨全体の相場にも依存する
  • 2022年のブランド刷新
  • 取引所へ新たに上場されていく

仮想通貨全体の相場にも依存する

2022年に入りクアンタム(QTUM)は下降相場にある。

今後トレンドを転換して上昇相場に移行するためには、仮想通貨全体が上昇相場に転じなければいけない。

特に仮想通貨の相場はビットコイン(BTC)の価格動向に依存している場合が多いため、ビットコインのトレンド転換は必須だ。

とはいえビットコインの日足チャートを確認してみても、まだまだトレンドが反転するサインは出ていないのが現状

仮想通貨全体の相場にも依存する
引用元:Trading View

かろうじて売りの圧力が高かった7月8日では下落を防げてはいるが、油断できない状況に変わりはない。

今後も仮想通貨全体の動きを確認しながら、クアンタムへの投資機会をうかがう必要がありそうだ。

2022年のブランド刷新

2022年のブランド刷新
引用元:QTUM Twitter

クアンタム(QTUM)の公式Twitterによると、2022年に7つのブランド刷新を計画している。

クアンタムが計画しているブランドの刷新は以下の通り。

クアンタムのブランド刷新計画
  • 名称の変更
  • ロゴの変更
  • 新たなデジタルグラフィックデザインスタジオの開設
  • 新たな公式ホームページの開設
  • 新たなブランドデザインのスタイル
  • 新たなマスコット
  • 新たなマーケティングチームの編成

以上のブランド刷新がうまく機能すれば、クアンタムの価格が上昇する可能性も考えられる。

取引所へ新たに上場されていけば高値の更新も

クアンタム(QTUM)が高値を更新するためには、より多くの投資家たちに取引してもらう必要がある。

より多くの投資家に知ってもらうためには、さらに多くの取引所へ上場されるのが手早いだろう。

2021年にはビットバンクやディーカレット、2022年3月にはOKCoinJapanなどで取引できるようになったが、その他にも多くの取引所へ上場する必要がある

世界中で取引が活発になれば、最終的には過去最高値の更新も十分に考えられる

将来的にクアンタムの利益を狙いたい人は、DMM Bitcoinで口座を開設して少量だけでも購入しておこう。

クアンタム(QTUM)の買い時

クアンタム(QTUM)の買い時は主に以下の通りである。

クアンタム(QTUM)の買い時について
  • テクニカル分析を参考にする
  • 市場全体のトレンドが切り替わるタイミングを狙う
  • 新しく取引所へ上場されるタイミングを狙う

テクニカル分析を参考にする

クアンタム(QTUM)を購入する際は、テクニカル分析を参考にするとよいだろう。

テクニカル分析とは?
  • 過去のチャートの推移を参考にして、将来の価格動向を予測する手法
  • さまざまな手法があるため、人によって利用する手法が異なる

2022年に入ってからのクアンタムの日足チャートを確認してみよう。

テクニカル分析を参考にする
引用元:Trading View

以上の画面を確認すると、ローソク足や移動平均線、RSIなどが表示されているのがわかる。

どれもテクニカル分析には必須の項目で、多くの投資家が利用している指標だ。

例えば、7月に入ってからのクアンタムのRSIは40から60へと上昇しつつある。

RSIはその銘柄が買われすぎかどうかを判断する指標で、直近で60付近を記録しているため多くの投資家が買い込んでいることがわかるだろう。

4月付近の動きを参考にすると、80近くまでは買いが続くかもしれないので、これから価格が上昇する可能性も考えられる。

ただし、以上の予想はあくまでもRSIのみの予想であるため、移動平均線が下向きである内は相場が反転するとは考えにくい

そのため、テクニカル分析に取り組む際は多角的な視点が求められる。

テクニカル分析を参考に買い時を考える際は、複数の指標を駆使して考えてほしい。

市場全体のトレンドが切り替わるタイミングを狙う

市場全体のトレンドが切り替わるタイミングは買い時と考えられる。

特にビットコイン(BTC)の相場が上昇相場に転じれば、仮想通貨全体の相場も上昇相場に転じやすい

例えば、2021年の相場などが当てはまる。

まずはビットコインの2021年当初の相場を確認してみよう。

市場全体のトレンドが切り替わるタイミングを狙う
引用元:Traiding View

以上のように2021年に入ってから上昇相場に転じているのが確認できる。

ここでさらに同時期のクアンタム(QTUM)のチャートも確認してみよう。

市場全体のトレンドが切り替わるタイミングを狙う
引用元:Trading View

まったく同じ形というわけではないものの、2021年を境にトレンドが転換している。

以上のことを踏まえると、トレンドが転じるためにはビットコインの値動きも大切だということがわかるだろう。

今後クアンタムの買い時を狙う際には、ビットコインの値動きにも配慮しながらタイミングをうかがうべきだろう。

新しく取引所に上場されるタイミングを狙う

新しい取引所に上場されるタイミングは価格が上昇するチャンスだ。

例えば、OKCoinJapanにて2022年3月14日より入庫受付を開始したが、チャートを確認すれば同タイミングでチャートが上向きに転換している様子が見てとれる

新しく取引所に上場されるタイミングを狙う
引用元:Trading View

他にも2021年9月29日よりディーカレットという取引所でクアンタム(QTUM)の取り扱いが開始されたが、同タイミングより移動平均線が上向きに変わっている。

新しく取引所に上場されるタイミングを狙う
引用元:Trading View

以上のように新しい取引所に上場するとクアンタムは上昇相場に変わりやすいため、なるべく上場する前にクアンタムを仕込んでおきたいところ。

そこで、クアンタムを購入する際はDMM Bitcoinの利用をおすすめする。

DMM Bitcoinでは各種手数料が無料であることに加えて、さまざまな銘柄を取り扱っているため、仮想通貨のリスクヘッジがしやすい

DMM Bitcoinが気になる人がいれば、以下より詳細を確認してください。

クアンタム(QTUM)投資のリスク/注意点

クアンタム(QTUM)投資のリスクや注意点は以下の通りである。

クアンタム(QTUM)投資のリスクや注意点について
  • 価格の変動が激しい
  • 各国の規制が強まれば下落するリスクも
  • ハッキングのリスクがある

価格の変動が激しい

クアンタム(QTUM)に限らず、仮想通貨は価格の変動が激しい商品である。

1週間もあれば50%近く価格を下落させていることも珍しくはない。

特にクアンタムのような、いわゆる草コインは時価総額の低い分、価格の変動が激しくなりやすい。

利益ばかりに目がくらんで、損失を計上しないように注意してほしい。

各国の規制が強まれば下落するリスクも

各国の仮想通貨規制が強まればクアンタム(QTUM)の下落リスクも高まる

規制が強まると仮想通貨の使い道がなくなるため、仮想通貨自体の価値がなくなってしまう。

すると、仮想通貨全体の相場が下降トレンドに転じて、クアンタムの価値も下落してしまう可能性が高い。

各国の仮想通貨に対する対応には注意しながら投資するべきだろう。

ハッキングのリスクがある

クアンタム(QTUM)はプライバシーへの配慮がされていて、セキュリティ性の高い通貨ではあるが、ハッキングのリスクがある点には注意してほしい。

そのため、セキュリティ管理が厳重である取引所を利用するべきである。

そこで、過去のノウハウから高いセキュリティを誇るDMM Bitcoinの利用がおすすめだ。

DMM BitcoinはDMMグループが長年培ってきた高い技術力をもとに、強固なセキュリティを提供している。

高いセキュリティ体制のもと、安心してクアンタムへの投資をしたい場合はDMM Bitcoinの口座を開設するべきだろう。

クアンタム(QTUM)投資におすすめの取引所

クアンタム(QTUM)投資におすすめの取引所は以下の3つである。

クアンタム(QTUM)投資におすすめの取引所3選
  • DMM Bitcoin (DMMビットコイン)
  • Coincheck (コインチェック)
  • GMOコイン(ジーエムオーコイン)

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)

DMM Bitcoin-top
引用元:DMM Bitcoin
取り扱い銘柄数現物:12種類レバレッジ取引:19種類
売買手数料無料
入金手数料無料(銀行手数料は自己負担)
出金手数料無料
レバレッジ取引あり
公式サイト公式サイトはこちら
関連記事DMM Bitcoinの評判

DMM Bitcoinではレバレッジ取引としてクアンタム(QTUM)を取り扱っている。

各種手数料が無料であるため、仮想通貨の取引で利益を最大化しやすい

取引開始まで最短で1時間しかかからないため、この機会に登録してみてはいかがだろうか。

Coincheck (コインチェック)

Coincheck
引用元:Coincheck
取り扱い銘柄数16種類
売買手数料無料
入金手数料無料
出金手数料407円
レバレッジ取引なし
公式サイト公式サイトはこちら

Coincheckはダウンロード数No.1を記録している取引所

クアンタム(QTUM)を含めてさまざまな銘柄を取り扱っているため、仮想通貨のリスクヘッジがしやすいのが特徴的である。

※コンビニ入金、クイック入金は受付一時停止しているが、仮想通貨取引を本格的に始めたい人に使いやすい取引所の1つなので、この機会に公式サイトを確認してみてほしい。

GMOコイン(ジーエムオーコイン)

GMOコインTop
引用元:GMOコイン
取り扱い銘柄数22種類
売買手数料(販売所)無料
入金手数料日本円:無料(銀行手数料は自己負担)
出金手数料無料(大口出金…400円)
レバレッジ取引あり
公式サイト公式サイトはこちら

GMOコインは取り扱い銘柄数が22種類で、国内取引所のなかでもトップクラスだ。

幅広い取引を可能としているため、オリコン顧客満足度でも2年連続1位を獲得している

さらに仮想通貨サービスも豊富に用意しているので、取引だけでなく仮想通貨サービスを利用してみたい人にも使いやすい

クアンタム(QTUM)の今後の予想のまとめ

クアンタム(QTUM)の今後で大切なポイントは以下の通りである。

この記事からわかること
  • クアンタムは高いプライバシー性を誇る仮想通貨であること
  • 2022年時点では下降相場が続いているが、2030年には現時点より最低でも4倍は値上がりすることを予想する人もいること
  • ビットコインの価格動向に注意して投資すると、うまく利益を狙える可能性があること
  • クアンタムに投資したいのであれば、各種手数料が無料のDMM Bitcoinが使いやすい

クアンタムは2022年時点では下降相場だが、将来的には値上がりする可能性も秘めている

安値の今のうちに購入しておきたい人はDMM Bitcoinの口座を開設して、クアンタムを購入してみるのが良いだろう

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

QTUM

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる