仮想通貨Polygon(ポリゴン/MATIC)の今後の見通し・将来性や買い方を徹底解説

polygon

現在、イーサリアムは処理速度の遅延や手数料の高騰といった「スケーラビリティ問題」が課題となっている。

その課題を解決するセカンドレイヤーソリューションが普及を見せており、中でもイーサリアムに特化した「Polygon(ポリゴン)」が注目を集めている。

この記事ではPolygon(ポリゴン)の概要や今後の予想などについて解説していく。

この記事からわかること
  • Polygon(ポリゴン)はイーサリアムのセカンドレイヤーソリューション
  • イーサリアムと互換性を持ちながらも、高速処理・低コストを実現
  • ブロックチェーンの提供だけにとどまらないソリューションを数々提供
  • 数多くのDAppsがpolygon上での開発や移行を進めている
  • 独自トークンであるMATICはbitbankといった国内取引所での上場が進んでいる

Polygon(ポリゴン)はイーサリアムが持つスケーラビリティ問題の解消を目指すプロジェクトだ。

独自の通貨として「MATIC」を発行しており、NFTやDeFiといった分野で広く活用されている。

大手企業やプロジェクトがPolygon(ポリゴン)の採用を積極的に進めていることからも、その将来性に期待できるだろう。

現在、Polygon(ポリゴン)は国内取引所の上場を果たしているため、日本円入金後すぐに取引が行える。

bitbankでは3STEPの簡単登録で仮想通貨取引をスタートできるため、興味のある方はぜひ公式サイトから詳細をチェックしてみてほしい。

目次

Polygon(ポリゴン)とは

Polygon_top
引用:Polygon
名称Polygon(ポリゴン)
シンボルMATIC
価格(2022年7月現在)$0.9411
時価総額(2022年7月現在)$7,643,836,751
時価総額ランキング(2022年7月現在)12位
購入できる取引所bitbank、bitFlyer、Binance、Huobi Global
公式サイトPolygon公式サイト

Polygon(ポリゴン)は2017年10月にスタートした、イーサリアムのセカンドレイヤーソリューションだ。

開発当初はトークン名と同じ「MATIC」と呼ばれていたが、メインネットのリリースをきっかけに「Polygon(ポリゴン)」へ名称変更を行なっている。

高速処理・低コストを実現しており、これまで数多くのプロジェクト上の基盤として活用されているのが特徴だ。

また、プロジェクト内の独自通貨となる「MATIC」は、大手取引所でも上場を見せるほどの人気を誇っている。

リリースからわずか5年で時価総額ランキング上位に食い込むまでに成長しており、その将来性の高さがうかがえるだろう。

現在は国内取引所bitbankにて取り扱われているため、興味のある方はぜひbitbank公式サイトから詳細をチェックしてみよう。

Polygon(ポリゴン)の基本的な特徴

Polygon(ポリゴン)が持つ特徴は以下の通りだ。

Polygon(ポリゴン)の基本的な特徴
  • イーサリアムのセカンドレイヤーソリューション
  • PoSの採用による高速処理を実現
  • 積極的な技術開発と機能性の提供

イーサリアムのセカンドレイヤーソリューション

Polygon(ポリゴン)はイーサリアムのセカンドレイヤーソリューションとして機能している。

セカンドレイヤーソリューションとは?

メインとなるブロックチェーン以外のチェーンを用意し、取引処理を分担して行う技術。

DApps開発の先駆けとなったイーサリアムは利用ユーザーの増加により、取引承認スピードの遅延や手数料の高騰といった「スケーラビリティ問題」が開発者やユーザーにとって大きなデメリットとなった。

Polygon(ポリゴン)はそんなイーサリアムの持つ課題を、サイドからサポートする形で解消しているのがポイントだ。

メインチェーンから分離する形で取引処理を肩代わりし、イーサリアムの負担軽減を促進している。

PoSの採用による高速処理を実現

Polygon(ポリゴン)はコンセンサスアルゴリズムにPoSを採用している。

PoSは通貨の保有量によって取引承認者を選ぶため、PoWのように各ノード同士で取引承認者の座を奪い合う必要がない。

そのため、PoWが持つ電力消費問題を解消でき、環境にも配慮したエコな仕組みといえるだろう。

また、PoSが実現する高速処理により、単体のブロックチェーンとしても優秀なのが特徴だ。

メインネットであるイーサリアムは毎秒15件と、取引速度としてはかなり遅い部類となる。

その点、Polygon(ポリゴン)は毎秒65,000件の処理を実現しており、その圧倒的な処理能力からイーサリアムのサポートを可能にしている。

積極的な技術開発と機能性の提供

Polygon(ポリゴン)ではセカンドレイヤーソリューションにとどまらない、他分野の技術開発を進めている。

メインとなる機能の「Polygon PoS Chain」以外にも、以下のようなソリューションを提供中だ。

Polygon(ポリゴン)が提供する独自機能
  • Polygon Edge
  • Polygon Hermez
  • Polygon Avail
  • Polygon Nightfall
  • Polygon Miden
  • Polygon Zero

また、直近では「World Polygon Forum」にて、堅牢なセキュリティやスケーラブルを実現するブロックチェーン「Avail」を公開している。

Polygon(ポリゴン)の惜しみない機能性の向上や新機能の発表は、今後の将来性に大きく期待できる要素といえるだろう。

そんなPolygon(ポリゴン)は現在、国内取引所からの入手が可能だ。

特にbitbankはPolygon(ポリゴン)を始めとした16種類の仮想通貨を手軽に取引できるため、興味のある方は公式サイトから詳細をチェックしてみてほしい。

【2022年最新】Polygon(ポリゴン)の現在の価格推移

数多くのプラットフォームがPolygon(ポリゴン)を基盤とする中、現在の価格動向はどのように推移しているのだろうか。

以下は、2022年最新のPolygon(ポリゴン)の価格推移を表したチャートだ。

polygon2022年価格推移
引用:TradingView

2022年は仮想通貨市場の落ち込みが影響し、Polygon(ポリゴン)は年初から価格の下落が続いている。

前年までは価格高騰によって$3ほどをキープしていたものの、1月に入った途端に価格を下落させ始めた。

その勢いは6月の終わり頃まで継続し、同月18日には$0.34と年初の1/10ほどにまで価格を暴落させている。

しかし、その後は取引量が増加し、7月現在では$0.9と価格をなんとか持ち直して推移している状況だ。

現在、Polygon(ポリゴン)は$1未満と安価で入手できるチャンスである。

bitbankではPolygon(ポリゴン)を始めとしたアルトコインを数多く取り扱っているため、興味のある方はbitbank公式サイトから詳細をチェックしてみてほしい。

Polygon(ポリゴン)の過去の価格推移

現在は$1未満で推移するPolygon(ポリゴン)だが、過去の価格推移も気になるところだ。

ここでは以下の2つの期間に分けて、その価格動向をチェックしていこう。

Polygon(ポリゴン)の過去の価格推移
  • 2019年4月〜2020年12月
  • 2021年1月〜2021年12月

2019年4月〜2020年12月

2019年4月〜2020年12月Polygon価格動向
引用:TradingView

2019年から2020年の間はPolygon(ポリゴン)の注目度が低く、$0.1未満で価格推移している。

2019年4月に行われたローンチパッド販売では、Polygon(ポリゴン)の総供給量に当たる19%が売却されたものの、価格に大きな影響は見られなかった。

その後も価格が大きく変動することもなく、$0.002〜$0.05と非常に安価な価格で推移している。

2021年1月〜2021年12月

2021年1月〜2021年12月Polygon価格動向
引用:TradingView

2021年は全体的に上昇トレンドで推移し、Polygon(ポリゴン)が大きく価格上昇した年となった。

1月の終わり頃までは昨年同様、$0.1未満で推移したものの、2月に入ると徐々に価格が上向き始める。

その勢いは5月にまで続き、同月18日には$2.4と年初の150倍以上に価格を高騰させた。

同時期のイーサリアム高騰やPolygon基盤のプラットフォームの流行が価格高騰に大きく影響したといえるだろう。

その後は売りの圧力が強まり、価格が$0.6まで落ち込んだものの、7月後半からは再度価格上昇を見せる。

12月には分散型取引所UniswapのPolygon(ポリゴン)採用が大きく影響し、同月26日には$2.8と過去最高となる終値をつけた。

そんなPolygon(ポリゴン)は現在、国内取引所bitbankから簡単に手軽に入手できるため、興味のある方はbitbank公式サイトから詳細をぜひチェックしてみてほしい。

Polygon(ポリゴン)の今後の予想/将来性

仮想通貨を扱うメディアや企業等では、Polygon(ポリゴン)の価格が今後上昇するだろうという見解がある。

例えば、仮想通貨の価格予測を行うサイト「Price Prediction」では、今後のPolygon(ポリゴン)の価格を以下のように予想している。

Price-Prediction価格予想
引用:Price Prediction

2025年には$2を突破し、過去最高額となる$2.8に迫る勢いで価格上昇するとの予想だ。

大型アップデートによって機能性を向上させている点からも、今後Polygon(ポリゴン)の活用が活発化する可能性も期待できるだろう。

上記の価格予想の他にも、今後のPolygon(ポリゴン)を予想する上では以下の点も重要になってくる。

Polygon(ポリゴン)の今後の予想/将来性
  • Polygon(ポリゴン)を基盤としたDAppsの利用拡大
  • 新たなスケーリングソリューションの活用
  • 国内取引所への上場

Polygon(ポリゴン)を基盤としたDAppsの利用拡大

Polygon(ポリゴン)を基盤としたDAppsの需要が高まるかは注目すべきポイントとなる

各プラットフォームの需要の高まりは、仮想通貨の価値を決める要素のひとつとなるためだ。

事実、Polygon(ポリゴン)上のプラットフォームは着々とユーザー数を伸ばしつつある。

2021年10月にはアクティブユーザー数がイーサリアムを超える56万を記録しており、DeFiやNFTゲーム等の基盤としての存在感を示した。

また、2022年7月にはTerraUSD暴落に伴い、Terraを基盤としていた48のプロジェクトがPolygon(ポリゴン)へ移行している。

このように、Polygon(ポリゴン)がDAppsの基盤としての需要が拡大し、多くのユーザーがPolygon(ポリゴン)を利用するようになれば、通貨としての存在感や価値を高められるだろう。

新たなスケーリングソリューションの活用

PolygonzkEVM
引用:Polygon

Polygon(ポリゴン)が発表した新たなスケーリングリューションの活用も今後を左右してくる要素だ。

2022年7月、Polygon(ポリゴン)はゼロ知識証明を搭載した新たなスケーリングソリューションとして、「Polygon zkEVM」を発表している。

ゼロ知識証明とは?

追加の情報を伝えることなく、その主張が正しいものであると証明できる技術。

例えば、サービスへのログインといった本人確認、トランザクションの正誤判断などに活用されている。

Polygon zkEVMはスマートコントラクトの導入を可能としているため、従来の通りあらゆるプラットフォームの構築・動作を可能としている。

公式は毎秒2,000を超えるパフォーマンスを実現させると明言しており、現在はテストネットの公開を控えている状況だ。

今後Polygon zkEVMの有用性を示せれば、Polygon(ポリゴン)の将来性にもポジティブな印象を持てるだろう。

国内取引所への上場

Polygon(ポリゴン)が国内取引所へ上場が進むかも価格に大きく影響してくるだろう。

現にPolygon(ポリゴン)は、bitbankやbitFlyerなどの国内取引所の上場を通して価格を高騰させている。

その価格は6月に比べると3倍近く上昇しており、国内取引所への2度の上場による価格への影響は大きいといえる。

今後も大手取引所に上場することがあれば、Polygon(ポリゴン)の認知が進み、国内ユーザーを取り込みにも期待できるだろう。

bitbankであれば24時間リアルタイム入金に対応しているため、Polygon(ポリゴン)の迅速な取引が可能だ。

興味のある方はbitbank公式サイトから、詳細情報をチェックしてみてほしい。

Polygon(ポリゴン)を購入するタイミング・買い時

Polygon(ポリゴン)を購入する際は、以下のタイミングに絞って取引を行うのがおすすめだ。

Polygon(ポリゴン)を購入するタイミング・買い時
  • 企業との連携やアップデートを発表したタイミング
  • 仮想通貨市場が低迷しているタイミング

企業との連携やアップデートを発表したタイミング

企業との連携やアップデートの発表時は仮想通貨の価値が高騰しやすいため、買い時としてベストタイミングになるだろう。

例えば直近では、以下のようなニュースが次々に発表されている。

Polygon(ポリゴン)が行った連携・アップデート
  • Polygon(ポリゴン)がディズニーアクセラレーターへ選出
  • 海外ソーシャルニュースサイト「Reddit」がPolygon(ポリゴン)基盤の限定アバターの販売決定
  • NFTマーケットプレイス「Toppy Marketplace」がPolygon(ポリゴン)に対応

上記のように、数多くのプラットフォームや企業によるPolygon(ポリゴン)の積極的な連携等は、通貨保有者と価格にプラスに働くニュースとなる。

いち早く情報をキャッチし、Polygon(ポリゴン)を入手できれば、今後の価格上昇の波に乗って利益を得られる可能性があるだろう

仮想通貨市場が低迷しているタイミング

金利の上昇・国同士の紛争など、仮想通貨にとってマイナスとなる出来事が相次ぎ、市場が打撃を受けている状態だ。

つまり、仮想通貨市場全体の価格が落ち込み、弱気の相場になっている現在はPolygon(ポリゴン)の買い時といえる。

今のうちに多くの枚数を購入しておくことで、今後の値上がりによって得られる利益幅を広げることも可能だろう。

Polygon(ポリゴン)は現在、$0.9程と価格は上昇してきているがまだまだ安価で入手できる。

国内取引所であるbitbankではスマホプリからPolygon(ポリゴン)を入手できるため、興味のある方はぜひ公式サイトをチェックしてみてほしい。

Polygon(ポリゴン)投資のリスク/注意点

現在、比較的購入しやすいPolygon(ポリゴン)だが、投資を行う際には以下のリスク・注意点を押さえておこう。

Polygon(ポリゴン)投資のリスク/注意点
  • イーサリアムの価格動向に左右されやすい
  • 他のセカンドレイヤーソリューションに比べると安全性が課題

イーサリアムの価格動向に左右されやすい

Polygon(ポリゴン)はイーサリアムのセカンドレイヤーソリューションのため、イーサリアムの価格動向に大きく影響を受ける点には注意が必要だ。

事実、新型コロナが猛威を振るった2021年には、世界的な金融緩和が行われたことでイーサリアムの価格が高騰。

同年5月には$4,000台にまで価格を上昇させたのち、Polygon(ポリゴン)も後追いする形で$2程にまで価格を高騰させている

Polygon-ETH価格推移
引用:TradingView

また、イーサリアムが同年11月から価格を大きく下落させ始めると、Polygon(ポリゴン)も12月の終わり頃から価格の急落を見せている。

このように、Polygon(ポリゴン)は良くも悪くもイーサリアムの価格動向に引っ張られやすい。

取引を進める際は、イーサリアムの価格動向もあわせてチェックしておくとよいだろう。

他のセカンドレイヤーソリューションに比べると安全性が課題

Polygon(ポリゴン)は他のセカンドレイヤーソリューションと比べると安全性に課題がある。

なぜなら、Polygon(ポリゴン)のノードはイーサリアムのノードして認識されていないためだ。

ノードが少数であるとネットワークの分散化が促進されず、ノードを支配して都合のいいようにトランザクションを改ざんされるといったリスクが高まる。

しかし、Polygon(ポリゴン)と同様のセカンドレイヤーソリューションである「ポルカドット」は、イーサリアムのノードと共有が可能であるため、取引速度を引き換えに安定したノード数を確保している。

そのため、安全性は「ポルカドット」に分があるといえるだろう。

プロジェクトの安全性は、投資を行う上でひとつの指標となる。

Polygon(ポリゴン)投資を進める場合は、上記のリスクについてしっかり理解した上で行なってほしい。

Polygon(ポリゴン)はbitbankから取引可能であるため、興味のある方は公式サイトから詳細をチェックしてみよう。

Polygon(ポリゴン)投資におすすめの取引所

Polygon(ポリゴン)は現在、国内ではbitbankとbitFlyerのみの取り扱いとなっている。

ここではPolygon(ポリゴン)取引におすすめなbitbankについて、その詳細情報を解説していく。

bitbank(ビットバンク)

bitbank公式サイト
引用:bitbank
名称bitbank(ビットバンク)
取扱通貨数16種類
最低取引金額0.0001BTC相当
売買手数料メイカー:-0.02%
テイカー:0.12%
入金手数料無料
出金手数料550円
3万円以上:770円
提供サービス取引所
販売所
レンディング
公式サイトbitbank公式サイト

bitbankは2014年5月に設立された、国内大手の仮想通貨取引所である。

1日の取引高は$4,000を超えており、国内トップシェアの取引高を誇っているのが特徴だ。

Polygon(ポリゴン)を始めとした16種類と豊富な通貨に対応しており、全ての通貨からレンディングによる報酬を受け取れるのもbitbankの魅力だろう。

また、高度なセキュリティ体制を敷いている点もユーザーからの高い評価を得ている。

顧客の資産はオフラインであるコールドウォレットで管理し、仮想通貨のアクセスに必要な鍵を複数準備するマルチシグを搭載しているため、ハッキング対策も万全だ。

bitbankの口座開設は3STEPから短時間に行え、最短1日で仮想通貨取引をスタートできる。

興味のある方はぜひbitbank公式サイトから詳細情報をチェックしてみてほしい。

Polygon(ポリゴン)の今後の予想のまとめ

Polygon(ポリゴン)の概要や今後の予想について解説してきた。

今回の内容をまとめると以下の通りである。

この記事からわかること
  • Polygon(ポリゴン)はイーサリアムのセカンドレイヤーソリューション
  • イーサリアムと互換性を持ちながらも、高速処理・低コストを実現
  • ブロックチェーンの提供にとどまらないソリューションを数々提供
  • Polygon(ポリゴン)基盤のDAppsの利用拡大や国内取引所への上場は今後を左右する
  • 企業との連携・アップデート発表時や仮想通貨市場が低迷時が買い時
  • 独自トークンであるMATICはbitbankといった国内取引所から入手可能

Polygon(ポリゴン)は現在スケーラビリティ問題を抱えるイーサリアムをバックアップするプロジェクトだ。

高速処理・低コストでの取引や互換性を持っていることからも、今やイーサリアムにはなくてはならない存在といえるだろう。

また、Polygon(ポリゴン)単体としてもNFTやDeFiといった分野での活用が進んでいる。

持てる機能性を武器としてPolygon(ポリゴン)の利用を促進すれば、通貨としての価値を高められるだろう。

そんなPolygon(ポリゴン)はbitbankから入手可能であるため、興味のある方はぜひbitbank公式サイトから詳細情報をチェックしてみてほしい。

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

polygon

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる